蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

煉瓦屋 - とんかつ(鹿児島・霧島高原産)

煉瓦屋

東京都八王子市初沢町1231-16


昭和55年創業。
黒豚、霧島高原産豚肉専門店だ。

a0196876_629865.jpg



『霧島霜降りロースかつ御膳(240グラム)』 2080円
a0196876_6295079.jpg

a0196876_6302767.jpg

霧島豚ロースの霜降り肉を使用。
240グラムの肉はかなりのボリュームで、男性でも量が
多いほど。
この品質・量のとんかつに、これだけいろんなおかずも
付いて2080円は、安いと思う。
この写真を撮った後にも、まぐろの刺身一切れがさらに
運ばれてきて、まぐろは中落ちと刺身の2つが出た。

肝心のとんかつのお味だが、ロースなのにこの柔かさに
驚き。
「箸で切れるとんかつ」とは言わないが、口の中で溶けて
いくような柔かさとジューシーさが特徴だ。
それと、脂身も脂っこくなく、若干甘味を感じるくらいだと
思った。

この厚さのとんかつを美味しく揚げるのは難しいと思うが、
揚げる腕も良い。
テーブルに運ばれてきたばかりだと、中はまだうっすらと
ピンク色の肉汁が出ていて、次第に色あせていく。
この厚さの肉ならば、余熱で充分に肉に火が通るからだ。
写真ではもう、うっすらとしたピンク色は消えていっている。
最初から肉汁が完全に透明だったら揚げ過ぎで、もう肉が
固くなる。


このとんかつは「肉の量(240グラム)が多いな」と思っても
「減らそうか」などと思わないことだ。
この厚みから生まれる味わいは、肉のグラムを減らしたら
出せなくなるからだ。
二人で単品を注文したほうがいい。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-09-28 18:30 | 食べ物