アジアンダイニング『アマル』


アジアン ダイニング『アマル』


東京都板橋区仲宿48-18
田川マンション103

営業時間; 11:00~24:00
(年中無休)

a0196876_12112659.jpg



場所は、仲宿商店街のスーパー『ライフ』の
向こうにあるマンション1階だ。

最初はここに、お好み焼き屋さんがあったのだが、
今年4月22日からはこのお店がオープンした。

お店の人は、どうもネパール人のようだ。
誠実に仕事をしている人たちだ。


ネパール人に学び、ネパールカレーを好み、
ネパール人とビジネスするマイノリティ
『新店 AMAR ASIAN DINING
(アマル アジアンダイニング)』

〔2015年4月26日日曜日〕




安くて美味しい、インド料理を中心としたレストランだ。
また女性も入りやすい、きれいな内装のお店だ。
新しいお店だが、オススメである。


5月6日(水・祝日)までならば、

 ・ランチタイム; 200円引き

 ・ディナータイム; 20%割引

のオープンキャンペーンがあるので、
お店の前に置かれているリーフレットを取り、
利用するとよい。
もしリーフレットがなくなっていても、
割引してくれるので、心配はしなくていい。



カレーを注文する時には、必ず辛さを言おう。

 ①甘口(Sweet)
 ②普通(Normal)
 ③中辛(Medium)
 ④辛口(Hot)
 ⑤激辛(Very Hot)


「普通」(ノーマル)でも、結構辛い。
でも、このぐらいの辛さがいいと思う。
辛いのが苦手なら「甘口」(スィート)にするのが良いかも。
これが一番辛くない。


【ランチ・メニュー】(一例)

『ヒャッピセット』(950円)
いわゆる二色カレーライス・ボウル。
キーマ・カレーと、日替わりカレーの二色。
これにサラダ、ドリンクが付く。


『日替わりカレー・セット』(880円)
日替わりカレー1種類、ライス又はナン、サラダ、ドリンクのセット。


『ランチ・カレー・セット』(800~900円。値段はカレーの種類による)
お好みのカレー1種類、ライス又はナン、サラダ、ドリンクのセット。

 ①バターチキンカレー・セット 900円
 ②ほうれん草チキンカレー・セット 900円
 ③チキンカレー・セット 800円
 ④シーフードカレー・セット 850円
 ⑤ベジタブルカレー・セット 800円
 ⑥マトンカレー・セット 850円
 ⑦キーマカレー・セット 750円
 ⑧タイグリーンカレー・セット 900円
 ⑨ポークカレー・セット 900円


下の写真は『ベジタブルカレー』
ちょっとオシャレな器に入っていて、私のオススメである。
カレーソースは比較的マイルドだが、辛味はしっかりある。
中には大きめの野菜がゴロゴロと入っている。
a0196876_1218865.jpg


他に『シーフードカレー』もカレーソースが似ていて、美味しい。

男性には『マトンカレー』も合う。



『レディス・セット』(1050円)
カレー2種類(ランチカレーより選択)、チキンティッカ1P、
ライス、ナン、デザート、サラダ、ドリンクのセット。


『メンズセット』(1200円)
カレー2種類(ランチカレーより選択)、タンドーリチキン1P、
パパド、ナン、ライス、デザート、サラダ、ドリンクのセット。


『アマル・スペシャル・セット』(1380円)
カレー2種類(ランチカレーより選択)、タンドーリチキン1P、
シークカバブ1P、ライス、ナン、デザート、サラダ、ドリンクのセット。

下の写真は「マトンカレー」(左)と「シーフードカレー」(右)
ドリンクは「マンゴーラッシー」
a0196876_1212721.jpg

a0196876_12145050.jpg

a0196876_1215136.jpg



オススメのセットはやっぱり『アマル・スペシャル・セット』だ。
推奨理由は、インドの代表的タンドーリ料理「タンドーリチキン」と
「シークカバブ」が付いているからだ。
この2つが、タンドーリ料理の中では美味しいので、
食べないと損だ。


