何者かが盲導犬を刺す 被害男性「これは自分の“傷”」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140825-00000013-wordleaf-soci



何者かが盲導犬を刺す
 被害男性「これは自分の“傷”」

THE PAGE 8月25日(月)15時52分配信


 盲導犬は、視覚に障害を持つ人の目となり、共に歩む
パートナーだ。
日本で育成された最初の盲導犬『チャンピイ』が誕生した
のは、1957年の夏のこと。
以来、活躍の場を広げ、全国の実働数は今や1000頭を
超えたとされている。
 
 しかし、国産盲導犬第1号が歩み始めてから57年経った
今も、世間一般の理解は十分とは言えない状況だ。
歩行中の嫌がらせ行為や育成団体へのストーカー的な
苦情電話が後を絶たない。
一部の使用者や育成団体関係者の口からは、

「近年、逆に誤解や色眼鏡で視覚障害者と盲導犬を見る
人が増えている」

という言葉も出るほどだ。

 この夏、それを裏付けるような事件があった。
人が「見えない」、犬が「抵抗しない」ことにつけ込んだ
何者かにアイメイト(盲導犬)が刺され、けがを負わされた
のだ。


「見えない」「抵抗しない」につけ込む

 まず、事件の概要から追ってみよう。
被害に遭ったのは、埼玉県の全盲の男性(61)とアイメイト
の『オスカー』だ。
国産盲導犬第1号『チャンピイ』を送り出した育成団体、
「(公財)アイメイト協会」出身の盲導犬は、「アイメイト」と
呼ばれる(=その理由は後述)。
オスカーは、間もなく9歳を迎えるラブラドール・レトリーバー
のオスだ。

 7月28日、男性とオスカーはいつものように午前11時ごろ
に自宅を出て、JR浦和駅から電車に乗り、県内の職場へ
向かった。
いつものように職場の店舗に到着すると、店長が飛んできて

「それ、血じゃないの!?」

と声を上げた。
オスカーはいつも、他の多くのアイメイトと同様、抜け毛を
散らさないようにTシャツタイプの服を着ている。
その服の後端、お尻の上のあたりが真っ赤に染まっていた
のだ。
服をめくると、腰のあたりから流血していた。

 傷口を消毒し、応急処置を施して動物病院に連れて行った。
直径5ミリほどの刺し傷が500円玉大の円の中の4か所あった。
大型犬の皮膚はかなり厚く、獣医師の見立てではサバイバル
ナイフのようなものを強く何度も突き立てなければできない傷
だという。
あるいは、鋭いフォークのようなもので刺したか。

服に傷がなかったことから、何かに引っ掛けた“事故”ではなく、
何者かがわざわざ服をめくってつけた傷であることは明白
だった(同日届け出た警察も事件性を認めている)。

 被害男性は

「聴覚にはまだまだ自信があるが、まったく気づかなかった」

と言う。
犬は比較的痛みに強い動物だ。
加えて、アイメイトとして訓練を受けてきたオスカーは、
人に対する攻撃性を持たない。
全てのアイメイト/盲導犬がそうだということではないが、
吠えることはおろか声を上げることもめったにないという。


アイメイトと男性は一心同体

 幸い、オスカーの傷そのものは手術等を要するような
重いものではなかった。
しかし、男性とオスカーの心の傷の深さは計り知れない。

 「屈辱です。
『自分で自分の体を刺してみろ』と言いたい。
同じ赤い血が出るだろうと。
まして、無防備で抵抗できない犬を狙うなんて・・・」。

今も思い出すたびに悔し涙が出る。

 「アイメイト」は、『チャンピイ』を育てた故・塩屋賢一氏が
つけた「盲導犬」に代わる呼称だ。
「盲導犬」という言葉からは、

「賢い犬が道を覚えて盲人を誘導している」

という印象を受けやすい。
しかし、実際の歩行は、人が頭の中に地図を描き、犬に
「ストレート」「ライト」「レフト」などと指示を出しながら歩く。
犬は交差点ごとに止まったり、車の飛び出しに反応したり、
道路上の障害物などを避ける。

 こうした「共同作業」である歩行の実際を理解していれば、
「盲人を導く犬」という呼称は誤りだという事に気づく。
そこで考えだされたのがアイ=EYE(目)=愛、メイト=仲間
を意味する「アイメイト」という呼称だ。

