蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

障害者雇用 - アクサ生命保険株式会社

==========================


求人票(フルタイム)(障)

紹介期限; 平成27年6月30日

求人番号; 13040-39792951


〔1.求人事業所名〕

事業所名; アクサ生命保険株式会社

所在地; 
〒108-8020
東京都港区白金1-7-13
NBFプラチナタワー

就業場所; 転勤の可能性なし

〒359-1121
所沢営業所
埼玉県所沢市元町27-1
所沢ハーティア東横3F


職種; (障)事務スタッフ(所沢)


〔2.仕事の内容等〕

仕事の内容; 
・事務職員業務のサポート(一般事務)
・各種データ作成、管理
・会議資料作成、印刷
・社員向け研修資料準備
・その他


雇用形態; 正社員以外 契約社員
(正社員への登用制度及び実績有)

雇用期間; 雇用期間の定めあり
6ヶ月
契約更新の可能性あり

学歴; 高校卒以上

必要な経験等; 
・エクセル・ワードが使える方。
・アクセス、パワーポイントが使えれば尚可。

必要な免許・資格; 不問

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

賃金; 164000~200000円(月額換算)

賃金形態; 月額

通勤手当; 実費(上限あり 毎月50000円まで)

昇給; あり
(ベースアップ込みの前年度実績 月あたり 1.00%)

賞与; あり (年2回 計3.75月分)

加入保険等; 雇用 労災  健康 厚生

退職金制度; なし

就業時間; (1)9:00~17:00

就業時間に関する特記事項; 

時間外; なし

休憩時間; 60分

休日等; 土日祝 週休二日制 毎週

休日 その他の場合;
祝日、年次有給休暇、有給休暇、特別休暇あり

6ヶ月経過後の年次有給休暇日数; 10日


求人条件特記事項;
職場の環境は就業地によって異なりますので、
詳しくはお問い合わせ下さい。


〔4.会社の情報〕

事業内容; 生命保険業

会社の特徴; AXAは1817年にフランスで生まれた
世界57の国と地域のお客様から信頼をいただいて
いる世界最大級の保険・金融グループです。
アクサ生命は1994年にAXAの日本法人として設立。

定年制; なし  勤務延長; なし
再雇用; なし 

育児休業取得実績; あり

介護休業取得実績; あり

看護休暇取得実績; あり

年間休日数; 120日

就業規則; あり


〔5.選考等〕

採用人数; 通勤 1人

選考方法; 面接 書類選考

応募書類; ①履歴書(写真貼付) ②職務経歴書
③ハローワーク紹介状  求人者の責任にて廃棄

選考結果; 30日後

結果の通知方法; 電話 Eメール

試用期間; あり 3ヶ月
(労働条件変更なし)


〔備考〕
〈書類送付先〉
〒108-8020
東京都港区白金1-17-3
NBFプラチナタワー
アクサ生命保険株式会社 ダイバーシティ推進室
 田中宛

※ 応募の際、障害者手帳のコピー添付、
又は応募書類に障害の部位・程度を明記して下さい。


==========================




amazon.co.jp
『耳の聞こえない私が4カ国語しゃべれる理由』
金修琳 (著)



東洋経済日報
『<在日社会>聴覚障害の金修琳(キム・スーリン)
さん、「チャレンジ精神大切に」』
〔2011/08/12〕




ゴエモンのつぶやき
『会社員 金修琳さん
 「耳の聞こえない私が4カ国語しゃべれる理由」』
〔2011年06月21日 01時54分27秒〕






金氏は、4カ国の言語を話せる能力を買われて、
ゴールドマンサックス証券やクレディスイス証券会社
で働いた経験もある、珍しい聴覚障害者だ。

この情報から共通するのは

「外資系企業に雇用された」

という点だろう。

「外国語が話せる」

という理由だからだろうが、それだけだろうか?

いや、外資系企業の障害者雇用の考え方はどうも

「障害があって、できないことは仕方がない。
それよりも、できることで、障害者でも他の人に
負けないものを持っているか」

という点にありそうな気がするのだが。

私は今までに、幾つかの日本企業の障害者面接
を受けてきた。
そこで共通していたことは

「面接官も、横で聞いていた役員も、障害による、
できないことばかりに目を向けて、どんなリスクが
あるのかを徹底的にほじぐられていった」

点だと思った。

障害者の「できること」を聞いてこないのだ。
なぜかというと、障害者ならば、もうわかるだろう。
求人票に書いてある通り、障害者にやってもらう
仕事内容は簡単だからだ。
だから彼らは、できることよりも、リスクのほうを
調べようとするのだ。

非常に屈辱的な経験だったと思う。
障害のある人ならば、おそらく経験があることと思う。

そこが、外国の企業と、日本企業との、障害者雇用の
考え方の違いなのではないだろうか。

会社組織の中でも「多様性」を認めるか、そうでないか。


自分の良さを磨いている障害者ならば、是非、外資系
企業に応募してみてほしい。

「もうこんな日本企業なんか、
こっちのほうから捨ててやる」

ぐらいの気持ちで、見返してほしい。

もし、「ダイバーシティ」という言葉の意味をまだ知らない
方がいたなら、これもよく調べてみてほしい。
外資系企業だと、こういう考え方をしている企業が多い。


『ダイバーシティ(多様性) ダイバーシティとは』



日本の人事部
『いま求められる「ダイバーシティ・マネジメント」』
「ダイバーシティとは何か?」




もうだいぶ前の話だが、『聴覚障害者労働問題学習会』
というのを、聴覚障害者団体や通訳者団体、企業合同
で実施していたことがあった。

その学習会に、アクサの人事部の人が来ていた。
問題点などを聞いた後、その人が

「聴覚障害者は、自分の意見・提案を言うべきだ」

と言っていたのには、非常に驚いた。

確かに、そういう場になると、愚痴ばかり言う聴覚障害者
が、きりがないほど出てくる。
それなのに、会社には何も言わないで、我慢している
のだから。
これは勿論、聴覚障害者側にも責任がある問題だ。

しかしこの問題は、実は健聴者が思っている以上に、
根が深い。
雇用契約の更新が絶たれることを恐れて、
言えないケースが多いと思う。
それを、当ブログで暴露しているのだ。

残念なことだが、障害者雇用も日本が変わるというよりも、
まず周囲の国からどんどん変化して、この国も仕方なく
変わる、という状況は、これからも続くのかもしれない。

なお、アクサは多様な言語を認め、社内手話教室もある
そうだ。
聴覚障害者にも適している環境の会社だと思われる。



『障害者の雇用推進|ダイバーシティ&インクルージョン
... - アクサ生命保険』
「障害者の雇用推進」





〔参考情報〕


My News Japan
『障がい者雇用
 ワーストランク1位は三井生命、2位富国、3位アクサ』

佐々木奎一
〔11:20 03/01 2010〕


古いニュースだが、何と!
この記事にはアクサ生命保険がワースト3位
となっている。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-04-28 19:00 | 就職活動・離職