ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

補聴器は何が重要か?

a0196876_21293482.jpg



「補聴器はどこで作っても同じと思っていませんか?
いいえ、違います。
同じ機種でも、聞こえが変わる。
是非、ご相談を!!」



補聴器を長年愛用している聴覚障害者ならば、
何の話か分かるだろう。

補聴器はメーカー・器種選びも勿論だが、
調整がその性能を引き出すカギにもなっている。


〔関連情報〕

『感音性難聴障害と語音明瞭度検査(聴覚検査)』
〔2014-03-15 18:30〕
【追記】(2014年11月3日)





社会福祉法人 聴力障害者情報文化センター

に行くと、様々な補聴器メーカーのパンフレット、
リーフレットが置いてある。
勿論、障害者手帳のない人も利用できる施設だ。
相談もある。

一人でやみくもに補聴器店へ行って大損をする
よりも、まずはじっくり調べてみて、相談してから
のほうがいいだろう。
昔は、そんな所がなかったので、皆仕方なく
買わされていたようだ。




〔参考情報〕

ワイデックスがお届けする難聴と補聴器の
総合サイト「みみから。

『おすすめリンク』




補聴器のベストサウンド
『Q;(補聴器を)買った後は何もしなくていいの?
A;お買い上げ後のフィッティングが
補聴器には必要です。』



「補聴器はお使いになる方の聴力だけでなく、
環境や感覚にも合わせる必要があります。
お使いになる様々な状況下の全てで試聴する
ことは難しいので、販売店は補聴器の器種を
選ぶときに細心の注意を払います。

また、できあがった後も調整を繰り返しながら、
お客様にぴったりとフィットする補聴器に
仕上げていきます。
聞こえの状態は、時間とともに変化することも
あります。
また、お店の中と実際に使う環境が違うことも
ありますので、再調整が必要な場合も少なく
ありません。
よりよい聞き取りが得られるまで、定期的に
フィッティングしてもらうことをおすすめします。

※お客様によっては、補聴器を使用しても
十分な補聴効果が得られないこともあります。
詳しくは、販売店にご相談ください。」





中には下のような悪事例もあるので、
十分注意してほしい。
聴覚障害や補聴器についての知識が浅い、
年金生活者を狙ったものと思われる。


『補聴器販売店テクノスの悪質商法』
〔2012-04-13 20:43〕

[PR]
by bunbun6610 | 2015-04-30 18:30 | 補聴器、福祉機器等