アイメイトは「私の目となる対等なパートナー」であり、
オスカーと男性は一心同体だ。
だから、オスカーの痛みと屈辱は自分のものでもある。
男性の口から

「自分で自分の体を刺してみろ」

という魂の叫びが出た背景には、こうした事実がある。


警察は「器物損壊」容疑で捜査中

 男性は当日、地元警察署に被害届を出している。
同署は、傷の状況から事件性ありと判断。
駅の防犯カメラ等を調べ、当日の経路で聞き込みをしたが、
今のところ有力な手がかりはないという。

 警察の見立てでは、聞き込みの結果などから電車内での
犯行が有力だという。
一方、男性と職場の仲間は、オスカーのお尻が最も無防備
な形で後ろに立つ人の前に来る浦和駅のエスカレーター上
が怪しいと踏んでいる。

 いずれにせよ、実際に犯人を割り出すのは極めて難しい
状況だ。
そして、万が一犯人を罪に問うことができても、動物の場合は
傷害罪ではなく器物損壊罪にしかならない。
当日、男性から連絡を受けて警察にも同行した動物愛護団体
役員の佐藤徳寿さんは、こう語る。

 「どこに怒りをぶつけていいのか、本当に悔しいです。
刑法上は『物』かもしれないが、盲導犬はペットとは違い、
ユーザーさんの体の一部です。
早急に法を変えて傷害罪と同等の罪に問えるようにしてほしい」

 一連の経緯を聞いた職場の同僚の家族は、

「もう我慢できない」

と、全国紙の読者投稿欄に今回の経緯を寄稿した。
これを読んだNPO「神奈川県視覚障害者福祉協会」は、
犯人への厳正な処罰と再発防止を求める声明をHPに
発表した。


一般社会の理解は「まだまだ」

 アイメイト/盲導犬は、刑法上は「物」扱いだが、2002年
に成立した「身体障害者補助犬法」では、ペットとは一線を
画した権利を与えられている。
同法は、公共施設やレストランなどの店舗、公共交通機関が
盲導犬を伴っての入場を断ってはならないと定めた法律だ。
誤解されがちだが、補助犬(盲導犬、聴導犬、介助犬)は

「特別扱いされている犬」

ではない。
障害者の「体の一部」として、施設利用などの面では
パートナーと同等の権利を認められているのだ。

 にも関わらず、今回のような事件・事例は後を立たない。
例えば、今回の被害男性が直接知る女性ユーザーの盲導犬は、
気付かないうちに額にマジックで落書きされ、女性は深い心の
傷を負った。
タバコの火を押し付けられたという話は「珍しくない」と、
使用者や関係者は口を揃える。
被害男性自身も

「しっぽを踏まれる、わざと蹴られるのは日常茶飯事」

と訴える。
かつて白杖で歩いていた時には、若者のグループに腕を
捕まれ、ツバを吐きかけられたこともあったという。

 アイメイト協会は1957年以来、1200組余の使用者・
アイメイトのペアを輩出しており、他の9の育成団体と
合わせた全国の盲導犬の実働数は、現在1000頭余と
言われている。
初期のアイメイト使用者は、電車やバスに乗せてもらえる
ように個別に運行会社に掛けあったり、行政や国会議員
への働きかけを積極的に行ったりしていた。
21世紀になって「身体障害者補助犬法」が成立するに至り、
長年の積み重ねが花開いたかのように見えるが、実態は
そうでもないらしい。

アイメイト協会の塩屋隆男理事長は、入店拒否は今も
日常的にあると語る。
例えば、神奈川県のアイメイト使用者の男性(69)は、

「今年になってレストラン・旅館で4回も入店を拒否された。
ちょっと多いですね」

と話す。
 また、近年特に目立つのは、逆のベクトルでアイメイトの
存在そのものを“虐待”だと受け止め、執拗に協会に抗議
してくる市民の存在だ。
多くは

「犬を暑い中無理やり歩かせている」

「きつく叱っていた」

といった使用者や協会スタッフに向けた非難だという。

「事実と正しい理解に基づいた批判ならば真摯に受け止めなく
てはなりません。
しかし、ほとんどは犬を安易に擬人化した、言いがかりのような
ものです」

と、塩屋理事長はため息をつく。

 彼らは「盲人を導く」スーパードッグではない。
あるいは、刑法上は「物」だからと言って、何をしてもいいという
ことでもない。
少なくとも、人の目となる対等なパートナー=「アイメイト」だと
いうことは、公にも認められている。
先の今年4回入店拒否に遭ったという使用者は、次のように
訴える。

