ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

再就職手当をもらうには


『「再就職手当」をもらうには』


『障害者の就労と障害者雇用助成金
 - 入社日をずらすテクニック』
〔2015-02-25 21:46〕




障害者の失業給付は、雇用保険の

「被保険者であった期間」

にもよるが、150日、300日、360日の
いずれかだ。

ハローワークインターネットサービス
『Q4. 雇用保険の基本手当は、
どのくらいの期間、受給できるのですか。』



もし、失業認定を受けていて、
受給期間内に再就職が決まった場合には、
審査によっては「再就職手当」がもらえる場合もある。

再就職手当は、例えば残りの給付期間が314日あった
とすると


314日 × 60% =188.4日分

という計算になる。

ただし、計算方法は条件によって、変わるらしい。
詳細は、下記の参考情報を参照。

『雇用保険(失業給付)をご利用される皆様へ
| 大阪ハローワーク』





再就職手当の審査に必要な書類は、次の書類だ。


①再就職手当申請書

②離職前事業主との関連及び雇用期間についての
証明書

③採用証明書

④出勤簿またはタイムカードの写し(なければ不要)

⑤派遣就業に関する証明書

⑥採用経過証明書

⑦失業認定申告書

⑧その他(    )


⑨雇用保険受給資格者証

⑩返却用封筒(住所氏名記入、雇用保険受給資格者証
等返却用、切手不要)



このうち①②③は、会社の証明であるので、
会社に書いてもらう。
時間がかかるので、会社の人事部へ早く依頼する
ことが肝心だ。

実際には必ずしも上記全部、ということではなく、
普通は①②③⑦⑨の5つで済む。

申請書類はハローワークに直接持参でも郵送でもよい。
ただし、期限があるので、それに遅れないようにしたい。

審査期間は「約1ヵ月」を要するそうだ。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-05-24 18:30 | 就職活動・離職