ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

障害者対談;『障害者の就職問題』

障害者対談;『障害者の就職問題』

Yさん(精神障害3級)

Xさん(聴覚障害2級)



Yさん;「仕事探しはどうですか?」

Xさん;「この前、ハローワークに行き、
探しました。」

Yさん;「仕事はありましたか?」

Xさん;「聴覚障害者に合う仕事を探すのは、
容易ではない。」

Yさん;「職員に相談しましたか?」

Xさん;「いや。」

Yさん;「相談すればいいのに。」

Xさん;「自分でコンピュータから
求人票を選んで、それから紹介状を
つくってもらう、という段取りになって
いるから。」

Yさん;「ハローワークの人は、親切だよ。」

Xさん;「耳の聞こえない人には不親切なんだよ。
通訳もいないし、筆談はよく面倒がられる。」

Yさん;「・・・」

Xさん;「求人票はたくさんあるよ。
でも、その中から、聴覚障害者でも応募できる
仕事を探すのは大変だ。
応募はできても、書類選考ですぐに落ちることは
よくあるよ。」

Yさん;「そうなの?」

Xさん;「どこの会社だって、聴覚障害者に
『応募拒否された』と受け取られたくないからね。
下手をすると、聴覚障害者の間で

「聴覚障害者差別だ」

という噂が広まってしまう。
だから書類選考は、一応はするのだと思う。
過去に、3日で返却されたこともあった。」

Yさん;「・・・」

Xさん;「30社応募して、1社面接に行けたら良いほう。」

Yさん;「・・・」

Xさん;「50社応募して、やっと1社から面接を
設定してもらえる場合もある。」

Yさん;「そんなにひどいの?」

Xさん;「だいぶ前ならば、そんなにひどくは
なかったけれど・・・。
今は、運良く面接に行けても、そこを突破するのが、
また難しい」

Yさん;「・・・」

Xさん;「ワタミの求人票がいっぱいあった。
あそこは、前からいっぱい残っているんだよ。」

Yさん;「・・・」

Xさん;「ドンキホーテも、いっぱいあった。」

Yさん;「・・・」

Xさん;「商品陳列なら、聴覚障害者でもできる。
でも、客がいる時に、店舗内でやるから、
難しいんだ。
それで応募を断られた。」

Yさん;「どうして?」

Xさん;「お客さんに声をかけられることがあるから。」

Yさん;「アマゾンなんかどうですか?」

Xさん;「前に落ちたよ。」

Yさん;「何で?」

Xさん;「『後ろから声をかけられても聞こえな
かったら、どうするの?』

と質問された。
その時に

『聞こえない場合は、仕方がありません。
気づける方法で話しかけてもらえるよう、
お願いします』

と答えた。
それを聞いた面接官は首を傾げて、
面接が続かなくなった。」

Yさん;「仕事内容は何だったのですか?」

Xさん;「事務所内の冷蔵庫にお茶等を
補充する仕事だって。
雑用係だよ。」

Yさん;「・・・」

Xさん;「アルマーニの求人票もあったよ。」

Yさん;「アルマーニ! 高級ブランドじゃない。」

Xさん;「何の仕事をするのだろう?」

Yさん;「ピッキングだよ。
Xさんならできるよ」

Xさん;「本当?」

Yさん;「高いところにある商品も取れなければ
ならないよ。
だから、Xさんならできる」

Xさん;「高級ブランド服といえば、前にルイ・ヴィトン
もあったな。」

Yさん;「それも高級ブランドだよ。
ピッキングだろう。」

Xさん;「高級ブランドは心配だ。
コミュニケーション・ミスで失敗したら、どうするんだ?
弁償代を給料から引かれたら大変だ。」

Yさん;「・・・」

Xさん;「ユニクロもあったよ。」

Yさん;「Xさんでも、できるよ。」

Xさん;「でも、それだって前に

『客に声をかけられる場合もあるから』

という理由で、店側に断られているんだよ。」

Yさん;「え?! あ、そうか・・・。」

Xさん;「精神障害者だったら、発作を抑えられる
薬を飲んでいれば、できるよね。」

Yさん;「できるよ。」

Xさん;「ユニクロで働いている精神障害者って、
いっぱいいます?」

Yさん;「いっぱいいるよ。」

Xさん;「そうだよねぇ。
できて当たり前だと思う。
Yさんは、就職で困ったことはないですか?」

Yさん;「ない。」

Xさん;「『ない』?! 本当に何もないの?!」

Yさん;「ない。」

Xさん;「そうだよねぇ。
精神障害者は、病気が発症しなければ、
普通の人と同じだものね。
やっぱり、耳が聞こえるということは人間にとって、
基本的なことなんだろうね。
それができなくなると、社会から外されてしまう・・・。」

Yさん;「・・・」

Xさん;「介護の仕事なら、Yさんもできそうですね。
ほとんど相手の話し相手をしていれば、給料が
もらえるらしい。」

Yさん;「知り合いにいるよ。
実は、あれは大変なんだって。」

Xさん;「え? そうなの?
求人票って、人が集まるように書いているわけか。」



Yさんの

「就職で困ったことはない」

という証言には、びっくりした。
それじゃ、どうして精神障害者の就業率は
低いのだろうか?

当然だが、一部分を見ただけで全体像も
わかるわけではない。
精神障害者も、さまざまな人がいるのだろう。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-12-07 18:30 | 就労前の聴覚障害者問題A