【障害者雇用推進月間特集】株式会社森ビルホスピタリティコーポレーションの障害者求人票

【障害者雇用推進月間特集】株式会社森ビルホスピタリティコーポレーションの障害者求人票

2014年9月(障害者雇用推進月間)
ハローワーク障害者枠求人票の内容



============================



求人票(パートタイム)

紹介期限; 平成26年10月31日

求人番号; 13040-70104541


〔1.求人事業所名〕

事業所名; 株式会社森ビルホスピタリティコーポレーション クラブ事業部

所在地; 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー51階

就業場所; 事業所所在地に同じ 転勤の可能性なし

職種; (障)レストランサービス補助


〔2.仕事の内容等〕

仕事の内容; 六本木ヒルズ森タワー51階に位置する会員制
クラブ「六本木ヒルズクラブ」でのレストランサービス補助業務

・ナプキン折り  ・グラス磨き

・シルバー磨き  ・食器下げ等


雇用形態; パート労働者

雇用期間; 雇用期間の定めあり(~平成27年3月31日)
契約更新の可能性あり(原則更新)

学歴; 不問

必要な経験等; 不問

必要な免許・資格; 不問

年齢; 不問


〔3.労働条件等〕

時間額; 869~1000円

賃金形態; 時間給

通勤手当; 実費(上限あり 毎月100000円まで)

昇給; なし

賞与; なし

加入保険等; 雇用 労災  健康 厚生

退職金制度; あり(勤続3年以上)

就業時間; 9:00~20:00の間の8時間程度。

就業時間に関する特記事項; 

時間外; なし

休憩時間; 60分

休日等; 週休二日制 その他

休日 その他の場合; 6ヶ月経過後の年次有給休暇日数10日

求人条件特記事項;
エレベーター有  建物内段差無
障害者用トイレ無 洋式トイレ有
車椅子の移動可 階段手すり有
マイカー通勤不可 玄関手動ドア


〔4.会社の情報〕

(省略;会社ホームページを参照)

労働組合; なし

定年制; なし  勤務延長なし  再雇用なし

育児取得実績; あり

介護休業取得実績; なし

看護休暇取得実績; なし

週所定労働日数; 週4日~5日程度

就業規則; あり


〔5.選考等〕

採用人数; 1人

選考方法; 面接 書類選考

応募書類; ①ハローワーク紹介状 ②履歴書(写真貼付)
③職務経歴書

選考結果; 14日後

結果の通知方法; 郵送 電話 Eメール

試用期間; なし


〔備考〕

応募の際、障害者手帳のコピーを添付、もしくは応募書類に
障害の部位・等級を明記して下さい。
必要書類を下記宛郵送して下さい。
追って連絡します。

〒106-6151
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー51階
株式会社森ビルホスピタリティコーポレーション人事採用担当宛



============================



ここは、今までに複数のろう者の雇用実績が
ある会社だ。

この仕事内容を見る限りでは、レストランの
裏方作業の担当だと思われる。
それならば、接客はないかもしれない。

もしそうだとすると、聴覚障害者も応募可、
そして試用期間の働き次第では本採用にして
もらえる可能性もありうる。
(実際は試用期間はないので、厳しい選考
になると思う。
どうしてもやりたいのなら、特別に申し出て
みてはどうか)

何といっても、聴覚障害者はこうした作業系
の仕事が得意な人も多い。

また、給与、社会保険等の水準も高く、魅力的な
求人だと思う。

私も以前、森ビルホスピタリティ(森ビルの関連会社)
に所属するろう者を見たが、その人はレストラン勤務
ではなく、清掃やメール便収集などの仕事をしていた。
だが、この会社ならば、レストランの裏方勤務も可能
かもしれない。
この会社は障害者のジョブコーチも受け入れていた
のを、実際に目撃しているからである。

聴覚障害者専門のジョブコーチではなかったが、
それでもジョブコーチが簡単な手話は使って、
ろう者の就労支援に当たっていた。
だから、この会社にこれから就労するろう者も、
ここでジョブコーチのことを伝えれば、配慮してもら
える可能性は大である。

(社内手話講習会を受講した総務の人がいるので、
もしかしたら、その人の間違いかもしれないが、
手話で指導していた人がいたことは間違いない。)

聴覚障害者専門のジョブコーチについては、
下の記事を参考にしてみてほしい。


『聴覚障害者ジョブコーチ制度』
〔2014-08-03 18:30〕




『東京都聴覚障害者自立支援センター』
(聴覚障害者ジョブコーチの案内)


相談の段階から、積極的に利用してほしい。




ただ、配慮をきちんと求めるだけでなく、自分
への厳しさを持つことも、絶対に忘れないでほしい。
教えられたことを何度も忘れてしまうろう者も
いたが、それでは勿論いけない。
学んだことは忘れないように、自分できちんとメモ
してほしい。
そして、家できちんとまとめたり、練習したり、
イメージトレーニングをしてみる。
そうすると、早く覚えられるだけでなく、実際の仕事
もスピードアップする。

文章が苦手なら、自分でわかる書き方でいい。
私は文章だけでなく、暗号、略記、スケッチ画なども
書く。
そうして、教わったことを、自分から学んだことも
忘れないようにしている。
自分で作成した業務マニュアルも持っている。

初めはできなくても、そうした努力を続けていくことが、
確かな自己成長につながる。
そうして職場に貢献していくことが、真の社会参加
だと思う。

ただし、なかにはスマートフォンで写真や動画を録る
人もいるが、それは上司の許可がないとできない
ので、注意しよう。

私もザ・リッツ・カールトン東京で働いたことがあり、
裏方の仕事(従業員食堂の開店前準備作業、清掃、
仕込み補助、洗い場)をしていた。
そこでの仕事ぶりはかなり評価してもらっていたので、
聴覚障害者は自信を持っていいと思う。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-09-13 19:15 | 就職活動・離職

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610