ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

全盲女生徒「歩くの怖い」不安な心情 1人通学始めたばかり


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140911-00000068-san-soci



全盲女生徒「歩くの怖い」
不安な心情
 1人通学始めたばかり


産経新聞 9月11日(木)7時55分配信

埼玉県川越市のJR川越駅で8日、全盲の女子生徒が
何者かに脚を蹴られて負傷した事件で10日、生徒が
産経新聞などの取材に応じ

「1人で歩くのが怖い」

と不安な心情を語った。

 「許せない気持ちでいっぱい」。

こう振り返る生徒は同日、負傷した右膝の痛みが増し、
校内で車いすを利用した。
今年4月、マッサージ師を目指し、通勤の練習を兼ねて
1人で通学を始めた直後の事件だった。

 生徒は県立特別支援学校「塙保己一(はなわほきいち
)学園」(川越市)高等部専攻科1年生で8日朝、登校中
に同駅で右膝の裏を蹴られ3週間のけがを負った。
視覚障害者が使う白杖(はくじょう)が前から歩いてきた
人物にぶつかり、転倒する感触があった直後、背後か
ら強く蹴られた。
川越署は傷害などの容疑で捜査を始めた。

 白杖を折られ、心ない言葉をかけられた経験はあるが

「暴力は初めて。
蹴られるとは思わなかった」

という生徒。
最初は恐怖で誰にも言えなかったが、同日夕、同級生
に相談し同駅近くの交番に被害を伝えた。

 「白杖は目の代わりだが、全ての障害物を感じられる
わけではない。
点字ブロックや白杖について健常者の方に理解して
もらえれば」。

生徒はこう訴えた。



===========================

[PR]
by bunbun6610 | 2014-09-12 18:00 | 障害者問題・差別