 「アイメイトを傷つけたりむやみに拒否することは、単に動物
愛護の問題ではありません。
人権侵害です」

(内村コースケ/フォトジャーナリスト)



=================================




>「傷口を消毒し、応急処置を施して動物病院に連れて行った。
直径5ミリほどの刺し傷が500円玉大の円の中の4か所あった。
大型犬の皮膚はかなり厚く、獣医師の見立てではサバイバル
ナイフのようなものを強く何度も突き立てなければできない傷
だという。
あるいは、鋭いフォークのようなもので刺したか。

服に傷がなかったことから、何かに引っ掛けた“事故”ではなく、
何者かがわざわざ服をめくってつけた傷であることは明白
だった(同日届け出た警察も事件性を認めている)。」


こういうことは、たまたまの相手にやられたのではないと思う。
相手は、被害者の通勤経路も、アイメイトにどういう武器を
使えば傷つくのかも知っていただろう。
用意周到に行われた犯罪で、その犯人は近くにいると思われる。

隣人がそんなことをしたのかと思うと、残念だと思う。



=================================


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140901-00000014-it_nlab-life

盲導犬刺傷で団体が緊急声明

2014年9月1日(月) 17時47分掲載


「鳴き声を我慢する訓練は
していない」
 全日本盲導犬使用者の会が
理解求める


ねとらぼ 9月1日(月)10時55分配信

埼玉県で7月に盲導犬が何者かに刺されてけがをした事件
について、全日本盲導犬使用者の会(全犬使会)が公式
サイトで緊急声明を発表した。

 同協会は事件に対し

「強い怒りと恐怖に震える思いでいっぱいです」

と憤りを示し、こうした事件が二度と起こらないよう、
再発防止対策や補助犬を傷つける行為への罰則を
検討するよう求めている。

 また刺された盲導犬がほえなかったとされることから、
一部で

「盲導犬は何があっても声をあげないように訓練されている」

と伝えられ、

「抑圧されて働かされる盲導犬はかわいそう」

という声が上がっているという。
全犬使会はこれを否定し

「実際にはそのような訓練は現在行われていません。
もしもそのような訓練がなされているとするならば
それは虐待と捕らえられてもいたしかたないことです」

としている。

 盲導犬はボランティアや関係者、使用者から愛情と
良質な飼育環境を与えられ、人間を100%信頼して
生きているため、攻撃的行動に出たり、むやみに声を
あげる必要はない、と全犬使会は説明。

「彼らは抑制されることにより声をあげないのではなく、
人間を信頼しているからこそ声をあげないのです」

と述べ、正しい理解と啓発を求めている。

 事件の報道後、模倣犯・愉快犯が出現するケースが
見受けられるという。
盲導犬の使用者、子ども、高齢者、障害者など社会的
弱者が犯罪被害や街の中に潜む危険から守られるため
には周囲の見守りの目が最も重要とも全犬使会は
話している。

「今回の事件の報道をきっかけに、日常生活の中で
目にする社会的弱者の皆さんに対する思いやりある
暖かなたくさんの見守りの目が広がり、緊急時に
速やかに助けの手が差し伸べられる社会になって
行くことこそが、犯罪をなくし、安心して生活できる
ための環境づくりに重要な要素となると思います」


=================================

[PR]
by bunbun6610 | 2014-08-25 23:29 | 障害者問題・差別


ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン編)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
就労後の聴覚障害者問題C
就労後の聴覚障害者問題D
就労後の聴覚障害者問題E
就労後の聴覚障害者問題F
就労後の聴覚障害者問題G
就労後の聴覚障害者問題H
就労後の聴覚障害者問題M
就労後の聴覚障害者問題R
就労後の聴覚障害者問題Z1
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

フォロー中のブログ

おばば奇譚
ボーダーコリー モリーが行く!
但馬・写真日和
九州ロマンチック街道
東京雑派  TOKYO ...
大目に見てよ
Photo Galler...
おっちゃんの気まぐれ絵日記
松浦貴広のねんきんブログ
qoo's life
poiyoの野鳥を探しに

検索

タグ

(178)
(94)
(51)
(47)
(40)
(33)
(31)
(13)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(1)
(1)

ブログパーツ