職場内障害者授産施設 第二篇 (29)遅刻癖が治らない精神障害者

2015年2月6日(金)


Yさんが、また遅刻してきた。

Yさんが入社したのは、昨年9月。
しかし、これで、何回目の遅刻だろうか?
6回は超えている・・・。
もう、数え切れない。


いろいろな精神障害者を長い間見てきて、
思ったことなのだが、
彼らには高価な最先端の薬が処方される、
という。

「費用の大部分は国が補助金を出して
くれるから大丈夫」

という。

「その薬を、時間を守って飲んでいれば、
普通に仕事ができます」

と彼は言う。

しかし、遅刻、怠け癖、忘れ癖といった、
病気や障害というよりは、人格や能力に起因するの
ではないか、と思える問題点は相変わらずだ。

その薬では、精神障害者の発作的な症状や、
障害を抑えることはできても、
彼らの労働能力の低さまで、どうにかすることは
できないのだ。

こんな人とは、一緒に働かされるほうは迷惑だと
思うのが、当たり前だろう。


2018年4月からは、障害者の法定雇用率に
精神障害者も含めてカウントされるように変わる、
という。(※)



(※)
『企業は精神障害者を受け入れる準備を
2018年より雇用が義務化、
企業に必要な心構えと体制とは』

有井 太郎
〔2013.12.11(水)〕
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39359




これによって精神障害者も法定雇用率の中に
混入され、他の障害者と共にカウントされて
働くようになる。

そうすると、今述べたような問題が大きくなって
いくことが予想される。

冗談ではない。

精神障害者と一緒に働くことに反対というわけでは
ないが、聴覚障害者としては、こんな状況で
苦しんでいるのである。
こんな怠け者の代わりに一生懸命働いているのは、
他の障害者なのだ。

この問題は会社上司に責任があるにしても、
改善案はどうするのか。
そこはきちんとしてもらわないと困る。
でないとこのままでは、自分まで精神病に
なってしまいそうなのだ。

確かに、精神障害者が持っているものも、
「病気」「障害」には違いないのかもしれない。

しかし、「障害者」と認めるには、
あまりにも疑問がある。

その証拠に、障害と認められなかった
典型的な例が、障害者手帳交付が受けられ
なかった軽・中度難聴者ではないか。
あれがNOになって、なぜ軽度の精神障害者が
障害者手帳を持っているのか、
あまりにも不思議でならない。

精神障害者手帳を保持しているという、
YさんやD上司のような精神障害者を見ていると

「単に性格が悪いから、仕事を真面目に
やらないのと変わりないではないか」

と思うこともよくあるのだが、その見方は本当に
間違い、誤解なのだろうか。

私には、YさんやD上司の障害が、
どうにも理解できない。

考えれば考えるほど矛盾性を感じてしまい、
頭がおかしくなりそうになる。

彼らの持つ精神障害もそういう、
理解されにくい障害なのだろうか。




=============================



http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39359



『企業は精神障害者を受け入れる準備を
2018年より雇用が義務化、
企業に必要な心構えと体制とは』

有井 太郎
〔2013.12.11(水)〕



生労働省の統計によると、2013(平成24)年の雇用障害者数
および実雇用率は、ともに過去最高を更新した。

 しかし今年から2.0%に上がった法定雇用率(昨年までは
1.8%)を達成した企業の割合は46.8%。
5割を下回る結果となっている。

 さらに2018年4月からは障害者手帳を持つ精神障害者の
雇用が義務づけられている。
障害者支援が進んだ形だが、一方で、精神障害者の雇用は
容易ではないという現実もある。

障害者雇用の内訳を見ると、身体障害者が約76%、
知的障害者が約20%であるのに対し、精神障害者は約4%
と大きく差が開いている。

 (「精神障害者」とは、「統合失調症、精神作用物質による
急性中毒又はその依存症、知的障害、精神病質その他の
精神疾患を有する者」を指す。
「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」より)

 企業は今後、どのような形で精神障害者の雇用を実現して
いけばよいのだろうか。


「精神障害者」という言葉がハードルになっている

 企業が雇用した精神障害者の定着率は49%と言われて
いる(独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構調べ)。

そのような中、就業したスタッフの勤務6カ月時点での定着率
が92%という高い実績を残しているのが、精神障害者の就労
支援に特化したサービス「アビリティスタッフィング」。

障害特性をオープンにして障害者雇用枠で「働きたい」意欲の
ある精神障害者に雇用先を紹介するマッチングサービスである。

 リクルートにて同事業を担当する川上祐佳里氏は、
精神障害者の就業がなかなか増えない理由をこう考えている。

 「やはり『精神障害者』という名前が与えるネガティブなイメージ
が強いですね。
いろいろな企業の担当者様と話していて思うのは、多くの方が
精神障害者の雇用に対して漠然とした不安を持っていること。
ただそれは、『分からないゆえの不安』がほとんどで、きちんと
その人について理解を深めてもらえば、決して雇用することは
難しくありません。
そのような、現実との意識のギャップがあるんです」


