蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

聴覚障害者は健聴者の職場内下請け作業員か?

今日も、朝の勤務開始早々、朝食(パン&コーヒー牛乳)
を食べている人(Nさん)とか、ケータイ・メールチェックを
している人(M・Oさん)がいた。
ケータイの方は、毎日やっている。
普通は出勤時間前後とか休憩時間以外、仕事場では
やらないだろ。

以前にも、残業時間帯に入っていても、その日3回目の
休憩(お茶、一服)時間を取っていたこともあった。
それでも、Oさんは何も言わなかった。
(ただし、最近は残業がないので、こういうことそのものが
なくなったという感じがする)

仕事は「ゆっくりやって下さい」と言われます。
仕事が少ない時なんかで、特に私が頑張ると、仕事が
いつもより早く減るので、昼の休憩時間が1時間半、
あるいは2時間以上になった場合もあります。
さらに、夕方の休憩時間も通常は15分間ですが、
20分、30分になることもあります。
(ボーナス休憩時間みたいなものです)

私は皆の休憩時間を増やすために一年間、頑張って
きたのではありません。
この差別的状況で我慢しているのは精神的にも、
とても苦しいので、状況を変えたいと思って頑張って
きたのです。

ところが今の私の状況というのは、健常者の下請け
作業要員、もっとわかりやすく言うならば奴隷に等しい
とさえ思っています。

これにはやはり「職場環境が悪い」とは言わないと
思います。
差別問題をそんな言葉で、差別する側に説明し続けて
いたら、この問題はいつまでたっても解決しないでしょう。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-10-14 18:30 | 就労後の聴覚障害者問題Z1