後藤氏殺害の「黒覆面男」。彼はなぜ「殺人鬼」になったのか




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150227-00010000-newspicks-bus_all


後藤氏殺害の「黒覆面男」。
彼はなぜ「殺人鬼」になったのか


NewsPicks 2月27日(金)17時10分配信



日本時間2月27日の午前0時ごろ、イギリスの情報機関は、
「ジハーディ(聖戦士)・ジョン(ISILの処刑人)」がクウェート
生まれのイギリス人Mohammed Emwazi(モハメド・エム
ワジ)だと特定した。

エムワジの生涯は一般的なヨーロッパの移民者に見える。
1988年にクウェートで生まれ、湾岸戦争後、6歳のときに
家族でイングランドに移民、西ロンドンで育った。
エムワジは、ロンドンのウエストミンスター大学出身で、
コンピュータ・プログラミング学士を取得。
ここまでのエムワジの生涯はごくごくノーマルだ。

米国の大手メディア「The Washington Post」によると、
エムワジの友人は、エムワジについて

「彼はいつも“礼儀正しい”。
また、お洒落で、熱心なイスラム教義信奉者らしく顎ひげを
たくわえ、知らない女性とは決して目を合わせないように
していた」

と説明している。

いったいなぜエムワジは、潔白な青年から聖戦(ジハード)
を行う大量殺人者に変身したのだろうか?


卒業旅行から大量殺人者になるまで

エムワジの人生が転落し始めたのは、2009年だ。
この年、一体何が起きたのか?

エムワジは、彼の友人2人と卒業旅行でタンザニアに、
“サファリ”に行こうとした。
しかし、着陸したタンザニアの空港で警察に一晩拘留され、
翌朝、欧州連合(EU)に強制送還された。
イギリス当局が

「エムワジはAl-Shabaab(アル・シャバブ)に参加する
ためソマリア渡航した」

と誤解し、彼をタンザニに入国させなかったのだ。
帰りはオランダ経由だったが、この時再びアムステルダム
空港で警察に拘留されたと、エムワジは権利擁護団体で
あるCAGE(ケージ)に語ったという。

エムワジは、英国の情報機関MI5とオランダのシークレット
サービスの2人に事情聴取を受けた。
そのエージェントたちに、ソマリアにあるアルカイダとつながり
のある組織、Al-Shabaab(アル・シャバブ)に参加しないか
と持ちかけられた。
そのMI5部員は、エムワジに情報提供者としての仕事を
依頼したのだが、これを本人は断った。

ロンドンに帰ってエムワジはケージと会い、この一連の
“ハラスメント”について説明した。
エムワジと会ったケージの代表によると、エムワジはMI5と
オランダのシークレットサービスのエージェント2人の扱いに
“激怒”していたという。

そのあと、エムワジはクウェートへ引っ越す。
そして、現地のIT企業に就職し、婚約もした。
だが、それは結局破談となった。

クウェートに住んでいた間、少なくとも2回以上、
英国に帰った。
ロンドンからクウェートに帰る最後の渡航中、ロンドンの空港
でエムワジはまた警察に数時間ほど拘留され、身体検査を
受けた。
その結果、クウェートがエムワジのビザを無効にしたことで、
エムワジは2人目の婚約者と仕事を失ってしまった。

それから、しばらく彼はイギリスに滞在した。
しかし、The Washington Postに掲載されたエムワジの
友人によると、

「彼はサウジアラビアで英語の先生になろうとしたけど、
結局なれなかった」

という。

こうした経緯により、2009年から2012年の間、エムワジの
生活はイギリスの情報機関にますます制約された。
彼がケージ内部の人間に語った話を信頼すると、エムワジ
が変わったのは、イギリスの情報機関から虐待を受け
始めた頃だ。
その虐待は壮絶で、彼に過激派テロリストになる芽を植え
付けた。

ケージの代表Asim Qureshi(アシム・クレシ)がエムワジ
についてThe Washington Post にこう語っている。

「この青年は、個人的な状況に大きな変化をもたらすために、
英国内で出来るあらゆる手を尽くした。
しかし、情報機関はエムワジを犯罪者扱いした。
これに対し、本人はなすすべもなかった」

結局、エムワジは2013年に蒸発し、その間に、イラク
・レバントのイスラム国(ISIL)に参画することとなった。

エムワジが再び現れたのは、それから1年後のことだ。
シリアのイドリブ市にある、過激派勢力が欧米系の人質
を集めるための施設に彼は居た。
この施設で人質となり拘束された人物によると、エムワジは
この施設で、警備と水責めなどの拷問を担当していたという。

2014年8月、ISILは、人質の一人James Foley(ジェームズ
・フォーリー)がエムワジの手により斬首をされる動画を公開した。
その後、ISILが、後藤健二氏、湯川遥菜氏の日本人2名を含む、
一連の殺害をインターネットにリリースしたことにより、エムワジ
は「ジハーディ(聖戦士)・ジョン」として悪名を馳せることとなった。


なぜエムワジは過激派になったのか

一般的にイスラム系移民に対する、欧州社会の差別やいじめは
少なくない。
警察や情報部員に尋問・拘留された経験のある罪のないイスラム
系移民もいる。

だが、そうした被害を受けたイスラム系移民の圧倒的多数が、
ISILに参加しようなどとは考えもしない。
なぜなら、彼らは人殺しや過激派を嘆く合理的な人々だからだ。

イギリスの反テロ政策を批判する人たちは、反テロ活動こそが
むしろ、エムワジを過激派にさせた原因になっていると言う。
つまり、イスラム系イギリス人は本質的に暴力的な人だから、
空港で拘束されるといった屈辱を味わわせると、テロリストに
なってしまう可能性があると考えがちだ。

しかし、これは間違っている。
イスラム系イギリス人らは、

「エムワジが過激派になった理由はイギリスら欧州社会が
イスラム系の人々に容疑をかけがちなことだ」

と言う欧州のリベラルな人々を、恩着せがましいと感じている。
そうではなく、イスラム系イギリス人の多くは、エムワジは大人
として、自分の決断をしたことに対して責任をとるべきだと考え
ているのだ。

Jordan Krogh


=============================




『反省させると犯罪者になります』
(岡本茂樹/著者 2013年5月20日/初版発行
 新潮社新潮文庫)




『凶悪犯罪者こそ更正します』
(岡本茂樹/著者 2014年7月20日/発行
 新潮社新潮文庫)

[PR]
by bunbun6610 | 2015-02-28 00:34 | 人権、差別

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610