手話語源 「阪神」の手話


『手話語源 「阪神」の手話』


カミナリ(雷)の手話は、手話講習会で習ったことがある。

初級レベルの手話学習で、天気の手話を習うので、
これは誰でもすぐ覚える単語だと思う。

そのだいぶ後のことだが、ある時に、「阪神」の手話を、
ろう者から教わった。

その手話を見て

「あれ? 『カミナリ』じゃないのか?」

と思った。
それぐらい、イメージ的には似ているのだ。


(ちなみに「阪神タイガース」を調べてみたら、
下の動画がヒットした。


You Tube
『手話単語 『阪神タイガース』 JSL Tigers』



手型が違っている(※)ことは間違いないのだが、
動きはかなり似ていたので

「なぜだろう?」

と、ずっと思っていた。



(※)手型が同じという例もある。
だから、教える人によっても違い、癖などはあるらしい。


You Tube
『手話単語 『雷』 JSL Thunder』




でも、似ている理由が、下の記事を読んで、
よくわかった。


やさしい世の中にするために(手話編)
『阪神の手話』
〔2015-03-21 23:32:44〕



確かに、ウィキペディアの『阪神電気鉄道』の
「鉄道事業-路線」説明によると


「電気を表徴する稲妻でレール断面を菱形に囲んだ
だけの、開業以来変わらぬシンプルな社紋に、
その歴史が現れている」


と書いてある。
それでろう者の手話でも、「稲妻」に似ている、
というわけか。

シンボル・マークを手話に転用しているケースは、
ろう者世界ではよくある。
丸井とか東急ハンズとか、三菱とかトヨタとかホンダとか、
実にたくさんある。
面白いので、すぐ覚えてしまう。

ろう者は視覚言語として手話を使うから、
このほうがピンと来るのだろう。
勿論、手話辞典には載っていない手話である。

こういう手話を覚えたかったら酒話会で、
ろう者に聞いてみるとよい。

でも健聴者や難聴者・中途失聴者だけ、
それが通じない。
日本語で、指文字で伝える人が多い。
[PR]

by bunbun6610 | 2015-04-22 21:19 | 手話
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line