蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

密室の中で、差別のし放題の職場実態

今日は本当に、午前中に仕事が早く片付いてしまった。
そこに、M係長が様子を見に来ました。

人事部のM課長も、こっそりと様子を見に来ている、という。

これは、労働組合との話し合いを会社が受け、
皆の勤務態度等をチェックし、
問題があれば注意しようというものだと思います。

仕事がないので暇つぶしをしていた私のところにも、
M係長が来て、じっくりと筆談しました。

要点を言うと、次の通りです。

「君が他の人と話すと、他の人は筆談して話さなければ
ならなくなってしまう。
そうすると、他の人の仕事が進まなくなってしまうので、
君は他の人と話をしないでくれ。」

私は

「他の人は、自由におしゃべりしながら仕事をしているのに、
私には一切、話をしてはいけないと言うのですか?」

とM係長に聞きましたが、M係長は

「他人は他人。
あなたは他の人に、仕事ぶりを認めてもらえるよう、
もっとがんばって下さい」

と言い、皆のおしゃべりを一部容認しています。

それはわかります。
だか、私にだけ

「あなたは他の人へ話しかけてはいけない」

と言われたことには、少なからずショックを受け、
怒りのあまり昼食中、大勢の人がいる前で、
テーブルを思いっきり叩いてしまいました。

M係長のこの話で、職域差別に対する、会社の答えも、
もうわかりました。

会社はやはり、職域差別を隠蔽するために、
S課長の責任を隠し、職場の先輩皆に責任転嫁しており、
私に今の単純労働を、これからもずっと続けさせるつもりだろう。


今日(■月■■日〔■〕)私が勤務時間中に職場で、
文書作成(中身はここで起きている労組宛の差別問題について)
をしていたら、Oさんから

「仕事中だから、組合へのメール文なんか書いていないで、
仕事をして」

と注意を受けました。

Oさんの言うことは当然。
でも、納得できない。
そもそもOさんもろくに仕事をしない人だし、
それに何より、リーダーとしてだらしがない。
なぜ、他の人には注意せず、私だけを注意するのか。
私だけ、他の人と違うからだろうか。

他の人は仕事をしながらとはいえ、実際は話し放題、
旅行パンフレットなど見放題、という状態で、
仕事なんか全く進んでいなかった。

何しろ、私とMさんの二人だけで8カゴぐらいやっていても、
他に人はゼロ成果だったんだから。

その後も、私は仕事をどんどんやっていたのに、
あるときにパソコンでメール文を打っていただけで、
なぜ私のことだけ注意をされるのか。

昔、ツービートとかで「赤信号、みんなで渡れば怖くない」という
ブラック・ユーモアがあったが、会社の健聴者は、まさにそれです。

皆でおしゃべりしていれば、Oさんも

「みんなやっているんだから」

と、大目に見ているようです。

しかし、聴覚障害者の自分は、その仲間には入れない。
それで別のことをしてサボろうというものなら、黙認はされない。
聴覚障害者だって、サボる権利はあるぞ!

だが、会社の異分子だと見なされ、注意されてしまう。
私はこの判定に納得できない。

パソコンなんて、他の人だって仕事中に使っている。
健聴者は▲月▲▲日〔▲〕、▲●日〔●〕、
パソコンで何をやっていたのか、
ここでバラそう。

ペイント・プログラムを使って、自分用パソコン・デスクトップの
壁紙(イラスト)を描いていたのだ。仕事中の時間に。
しかも、複数の人がやっており、誰も注意しなかった。
Oさんもそれを無視していて、注意もしなかったのだ。

私がしたことも、いいとは言わない。

しかし、今までずっとこのような、
完全に不公平な扱い方をされてきている。

S課長がした、以前の評価にも当然、納得できない!
この会社はおかしい! 本当に腐っている!
密室の中だからといて、ここの連中は、
都合のいい差別ばっかりやっている!
だからガマンがならないのです。

こんなことが納得できるか!
自分が同じことをされてみろ!
[PR]
by bunbun6610 | 2014-11-15 18:30 | 就労後の聴覚障害者問題Z1