<リコー退職勧奨>出向命令撤回で和解 80人再配置協議



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141017-00000092-mai-soci


<リコー退職勧奨>
出向命令撤回で和解
 80人再配置協議


毎日新聞 10月17日(金)21時17分配信


大手複写機メーカーのリコー(東京都中央区)で、子会社への
出向を命じられた社員が

「退職勧奨を拒んだための出向だ」

と出向命令の無効を訴えていた問題で、社員が加入する東京
管理職ユニオン(鈴木剛委員長)は17日、会社側と出向命令
を撤回する和解が成立したことを公表した。

命令無効で提訴した8人の組合員の他に、提訴していない組合
員や労組に加入していない出向を命じられた約80人についても
再配置の協議が行われた。

代理人の弁護士によると、大規模な出向命令の撤回は非常に
珍しいという。

 ユニオンによると、組合員らは2011年夏ごろから退職勧奨
をされ、拒否すると9月に出向を命じられた。
13年11月に出向命令を無効とした判決が出たことをきっかけ
に会社側との和解交渉が始まり、次々と本人の専門性を生かし
た再配置で和解した。

 茨城県在住の佐久間行則さん(47)は、長年業務用プリンター
設計の仕事をしていたが、上司に退職勧奨された。

新たな仕事を見つけるのが困難だと判断して断ると、子会社の
東京都内の物流倉庫への出向を命じられた。
佐久間さんは設計の仕事から、慣れないトラックからの荷受けや
仕分けなどの作業に従事、3カ月で10キロも体重が減った。
約3年倉庫で働き、9月1日に茨城県内の元の職場付近に再配置
された。
佐久間さんは

「納得できる仕事に戻ることができた。
理不尽な出向で、必ず戻れる日がくると信じていた」

と話した。

 鈴木委員長は

「今、求められているのは、不合理で非人道的なリストラを制限し、
人材を生かし雇用の安定を図ることだ」

と話している。
リコーは再配置について

「社員の能力を最大限に発揮できる職場配置を行い、さらなる
事業成長に取り組んでまいります」

とのコメントを公表している。

【東海林智】



==================================

[PR]

by bunbun6610 | 2014-10-17 23:11 | ブラック企業と障害者雇用
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line