車の運転「健聴者は聞いていなくてもOK、ろう者は聞こえないからNO」?

ある日、マンション前の車庫から公道にバックして
出ようとしていた車を見かけた。
車の運転手は、私の知っている不動産会社の社長だった。
その他に女性社員が二人、同乗していた。

よく見ると、社長は片手に携帯電話を持って話し中だった。
それだけでなく、時折、女性社員とも車の中でモメていた
ようだった。
そういう状態で、右手だけで車を運転しているのだった。

その車庫から出る際、社長があまりにチンタラとやって
いたので、公道を通りたい車はどんどん停まり、
渋滞のようになってしまった。

しかし、それでも社長は携帯電話をやめない。
感情的になって、電話相手に文句を言っているようだ。
同乗の女性社員も怒っていた。
それを見ていた私も、不愉快なので怒っていた。
周囲の車の人も、迷惑そうに冷たい目で、社長のほうを
見ていた。

車庫から車を出す時に携帯電話をしている人を見たのは、
この時だけではなかった。

別の時も、やはりチンタラとなってしまうもので、
終わるのを待っている人が、次第に溜まってくるのだった。

もし、その場に警察官がいたら、こういうことはダメ
だろう。

だが、いなければやる健聴者もいる。

おそらく、電話の話し相手は、その人にとって大事な人
なのだろうが、それでもダメなものはダメだ。

それでも、こういう者には車の免許証も与えるし、
迷惑行為なんかやっても、大目に見られている。

しかし、耳の聞こえない人の場合は、どうか。

耳が聞こえても、周囲の状況を無視するヤツが
車の運転を認められていて、耳の聞こえない者は、
なぜそれだけで認められなくなるのか。

その部分は一応、2008年の道路交通法改正によって、
条件付きながらも認められるように変わった。

だが、多くのろう者が集まった『運転免許フォーラム』
では、その条件全てに猛反対を表明していた。
なぜか?

彼らの反論の幾つかを、次回で述べてみたい。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-09-04 18:30 | 運転免許制度への疑問
<< 現行の運転免許制度についての、... 聴覚障害者が、原付自転車や自動... >>