蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

障害者雇用 - 日本年金機構 新宿年金事務所

==========================


障害者枠求人票(フルタイム)

紹介期限; 平成27年5月31日

求人番号; 13080-27093651


〔1.求人事業所名〕

事業所名; 日本年金機構 新宿年金事務所

所在地; 〒169-8601
東京都新宿区大久保2丁目12番1号 4階・5階

就業場所; 事業所所在地に同じ 転勤の可能性なし

JR山手線 新大久保駅から 徒歩8分


〔2.仕事の内容等〕

職種; (障)事務補助

仕事の内容;
郵便物の開封、封入、封かん及び発送業務
各部署への書類の配布等の業務
備品の整理整頓の業務
書類の整理、製本の業務
PC操作(入力業務)

※ 週30時間以上の範囲で勤務時間、日数に
ついて相談可能です。(時給制有り)


雇用形態; 正社員以外 アシスタント契約職員

雇用期間; 雇用期間の定めあり
平成27年5月1日~平成28年3月31日
契約更新の可能性あり

学歴; 不問

必要な経験等; パソコンの入力(キーボード入力等)
 簡単な操作が可能な方

必要な免許・資格; 不問

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

月額; 150086円

賃金形態; 日給 7430円

通勤手当; 実費(上限あり) 毎月55000円まで

昇給; なし

賞与; なし

加入保険等; 雇用 労災 健康 厚生

退職金制度; なし

就業時間; (1)8:15~17:15

就業時間に関する特記事項;

時間外; あり

休憩時間; 60分

休日等; 土日祝  週休二日制 毎週

休日 その他の場合; 

6ヶ月経過後の年次有給休暇日数; 10日

求人条件特記事項;
採用日よりH28年3月31日までの契約となります。
通勤手当は規定により支給
協定の範囲内で時間外あり
年度毎更新(最高4回まで更新可)

【設備状況】
1.エレベーター有  2.出入口段差5cm
3.車椅子移動不可  4.階段手すり(片側)
5.点字表示無し  6.トイレ障害者用(洋式)


労働組合; あり

定年制; なし   勤務延長; なし
再雇用; なし

利用可能託児施設; なし

育児取得実績; あり

介護休業取得実績; あり

看護休暇取得実績; あり

年間休日数; 122日

就業規則; あり


〔5.選考等〕

採用人数; 通勤1人

選考方法; 面接 書類選考

応募書類; ①ハローワーク紹介状
②履歴書(写真貼付)  ③職務経歴書
④障害者手帳(写) 求人者の責任にて廃棄

日時; 随時

選考結果; 7日後

結果の通知方法; 郵送

試用期間; あり 2カ月
労働条件変更なし


〔備考〕
*応募にあたってはハローワークを通じて
お願いします。

*面接試験を実施します。

*連絡の上、履歴書・紹介状・「障害者手帳の写し
(障害がわかる部分で可)か障害の種別・等級を
応募書類にご記入してください」を所在地へ郵送
して下さい。

*応募書類は返却しません。(責任廃棄)

*面接試験は4/20(月)の予定です。

*応募書類は4/10(金)必着のこと。



==========================




これも、聴覚障害者にも出来そうな仕事内容だ。
しかし、これも非常な単純労働だ。

これだけでは働く障害者のモチベーションも、
自然と下がってくるだろうから、
雇用契約更新も「最高4回まで」と決まっている
のだろう。

「障害者は5年以内に辞めさせられる」

という話を聞いたことがあるが、
これもそれになるようだ。
決して、常用雇用になることはない。
これが障害者差別だ。

計画的な“障害者使い捨て雇用”の典型例だ。


『“助成金目当ての、ろう者雇用”はまだ続いていた』
〔2015-02-28 23:54〕



まさに『スモールステップ、刻みすぎ』の差別構造企業。


炎のジョブコーチ
『スモールステップ、刻みすぎ』
〔2014/8/27(水) 午後 11:37〕




『職場内障害者授産施設 第二篇
 (25)障害者差別〔職域差別〕』
〔2015-01-29 21:04〕




そして『やりがいを感じない職場・・・』でもあるだろう。

やる気をなくさせてしまうことによる、社会全体への
経済的損失も大きい。
今の経済状況が悪いのは、こうした企業にも責任
がある。




==========================



炎のジョブコーチ
『やりがいを感じない職場・・・』
〔2015/1/27(火) 午後 10:37〕



先日、人事コンサルタントの方とお話する機会がありました。
その人のお話では、社内のセミナーの講師などで参加者に
目を閉じて質問に手を上げてもらうらしいですが、その質問


①仕事にとても遣り甲斐を感じている

②やや遣り甲斐を感じている

③あまり遣り甲斐を感じない

④全く遣り甲斐を感じない

の4択。
さて、貴方はどれに手を上げますか?

その方のお話では、ほとんどの企業が③のあまり遣り甲斐
を感じないが一番手が上がるらしいのです。

稀に、④の全く遣り甲斐を感じないが一番手の上がる会社
もあるとのこと。

えー会社ってそんなところ・・・

そのコンサルタント氏は、最初に手を上げていただき、
その結果次第で4様の内容を準備しているとのことです。

しかし、会社というコミュニティにネガティブな空気がみなぎ
っているのに驚きです。

これでは新しいアイディアも製品もサービスも生まれません。
自分の身を守りたくなるし、嫌なことがあると人に当たりたく
たくもなる・・・、うつ病の人が出ても当たり前かもしれません
ね。

障害者雇用も大事ですが、職場時代のメンテナンスの方が
急務、でないと全員茹で上がってしまいます。



==========================

[PR]
by bunbun6610 | 2015-04-09 18:00 | 就職活動・離職