ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

手話が原因で、人間関係が悪くなることも

『手話が原因で、人間関係が悪くなることも』

これはありえる。
なぜならこの世界では、異なる言語である手話が
通じない人たちがほとんどだからだ。
手話が通じない人のいる前で手話を使うと、
他の人たちから「自分が排除された」ように
思われることもある。
だから中途失聴者や難聴者が、音声日本語
と同時に日本語対応手話を使うのは

「手話がわからない仲間や、健聴者を排除して
しまうことのないように」

という理由もあるだろう。

しかし、ろう者は音声日本語と併用できない
日本手話を使うし、そもそも「排除する」という
意図は持っていない。

しかし、もしこの認識のズレがあった場合、
人間関係の上では、やがて“溝”とか“亀裂”
になることがある。
ズレがなくても、何ら対策を講じなければ、
やはり両者は分離してゆくのが自然だろう。
したがって、情報保障・通訳は双方の関係の
ためにも重要だ。


〔参考情報〕

『手話に対する、健聴者の受け止め方
 ―ろう者と健聴者の違い』
〔2011-10-05 19:00〕





それから

『手話が悪用されて、人間関係が悪くなることも』

これも、やはりありえる。

これは、悪用された場合の事例であろう。




日本手話者は、人の心を見抜く達人でもある。

出社したばかりの朝、会議が始まりそうなところだった。
全員が別室に移動しようとしていた。
その時、Yさんから

「行こう」

の合図を受けたが、いつも自分だけ呼ばれたことが
ないので、なぜ呼ばれるのか、理解できなかった。

Yさんが再び手招きして、何か言っている。
その時、前を通り過ぎていったAOYA(※1)

「あいつに声で言ったって、通じないぜ」

の意味の手話を、ハッキリと表した。


(※1)

『職場内障害者授産施設 - 「五月病」と「犬猿の仲」』
〔2014-05-27 18:30〕



この前の時(※2)といい、偶然だろうか?


(※2)

『健聴者が手話を使う時』
〔2014-11-18 18:30〕



健聴者のジェスチャーにも、ろう者の日本手話と
見分けがつかないほどのものも、ないわけではない。
しかし、それにしても上手過ぎた。

ひょっとすると、AOYAは、少しは手話を知って
いるのかもしれない。
しかし、彼はどうも、私を嫌っているようである。
それでは手話を知っていても、手話を使うとは
思えない。
無視するのが普通だ。

嫌われるようなことは、少なくとも私に心当たり
はない。
今まで、私に対するAOYAの視線が冷ややか
だったことは、以前から感じていた。
しかし、理由はわからない。

健聴者が音声言語で幾ら聴覚障害者のことを
バカにしても、私はもうそれに慣れてしまっている。
けれども、手話で表されたら、我慢がならない。
そういう時に限って、手話を使う健聴者がいる
ことは確かだろう。
あるいは、聴覚障害者をバカにするために、
手話のマネをしているだけなのかもしれないが。


あの有名な、蛇の目寿司事件(※3)も、
そうだったのかもしれない。



(※3)
『蛇の目寿司事件』
(昭和40年 秋、東京上野で起った傷害致死事件)


http://www3.ocn.ne.jp/~oneyes/kobushiza/pri03.html


http://tokudama.sakura.ne.jp/kataro/bm0009.html


http://zentsuoita.exblog.jp/13504435



今まで、AOYAは、私とコミュニケーションをした
ことは一度もない。
飲み会で同席した時もあったが、その時でさえ、
彼は私のことなど全く無視していた。
それも、理由がわからないが。

そんなふうだから当然、職場で会った時も、
私は挨拶をするのだが、彼だけはしない。
無視していくのである。
それで、最近は私も無視するようになったのだが。


皆さんも知っていると思うが、手話は、基本的には、
それがわかる者同士であって、ハッキリと通じる
言語である。
ということは、手話がわからない人ばかりが周囲
にいる状況で、悪口や、相手の心を傷つける手話
を使っても、本人同士は通じているが、
周囲の人はそれに気づかないのだ。
そういうふうに、都合よく悪利用されることだって
あるのだ。

言葉は、使う人の心によって、温かく包む毛布にも、
心を傷つける剣にもなる。
そう思った瞬間だった。

職場に仲良くなれない人が一人や二人いるのは、
仕方がない。
このことがきっかけで、私がAOYAと、職場内大喧嘩
を起こすことがなければいいが。

「ろう者が職場でケンカしてクビになった」

という話は、昔から実際に、何度か聞いている。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-11-21 18:30 | 就労後の聴覚障害者問題E