『障害者手帳はもらえません。片耳が聞こえないってこんなに大変なのに・・・』

片耳難聴.com
『障害者手帳はもらえません。
片耳が聞こえないってこんなに大変なのに・・・』
〔公開日: 2014/07/07 : 最終更新日:2015/02/20〕




>「全部の音が入ってくるので、音を分ける事が出来ない」

ほとんどの聴覚障害者が、補聴器は片耳のみの
装用で我慢しているのが現実。
だが、片耳装用だと、上のような問題点も残るようだ。

しかし実は、健聴者は両耳で聞き分けている。
難聴者が装用する補聴器も、
欧米では両耳装用が基本なのだという。

『『「耳の不調」が脳までダメにする』(中川雅文/著)』
〔2014-07-29 18:30〕



>「音の聞こえてくる方向が分からない」

さらに、音の方向もわかりません。
大きなエレベーターホールで、
エレベーターのピンポーンの音は聞こえても、
どのエレベーターからなのかが、わからない。
だから、最初に並んでいても、
健聴者に追い越されてしまうことがしばしば
だった。


難聴者でも、補聴器なしで

「10メートル離れたところからのクラクション
の音が聞こえる」

人はいる。

また、補聴器装用が運転の条件の人でも、
片耳装用で自動車運転免許証は取れているが、
音の方向が瞬時にわからなければ、
いざという時にはどうなるか?
警視庁は、そんなことも知らないだろう。

警視庁は

「片耳だけでも聞こえれば大丈夫」

だと思っている。
この点は、国の障害認定基準と同じ考えなのだろう。

ということは、彼らは「聴覚障害」のことを、
何も知らない証拠だ。

でも、それを言ったら、免許証を取り上げられる
かもしれないから、誰も言うはずがない。

「無知」「無関心」とは、本当に恐ろしい。



>「仕事も聞こえない事を言うと不採用」

これも、大きな問題だ。


『身体障害者手帳のない聴覚障害者(難聴者)は、
どうやって就職するのか?』
〔2013-01-16 18:00〕




しかし、障害者手帳を保持している者、
そうでない者に関係なく、
聴覚障害者の最も大きな悩みは
『就労後の問題』だろう。
合理的配慮を得ることは、非常に難しい。

私もこればかり、当ブログに延々と書いて
しまっているので、読者にもその問題の
大きさがわかるのではないだろうか。





〔関連記事〕

『バカがいつまでも聴覚障害者差別をしている時代に』
〔2013-04-03 18:00〕

[PR]
by bunbun6610 | 2015-04-19 18:30 | 難聴・中途失聴
<< 花燃ゆ - 第16話 『最後の食卓』 『5年ルール実施あと3年!』 >>