★ランチセットのドリンク

 ①コーラ
 ②ウーロン茶
 ③オレンジジュース
 ④グレープフルーツジュース
 ⑤アップルジュース
 ⑥パイナップルジュース
 ⑦ラッシー
 ⑧マンゴーラッシー
 ⑨ティー(アイス/ホット)
 ⑩コーヒー(アイス/ホット)


オススメのドリンクは「ラッシー」か「マンゴーラッシー」だ。
インディアン・レストランのラッシーは、
大抵は甘過ぎるのだが、ここのは全然甘過ぎない。
日本人の嗜好や、カロリーにも配慮してつくっているようだ。



【追記】(2015年4月30日)

『ネパールビール』(600円)
日本のビールよりあっさりした味わいで、軽い風味。
a0196876_2041727.jpg


『サグ・ブテコ』(ネパール風ほうれん草炒め)(550円)
材料は、ほうれん草、ニンニクか、それに似たような
香味野菜、クミン、赤唐辛子、塩ぐらいのシンプルな
ほうれん草ソテー。
意外に美味しい。
赤唐辛子が2本も入っているが、食べてみるとほとんど
辛くない。
a0196876_20404951.jpg


『チキン・ビリヤニ』(1180円)
インドの大人気米バスマティーライスを使用した、
おすすめインド風ピラフ。
メニューの料理説明には「インド風焼き飯」と書いて
あるのだが、ピラフ(炊き込みご飯)のような、
ふんわりとした軽い食感のご飯。
このお店のビリヤニの場合、油っぽさはないから、
美味しい。
骨付きモモ肉が大小2個入っている。
これも、独特の味つけで、美味しい。

値段が高いと思うかもしれないが、一皿でお茶碗
3杯分ぐらいはある。
だから、色々食べるのなら、これ一皿で3人分はある。
これも個人的には、オススメの料理である。
a0196876_20403120.jpg



『インドビール(キングフィッシャー・プレミアム)』(650円)
インド産かと思っていたが、原産国はイギリス。
これも軽い味わい。
日本のビールと比べると、物足りないかも。
a0196876_22152328.jpg



『チキンチャナチャット(サラダ)』(590円)
フランス料理に「マセドワンサラダ」というのが
あるが、それのインド料理版だと思う。
キュウリ、ニンジン、ピーマン、トマト、玉ネギ、
ヒヨコ豆、タンドーリチキン(冷ました)などを
混ぜていて、スパイスと塩で味付けしたサラダ。
色の赤さを見てわかるように、ちょっと辛味のある
味付けにしてある。
a0196876_2217196.jpg



『モモ』(680円)
ネパール風蒸し餃子。
ソースのようなドロリとしたタレにつけて食べる。
ソースもモモも、辛くない。
ソースは、ガラムマサラをベースとしたような味。
a0196876_9122044.jpg



『チキンセクワ』(2P 390円 4P 740円)
メニューには「ネパールで大人気の焼き鳥肉」
とある。
これもタンドーリ料理のようだ。
タンドーリ串を刺した穴が見えるので、わかる。
鶏肉の手羽の部分を使っていて、骨を抜いて
あるので、女性にも食べやすい。
味付けはインドっぽくなく、日本のカレーパウダー
をまぶして焼いた感じだ。
だから、辛味がほとんどない。
鶏肉の味を味わうには丁度いい味付けだ。
a0196876_22181737.jpg




『ネパール焼きそば』(760円)
メニューには「ネパールで大人気の
おすすめ焼きそば」とある。
日本の焼きそば用そばを使用していると
思うが、味はナポリタンそっくりだ。
多分、調味料はトマトケチャップをメインで、
スパイスを足しているのだと思う。
ちょっと辛いスパイシーナポリタンという感じだ。
ナポリタンと同様の野菜の他、タンドーリチキン
のスライスが入っている。
a0196876_22221671.jpg



『ベジタブルジャルフレージー』(990円)
大きめの乱切り野菜が入った、野菜カレー。
カリフラワー、インゲン、ニンジン、トマトなどが
たっぷり入っている。
a0196876_9153898.jpg



ネパールのカレーとしては有名な、激辛の
『カシミールカレー』もある。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-04-29 19:00 | 食べ物(カレー)

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610