蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

死亡届提出後も年金受給…自治体の情報伝わらず

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150430-00050099-yom-soci



死亡届提出後も年金受給
…自治体の情報伝わらず


読売新聞 5月1日(金)7時20分配信


すでに死亡した親族が生きているかのように装い、遺族が年金を
不正受給する詐欺事件が後を絶たない。

 自治体に対する死亡届は提出されているのに、年金事務所側が
自治体に確認せず、不正を見抜けないケースも相次いでいる。
日本年金機構は

「不正を疑う前提になっておらず、1件ごとに自治体に確認する
人員も確保できない」

と説明するが、関係者からは

「連携不足と言われても仕方がない。
制度改革が必要だ」

と指摘する声が上がっている。

 「ばれなかったので、つい続けてしまった。
母の年金は生活費に充てた」

 死亡した母親名義の遺族厚生年金約120万円を不正受給して
いたとして15日、福岡県警に逮捕された北九州市小倉北区中島1、
無職吉松勝被告(68)(詐欺罪で起訴)は、こう供述した。

 捜査関係者などによると、母親は2003年11月に90歳で死亡。
直後に小倉北区役所に死亡届が出された。
しかし、吉松被告は日本年金機構には生存を装うため、年金受給
権者現況届に虚偽の内容を書いて提出していた。
年金の受給は続き、母親の死後も計約1000万円が支払われて
いたという。

最終更新:5月1日(金)7時20分



==================================




近年、認知障害で行方不明になるお年寄りが1万人以上
いるという報道があった。
行方不明になっていることも知らせず、家族だけが年金を
代理受給している可能性もあるのではないだろうか。

本来、弱者のための福祉を、健常者が食いモノにしている
実態が、また一つ、浮き彫りになった。

超高齢化社会の時代で、年金の適切な管理ができない家も
増えると思う。


障害者(障害年金)にも、親や兄弟姉妹が貰い、管理している
ケースもある。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-05-01 19:30 | 年金・無年金障害者の問題