通訳が欠席…冨田選手、審理「わからなかった」

===============================


http://www.yomiuri.co.jp/national/20150202-OYT1T50094.html


通訳が欠席
 …冨田選手、審理
 「わからなかった」

2015年02月02日 23時05分


【仁川(インチョン/韓国)=吉田敏行】
アジア大会の会場で韓国メディアのカメラを盗んだとして
窃盗罪に問われた競泳の冨田尚弥(なおや)被告(25)
の第2回公判が2日、韓国の仁川地裁であった。

公判では、法廷通訳が日程を間違えて欠席。
冨田被告の弁護人が通訳を兼務することになったが、
弁護人は次回の日程の確認以外、審理内容をほとんど
日本語で説明せず、公判を終えた。

公判後、記者団に感想を問われた冨田被告は、

「よくわからない」

と困惑した様子だった。

 4月9日の次回公判では、現場の防犯カメラ映像の
証拠調べや、捜査に当たった警察官らへの証人尋問
が行われる予定。



===============================






自分自身の人生を左右する、こんな大事な裁判で、
通訳者がいなかった場合の被告人の気持ちって、
どんなふうだろう。

しかも、弁護人までもが、こんな有様だという。

聴覚障害者ならば、被告人の気持ちがよくわかる
気がする。


ろう者裁判では『蛇の目寿司事件』(※1)が有名だ。


(※1)
『手話に対する、健聴者の受け止め方』
〔2011-10-08 10:28〕





もし、ろう者が冨田被告の立場だったら、
もっと大変だっただろう。
一人で十分な通訳者がいるということは、
まずありえないのではないか。

まず、韓国語を日本語に訳す通訳者が通訳し、
それを日本手話に訳す手話通訳者が必要に
なると思う。

ここまで複雑な通訳システムになってくると、
両国の言語文化的な背景まで理解し、
誤解の起きないような通訳をするのは、
かなり高度な通訳作業なってくるのでは
ないだろうか。


実は近年になって、ろう者側から

「手話通訳者の通訳の質が低下している」

という声が、チラホラと囁(ささや)かれている。
日本語を手話通訳するにも、こうなのだ。

これはもう

「通訳者がいれば大丈夫」

と安心していられる状況ではないらしい。


この新聞記事によると

>「公判では、法廷通訳が日程を間違えて欠席」

という原因になっている。

しかし、これが真実かどうかも怪しくなるほど、
信じがたい出来事だ。

なぜなら、こんな大事な人権にかかわることで、
こんな単純ミスをするなんて、
日本の手話通訳でも聞いたことがない。

あちら(韓国)側の人権保障のレベルが、
このニュースで大体想像がついてしまう。

それと、以前に起きた南アフリカのデタラメ手話
通訳問題(※2)
のことも、思い出してしまった。


(※2)
『マンデラ氏追悼式典 手話通訳者“偽者”か』
〔2013-12-13 23:57〕



さらに、最近は日本人人質事件でヨルダンのテレビ
ニュースの画面に、手話通訳が堂々と出ていたので、
あれには本当に驚いた。
日本ではまだないのだから。

当事者が国連・障害者権利条約批准後の未整備点として、
日本政府に指摘しなければならない。



===============================



http://www.excite.co.jp/News/world_g/20150430/Tbs_news_33031.html


競泳の冨田選手が
改めて潔白を主張


TBS News i
2015年4月30日 19時46分
(2015年4月30日 21時10分 更新)


競泳の冨田尚哉選手が裁判で改めて身の潔白を訴えました。
 韓国のアジア大会でカメラを盗んだ罪に問われている冨田
被告の裁判で、被告人質問が行われました。

 事件当時、窃盗を認めた理由を問われると、警察で

「罪を認めれば大事にならず刑が軽くなるが、認めないと日本
に帰れなくなると言われて不安になった」

と弁明。

「カメラは、見知らぬ男からバッグに入れられた」

などと証言しました。

 一方、検察側は罰金刑を求刑。判決は5月28日に言い渡さ
れます。

(30日18:13)



===============================





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150528-00000085-sph-spo


【競泳】
冨田、窃盗罪で
有罪判決
「納得がいきません」


スポーツ報知 5月28日(木)14時55分配信


昨年9月の韓国・仁川アジア大会でカメラを盗んだとして
窃盗罪で略式起訴されて罰金を納付し、帰国後に無実を
訴えた競泳選手の冨田尚弥被告(26)に対して、仁川
地裁は28日、罰金100万ウォン(約11万円)の有罪
判決を言い渡した。

開廷から約20分で報道陣の前に現れた冨田は

「真実はひとつ。
悔しくて、たまらない。
レンズから指紋もないし、自分の言い分を取り上げて
もらえず、納得がいきません」

と落ち込んだ表情を見せた。

今後、1週間を期限として控訴するかを決める。



===============================

[PR]
by bunbun6610 | 2015-02-03 21:18 | 情報保障・通訳

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610