ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

職場内障害者授産施設 第二篇 (18)遅刻してもいい会社は、良い会社か?

この表題は、本当は間違っているだろう。

「遅刻しても誰も叱らない会社は、良い会社なのか?」

のほうが、事実と適合している。
実際に、そんな会社があるのだ。

普通、会社となれば遅刻は勿論、厳禁である。

ところが、Yさんは入社3ヵ月で、
もう3度目の遅刻をしている。
3度目は20分以上の遅刻だった。

すぐにS上司に当日の業務内容を聞いて、
仕事に取りかかっていた。
でも、遅刻のことは何も言われていないようだ。

この分だと、Yさんはこれからも何回遅刻する
だろうか。

この会社に限ったことではないが、
障害者は遅刻や早退、
それに急な欠勤をする人もよくいる。

精神障害者だと薬の副作用もあって、
起床時間も多少のムラも出てしまうのかも
しれない。

Yさんは以前、首のところの頚椎を手術した
ことがある、という。
その時に神経も幾らか切ってしまったので、
術後は首が回らなくなるという後遺症が残った。

つまり、精神障害だけでなく、身体にも
障害がある、ということになる。

Yさんが精神障害者には見えないにも
かかわらず、精神障害者3級の手帳を
持っているのは、精神障害と身体障害の
障害点数を合わせた結果、障害者認定と
なったのかもしれない。
(かどうなのかは、私にもわからないが)

精神障害のほうは、一日4回(朝、昼、夕、
就寝前)の薬の服用で抑えている、という。
その薬は最先端のもので、本当ならば一ヵ月
で1万円以上はするのだが、障害者認定を
受けることで、2500円(医療費総額)
くらいに下げられる、という。

私も以前に、精神科へ行って、精神安定剤を
処方してもらったことがある。

確かにその薬は、心も頭も落ち着かせてしまう。
しかし副作用として、頭が重くなるというか、
それでなのか、眠くなりやすい。
いや、眠くなるというよりは、身体を横にして
いなくてはダメなような感じがした。
それで、何もする気がしなくなるのだ。

そして、一旦眠ってしまうと、なかなか起き
上がれなくなるような気分になった。
起きても、頭を上げたくなくなる気分だった。

もしかしたらYさんも、それで起きられなくなる
ことがあるのかもしれない。

寝坊しても叱られず、クビにならない障害者雇用
に入れて良かったものだ。
一般雇用だったら、そうはいかないと思う。

こんな薬を服用し続けなければならない障害なら、
やはり一般就労は難しい。

来年は精神障害の再認定のための検査がある、
という。
もし障害者認定がなくなれば、Yさんも富士ゼロックス
の解雇事例(※)
のようになるのだろうか。


(※)
『富士ゼロでパワハラの嵐
 「障害者は用済み」宣告で解雇の内幕』
〔2014-11-30 18:30〕



ある精神科医の話では、精神病は「治る」と
言われている。
でも、Yさんの能力では一般雇用はとても厳しい。
障害者雇用でも全然ダメな人だが・・・。

はたして、治ったら良いのか、良くないのか・・・。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-12-08 18:30 | 就労後の聴覚障害者問題E