ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

聴覚障害者雇用の課題


プラスハンディキャップ
『配慮することと精神的に受け入れられるか
どうかは別問題。
障害者雇用の未来への課題。』
(文: 佐々木一成 カテゴリー: society)
〔2014.10.6〕




>「配慮することと精神的に受け入れられるか
どうかは別問題。」



健常者からすれば、本当にその通りだと思う。
(筆者は義足を装用する障害者のようだが)

日本政府が幾ら国連・障害者権利条約を
批准したからといって、社会が
それをすぐに守れるようになるわけがない。
受け入れられるかどうかは、別問題なわけで、
障害者の側にも当然、試練が伴う。

そしてそれを守るように会社が決め、
ある日当然、健常者は協力を求められるよう
になったのだから。

国連・障害者権利条約のプロセスとは違い、
企業も健常者も、それなりのプロセスを経て、
決めてきたことではなかったのだから。

企業、健聴者はただ

「仕方なくやっている」

だけに過ぎないのだ。


上の記事は、障害者雇用の問題を冷静に考えて
いて、中立的視点で捉えていると思う。

聴覚障害者が入って来たが、嫌われたケースとか
いうのは、実際に多かった。
摩擦が起きるのは当然だ。
職種によるが、私も、例外ではなかったと思う。

特に、コミュニケーションが重要な職場では、
健聴者のコミュニケーション能力次第なのである
から、それがうまくいかなかった場合は、最終的に
聴覚障害者のほうが排除されていく方向になった
ものだ。
だが、それは決して

「仕方がない」

では済まされないことなのだ。




「障害者雇用を決めるのは経営陣。
現場からすれば驚きと戸惑いでしかない。」


まさに、その通りなのである。

聴覚障害者から

「企業は、障害者を雇うだけで終わり」

という批判があるのも、これだからなのだ。



この記事の重要なポイントは何か。
私ならは、下の部分を挙げたい。


職場内での評価を高めていくこと、言い換えれば、
仕事の発注者(顧客・上長・同僚など)の期待に
見合った仕事の成果を出し、期待以上の成果を生み出す
こと、そして職場での雰囲気をいい方向に作っていく
ことに、障害の有無は関係あるのでしょうか。」



結果を出せないことが、聞こえない場合に配慮がなかった
ことが原因だとわかるのならば、それを上司や誰にでも、
障害者が伝える必要がある。
しかし、配慮があるにもかかわらず、結果を出せなければ、
障害者雇用で採用されたといえども、その人に居場所はない。


その配慮とは、具体的にはどんなことがあるだろうか。
聴覚障害者がまとめた資料がある。


『働く難聴者・中途失聴者のために』
(社団法人 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会)



でも、これだけではダメだ。
この資料のタイトルも良くない、と思う。

健聴者が読んだとしたら

「聴覚障害者のため(だけ)に?」

「それだけなの?」

という印象が多いのではないか。

実践では、このような配慮がなされることによって、
お互いにプラスになるということを、
聴覚障害者も努力して、証明しなくてはならない。
「win-winの関係」にすることが重要だ。

ところが実際によく見かける障害者というのは、
それが大変だから、何も要望せず、言われたこと
だけ淡々とやるだけの、消極的な労働姿勢が多い。
それが『職場内障害者授産施設』の実態だ。

しかし、だからと言って、これは聴覚障害者だけに
責任があるのではない。


例えば、当ブログのカテゴリ『就労前の聴覚障害者
問題A』には、多数の障害者枠求人票を載せている。
この労働条件を見ると、差別的なものがあまりに
多いことがわかるだろう。
昇給・賞与・退職金はなし、有期雇用で、更新できても
何回まで、といった制限がある。
能力の評価が過小評価のみならず、障害者間の
不当評価まである。
当然、研修や能力評価もなければ、昇進なんてない。

仕事内容も、聴覚障害者にはできることよりも、
出来ないことに対して、過度に配慮しがちである。
これでは、自分の良さは発揮しようがない。

これで、健常者と同じモチベーションを出せるだろうか?


結局、責任はまだまだ、双方にあるとしか思えない。

聴覚障害者バリアには「物理的な壁」「法律の壁」
「情報の壁」などがあると言われるが、
まず壊さなければならないのは「心の壁」なのだろう。
それは、一緒に努力してやらなければできないことだ。

それを壊せば、他は次々と改善が進んでゆくかもしれない。




〔参考情報〕


『障がい者採用枠とは - 障がい者採用枠について』




東洋経済オンライン
『「障害者雇用率ランキング」トップ100』
〔2013年09月19日〕






〔参考記事〕


『『障害者トライアル雇用』とは』
〔2015-04-21 18:30〕



『『ジャッキー・ロビンソン・デー』』
〔2015-04-23 19:00〕

[PR]
by bunbun6610 | 2015-04-24 18:30 | 就労後の聴覚障害者問題B