『聾教育の功罪 ~手話VS口話~』

拓道館
『聾教育の功罪 ~手話VS口話~』

http://www12.tok2.com/home2/airtax04/rouk.htm


この資料は、とても参考になる。
これほど詳しく書けている資料は、あまりないと思う。
でもなぜか、この情報はなかなか見つからなかった。

筆者の「たく」さんは、ろう者のようだ。

手話言語法の意義を理解するにも役立つ情報だと思う。




〔参考情報〕


『何故口話、筆談でなく手話なのか?(つぶやき)』
〔2014年08月26日 (火)〕

>「口話、筆談だと思考が止まるこということ」


これは、日本語を母語とする健聴者、
難聴者・中途失聴者等とは逆だ。
あまり手話を使わない人が手話通訳
をずっと見ていたら、思考が止まってしまう。

一方、ろう者は日本手話だと何時間
しゃべっていても、平気だという。
他の人だと、頭も目も腕も疲れてしまう。





【追記】(2015年1月18日)


「たく」さんは

『聾教育の功罪 ~手話VS口話~』

というタイトルにしている。
しかし、私はこのタイトルに疑問を持つ。
果たして、ろう者の立場から

「功罪があった」

と言えるのだろうか。

「功罪」とは、調べてみると

「てがらとあやまち。功績と罪過。」

という意味だ。
功績と言う面では、おそらく健聴者にとっての
聾教育評価にはつながったのかもしれない。

しかし、ろう者にとっては、本当の功績になった
のだろうか。
そこが疑問なのである。

例えば、最近、下の番組があった。

Eテレ ろうを生きる 難聴を生きる
『どう育む?日本語力 (1) ―文の仕組みを知る―』
〔2015年1月11日(日)放送〕





Eテレ ろうを生きる 難聴を生きる
『どう育む?日本語力(2) ―表現力を高める―』
〔2015年1月18日(日) [Eテレ] 午後7時30分~7時45分〕
http://www.nhk.or.jp/heart-net/rounan/backnumber/2015/01/0118.html#contents




昔の口話教育では、口話ができない生徒に、
罰として廊下に立たせ、両手に水を入れたバケツを
持たせたらしい。

あるいは、両手を縛って口話教育を受けさせていた、
という話も聞いたことがある。

いずれも何の役にも立たない、昔の誤った教育法だ。

それでも先生は

「いずれは社会に出て行く、ろう児のため」

だったと言う。
それを聞いたら、私も何も言えなくなってしまった
ものだったが。



〔関連情報〕


『米国社会から見た手話』
〔2014-05-31 18:30〕





ところが、近年では平塚ろう学校でも、
外国人への日本語教育を参考に取り入れ、
ろう児への日本語教育に革命を起こしている。

2008年のろう・難聴教育研究会
(旧トータル・コミュニケーション)主催

『子どもたちの日記から、文法のあやまりがへった!
 ろう学校での日本語指導法 -江副文法を活用して』

という講演会で、それを知った。


『日本語の助詞「に」「で」「を」の使い方』
名詞+助詞+動詞の基本例文
(平塚ろう学校・国語教師の講演会から)

①「家に入る」
②「家の中で~する」
③「家を出る」
a0196876_8473029.jpg


①「電車に乗る」
②「電車で行く」
③「電車を降りる」
a0196876_8474430.jpg


このような指導法は、健聴者や難聴者が、
視覚言語としての日本手話を学習する場合にも、
かなり役立つと思う。

早瀬憲太郎講師もEテレ『みんなの手話』で、
イラストを示して問題を出すコーナーを設けているが、
日本語文章で問題を出すよりも、いい指導法だ。



『2005年スペイン日本語教師研修会講演
『日本語の助詞は二列ということについて』
学校法人江副学園理事長 新宿日本語学校校長
江副隆秀』

という資料に、江副氏は

「「これは本です」の英訳も、「これが本です」の
英訳もどちらもThis is a book.になってしまいます。
そのため、日本人は『が』と『は』の区別は
難しいと考えてしまうのではないかと私は考えています。
むしろ、『が』は情報に付き、『は』は二列目の
助詞になると図式的に教えると、
外国人の学生にとっては、混乱が非常に少なく
なります。
むしろ、これが難しくないのだ、これはやさしいのだ
と日本人に教える方が難しいというのが
私の個人的経験です。」

と説明している。

ろう者のケースでも、昔は、まるで外国人が
片言の日本語でしゃべるように、
意味もよくわかっていないのに、
どうにか日本語を使うようなケースをよく見かけた。

私が知っている事例では


ろう者:「今日は、カジュアルデーの為に財布が
忘れましたので、パスとします」

日本語:「今日は、カジュアルデーの為、
(うっかりと)財布を忘れてしまいましたので、
パスします」 パス=遠慮?(「不参加」の意味)


ろう者:「飲みは新宿がじゃなくて新江古田駅の
近いある、どうか?」

日本語文の例:「飲みに行く場所は、新宿ではなく、
新江古田駅の近くに居酒屋があります。
そこにするのはどうでしょうか?」


ろう者:「本当は参加したかったので、財布を忘れました」

日本語:「本当は参加したかったのですが、
財布を忘れてしまいました」


ろう者:「少しずつに手話を覚えて行くと」

日本語:「少しずつ手話を覚えていくと」



大人になっても、このような文章力にしかならない。

ところが、番組で紹介された指導法へ変えることに
よって、このようなことを大幅に改善できた、という。

ポイントは文章と、視覚情報による「意味の説明」と
関連付けたことだろう。
手話もいいが、手話でなく、絵・イラストや画像
・動画などでもいいのだ。
聴覚障害者に書記日本語を教えるのに、
音声言語による指導法は、必ずしも必要では
なかったかもしれない。



〔参考情報〕

『NHK大河ドラマ『花燃ゆ』 ろう者・杉 敏三郎』
〔2015-01-05 21:09〕
【追記】(2015年1月11日)
副題;『聴覚障害者と本との出会い』



『聴覚障害者が著したホームページ』
〔2012-10-03 18:30〕





同じ日本語でも、音声日本語と書記日本語は違う、
ということも理解しなくてはならないと思う。
混同して使ってしまうと、下のような例も起こりえる
のではないだろうか。


ろうあ者:「あなたも参加していいよ」

日本語「あなたも参加してください」
「あなたも参加してね!」
では? 文章マナーの問題?

音声日本語でならば「あなたも参加していいよ」は、
気軽なだけで、全然失礼ではない場合もあるが、
メールだと相手の受け取り方により、
印象がまずくなってしまう可能性もある。
[PR]
by bunbun6610 | 2015-01-14 18:30 | 手話言語法


ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

フォロー中のブログ

おばば奇譚
ボーダーコリー モリーが行く!
但馬・写真日和
九州ロマンチック街道
東京雑派  TOKYO ...
大目に見てよ
Photo Galler...
おっちゃんの気まぐれ絵日記
松浦貴広のねんきんブログ
qoo's life
poiyoの野鳥を探しに

検索

タグ

(411)
(196)
(97)
(56)
(53)
(52)
(40)
(31)
(13)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(1)

ブログパーツ