蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

「自動起床装置」、人気で在庫切れ 音せず確実に起床、JR御用達

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150307-00000002-withnews-sctch


「自動起床装置」、
人気で在庫切れ
 音せず確実に起床、
JR御用達


withnews 3月9日(月)7時0分配信


音がしないのに確実に起きられる、という目覚まし
「自動起床装置」が売れています。
元々、絶対に寝坊できないJRの乗務員や消防士らが
宿直などで使っていましたが、最近は個人からの注文
も増え、在庫切れになるほどの人気です。



【動画】布団がむくむくと…
「もう絶対、あれがあれば起きます」
JR駅員が証言する「自動起床装置」




あまりにも不快

 音がないのに起きられる…そのヒミツは、設定した
時間に敷布団の下の袋がふくらむ仕掛けにあります。

 ベッド脇に置かれた一辺30センチほどの金属製の
箱からベッド下に伸びたホースに空気が送られ、
敷布団の一部が膨らみます。

駅員たちによれば、

「あまりに不快で起きてしまう」

「目覚まし時計よりも威力がある」

と言います。

複数の同僚が寝ている相部屋でも、静かに目を
覚ませます。


商品名は「やすらぎ」

 製造・販売するのは山口県下関市の新光電業。
従業員約50人の機械メーカーです。
起床装置の誕生は約50年前にさかのぼります。

 国鉄が1964(昭和39)年、相部屋で音を立てずに
宿直乗務員を起こせる装置の開発を数社に依頼した
のがきっかけでした。
当時は起床時刻が異なる宿直員が同じ部屋で眠り、
さらに「起こし番」と呼ばれる職員もいました。

 新光の装置の原型機は国鉄に評価され、2年後に
直方市(福岡県)の車両基地に初めて納入。
全国に本格導入されたそうです。

 商品名は、なんと「やすらぎ」。
名前と違ってやすらがないのが魅力の「やすらぎ」…。
ネット通販で個人向けにも販売され、年100個近くが
売れているそうです。
価格は10万円ほどしますが、最近は注文が相次ぎ、
個人向けは2月には在庫切れに。
次の入荷は4月上旬の予定だそうです。



=========================




お値段は高めですが・・・。

朝が早い仕事をする、聴覚障害者にも
いいかも・・・。


新光電業株式会社のホームページ
[PR]
by bunbun6610 | 2015-03-09 23:17 | バリア&バリアフリー