さらに、就労を希望する精神障害者が抱える「不安」も、
現在の状況が生まれている要因だと語る。

 「求職者の方自身も非常に不安を抱えているんですね。
同じ悩みを持つ方が働く姿をあまり見ていないからこそ、
自分自身がチャレンジすることに不安を感じているんです。
このような本人の不安を取り除いてあげることも、
精神障害者の就労において大切だと思います」(同)


障害をきちんと把握し、できる仕事を見極める

 雇用する側と求職する側がそれぞれ抱く不安。では、
それを取り除き、精神障害者が働ける環境を作るためには
どのようなことが必要なのだろうか。

 「働くというのは、必ずしも正社員でバリバリ・・・という形
だけではありません。
ですから、精神障害者の方が『何ができるか』『どこまでなら
できるか』を見極め、企業側が無理のない適切な配置をして
いくことが大切です。
重要なのは、採用する側が精神障害を持つ方の強みと弱み
を把握し、それを社内で共有して適材適所のポストを用意
することです」(同)

とはいえ、企業が精神障害者の性格や能力を適切に把握
するのは簡単ではない。
そこでアビリティスタッフィングでは、企業と求職者を引き
合わせる前の段階で、まず精神障害者の方が自分の経歴
や希望、もっと言えば「できること/できないこと」、あるいは
障害の特性を明確にまとめていく機会を設けている。

その後に企業と求職者の事前面接を行って、お互いの理解を
深めていく。

そこにはスタッフも同席し、お互いの情報を引き出すという。
このような前段階を踏むことで、企業にとっても求職者に
とっても、適切なポジションでの雇用をしやすくなる。


精神障障害者の雇用に欠かせない「事後フォロー」

 雇用した人を「定着」させることも当然ながら重要。
そのためには相手の特性を理解し、無理のない配置を行う
のも必須だが、同様に「事後フォロー」も欠かせないと川上氏
は話す。

 「新しい環境に入ってストレスが溜まってきた時に、
ケアできるかどうかが大きなポイント。
たとえば厚労省のデータでいうと、就業後のフォローが
あるかどうかで定着率が大きく変わってきます。
本人はどうしても『頑張ろう』と力が入っていますから、
ストレスを見せないケースも出てくるはず。
そんな時、冷静にケアできる方を企業が導入できていると、
定着率は上がってくるはずです」(同)

 アビリティスタッフィングの場合は、就業後のスタッフの
状況を定期的に精神保健福祉士がヒアリングしているという。
就労者のコンディションを確かめるだけではなく、企業の
担当者にも何か困っている事はないかを都度確認している。
そのような事後フォローが、精神障害者の就労には重要と
なるようだ。

 冒頭の92%という高い定着率は、このようなフォローが
あってこその数字と考えてよいだろう。
また、一度採用した企業のリピート率も46%となっている。

 もちろん、上述のような事後フォローを各企業が独自に
行うのはそう簡単ではない。
しかし、精神障害者の雇用を考える上で、このような手立て
がカギになることは覚えておくべきだろう。


急いで雇用率を上げることより丁寧に進めることが必要

 2018年に向け、精神障害者の雇用に対する機運は
高まってくることが予想される。
企業もCSR(Corporate Social Responsibility: 企業の
社会的責任)意識が高まる中で、雇用率を上げようと
正面から取り組む動きも増えるだろう。
ただその中で、急いで数を増やすことに意識を向けすぎる
のも良くないようだ。

 「今までマッチングを行ってきた中で、一度採用したけれども
上手くいかなかった企業が再度チャレンジするケースは非常に
少ないんですね。
ですから精神障害者の雇用については、急いで数を追いすぎず、
とにかく丁寧に進めていくことが重要だと思います。
あくまで企業と障害者の方のニーズを汲み取ることが最優先。
まずは丁寧に裾野を広げていくことが先々の雇用創出に
つながると考えています」(同)

 まずは求職者の障害特性を理解し、それに応じた雇用制度や
配置を柔軟に行うこと。
そして、就業後のフォロー体制を確立すること。
精神障害者の雇用を行う上では、これらに一つひとつ丁寧に
対応していくことが不可欠だ。
雇用率が取り沙汰される部分はあるが、しばらくは着実に
進めることを優先すべきなのかもしれない。

 川上さんが就業後のスタッフの様子を採用企業に聞くと、
採用の前は「マネジメントが難しいのでは」「きちんと働けるか不安」
といった懸念を抱いていた企業も、採用後は「問題なく働いてくれて
います」と返答するという。

 ハンディを持ちながらも、1人の従業員として普通に働いて
いる職場。
そのような例が今後さらに増えるよう、今後様々な機関の
努力が必要だろう。



=============================

[PR]
by bunbun6610 | 2015-02-06 22:05 | E.大手カー・ディーラー


ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

フォロー中のブログ

おばば奇譚
ボーダーコリー モリーが行く!
但馬・写真日和
九州ロマンチック街道
東京雑派  TOKYO ...
大目に見てよ
Photo Galler...
おっちゃんの気まぐれ絵日記
松浦貴広のねんきんブログ
qoo's life
poiyoの野鳥を探しに

検索

タグ

(411)
(196)
(97)
(56)
(53)
(52)
(40)
(31)
(13)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(1)

ブログパーツ