蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

<成人式>ちばてつやさん涙の訴え 戦没画学生の絵を前に


http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150430/Mainichi_20150501k0000m040019000c.html



<成人式>
ちばてつやさん涙の訴え
 戦没画学生の絵を前に


毎日新聞社
2015年4月30日 18時13分
(2015年4月30日 18時42分 更新)


「あしたのジョー」で知られる漫画家のちばてつやさん(76)
は29日、戦没画学生108人の油絵など約600点を収蔵
・展示する美術館「無言館」(長野県上田市古安曽)で開か
れた成人式に招かれ、県内の14人を含め宮城県や徳島
県から集まった計26人の新成人を前に、敗戦後に中国
から帰還した体験を交え「いい日本をつくってください」と
激励した。

【川辺和将】


 ちばさんは祝福の直筆メッセージを26人に手渡した。
スピーチでは「戦争世代」の責任に言及しつつ、涙に声を
詰まらせながら

「世界中の人が尊敬する、いい国にしてください」

と呼びかけた。

 館主の窪島誠一郎さん(73)は新成人に、

「戦地で亡くなった画学生たちはあなたたちに(中略)
一束の花束も捧(ささ)げはしない。
あなたに与えたものがあったとしたら それは一冊の
真っ白なスケッチ帖(ちょう)だ(中略)
あなたが愛した人びとの絵でうずめてほしい」

と自作の詩を朗読した。

 ちばさんらのあいさつを聞いた茅野市玉川の専門
学校生、沢輝(ひかる)さん(19)は

「愛する人を描いた戦没画学生の絵を前に、涙がこぼれた。
日本を良くすることが、私たちの役割だと気づいた」

と話した。

また社会科教諭を目指し勉強中の伊那市長谷、片山
早菜子さん(19)は

「(戦没画学生は)戦争のため学生であることをやめた。
自由に勉強できる身として、やりたいことをやりとげる
大人になりたい」

と決意を述べた。

 同館の成人式は、

「美しい新緑の中で、愛について考える機会を若者に」
(窪島館主)

と、2003年から毎年4月に参加希望者を全国から募集
して開いている。



=============================






安倍首相の演説が物議を醸している。
世界中から尊敬される国にできるだろうか?


『侵略、おわび「書く必要ない」
=戦後70年談話で安倍首相』
〔2015-04-20 23:10〕

[PR]
by bunbun6610 | 2015-04-30 21:44 | 社会