蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

国会でも女性蔑視ヤジ「まず自分が産まないとダメだぞ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140703-00000052-asahi-pol


国会でも女性蔑視ヤジ
「まず自分が産まないとダメだぞ」


朝日新聞デジタル 7月3日(木)23時0分配信

4月の衆院総務委員会で、日本維新の会の上西小百合(うえにしさゆり)
議員(31)=比例近畿ブロック=が質問中、委員会室にいた男性議員
から

「まず自分が子どもを産まないとダメだぞ」

というヤジを受けていたことがわかった。

東京都議会で塩村文夏(あやか)都議(35)に対する女性蔑視のヤジが
問題になったばかりだが、国会でも行われていた。

 朝日新聞が4月17日に行われた同委員会の映像データを確認した
ところ、上西氏が新藤義孝総務相に

「一極集中を防げれば、過疎化も解消される」

と質問している最中、男性議員がヤジを飛ばした。
上西氏側によると、ヤジの前に「早く結婚して」という発言もあったという。
周囲からは笑い声が起き、上西氏は「がんばります」と返した。
その際、高木陽介総務委員長(公明)が

「不規則な発言は注意してください」

と制した。
高木氏は

「このヤジについては覚えていない。
これまでも議事進行のために、不規則発言は注意してきた」

と話している。

朝日新聞社



===================================


http://mainichi.jp/select/news/20140704k0000e040198000c.html


<国会ヤジ>「産まないと駄目」に
森雅子氏「マタハラだ」


毎日新聞 2014年07月04日 12時58分
(最終更新 07月04日 14時09分)

日本維新の会の上西小百合議員(31)が4月、衆院総務委員会で

「早く結婚して子供を産まないと駄目だぞ」

と女性蔑視のヤジを浴びた問題で、森雅子・少子化担当相は4日、
閣議後記者会見で

「こういった発言やハラスメントはセクハラに限らずさまざまある。
マタハラ、妊娠出産の女性へのハラスメントだ」

と厳しく批判した。

 森少子化相は

「発言が自民党議員だとしたら、党としてもしっかりと対応を取るべきだ」

と指摘。

「私自身も仕事をする中、大臣職をしている中でさまざまなことがあった。
都議会の問題も今回の問題も、党派を超え女性の立場として断じて
許されない」

と怒りをあらわにした。

 上西氏がヤジを浴びたのは4月17日、衆院分館で開かれた総務委員会。
発言者については、自民党男性議員の名前が取りざたされている。
上西氏は、美容関係の会社などに勤務し、2012年衆院選で大阪7区
から初めて立候補。
次点となり、比例近畿ブロックで復活当選した。

【江口一、本多健】



===================================



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140704-00000098-jij-pol


自民・大西氏、やじ認め謝罪
 =「早く産め」反省を
 ―維新・上西氏


時事通信 7月4日(金)14時27分配信

日本維新の会の上西小百合衆院議員(31)=比例近畿=が国会で
質問中にセクハラに当たるやじを受けた問題で、自民党の大西英男
衆院議員(67)=東京16区=が4日、上西氏に電話し、やじを自らの
発言と認めた上で

「ご迷惑をお掛けし、申し訳なかった」

と謝罪した。
上西、大西両氏がそれぞれ明らかにした。

 上西氏は4日、大阪市内で記者団に、4月17日の衆院総務委員会
で人口減少問題について質問した際、自民党席から

「結婚して早く子どもを産め」

とのやじが飛び、拍手や笑い声が起きたと説明。
大西氏の謝罪を受け入れる考えを示す一方、

「非常に残念で情けない。
自民党議員は意識を改善し、真摯(しんし)に少子化対策に取り組
んでほしい」

と反省を促した。



===================================


http://mainichi.jp/select/news/20140705k0000m010053000c.html


女性蔑視ヤジ:自民の大西議員の
謝罪全文


毎日新聞 2014年07月04日 20時17分
(最終更新 07月04日 20時23分)


 日本維新の会の上西小百合衆院議員(31)=比例近畿=に対し、
衆院総務委員会で女性蔑視ヤジを飛ばしたことを認めた自民党の
大西英男衆院議員(67)=東京16区=は4日夕、自身の公式
サイトに

「ライフワークである少子化問題にさらに一層の努力を続けて
いきたい」

などとする謝罪文を掲載した。
全文は以下の通り。


 ◇謝罪全文

 昨夜から総務委員会の4月17日における不規則発言について
様々な問い合わせがある。
これを受けて、当時の映像等を精査した結果、私の発言があった
ことを確認した。

 質疑者の上西小百合議員とは党派は違っても同期生のよしみで
日頃から親しく意見交換している。
つい、そうした親しみから不用意な発言をし、上西議員に対して
ご迷惑をおかけしたことを反省している。
今日午前中に上西議員に対して謝罪の電話をおかけしたところ、
快く受け入れていただいた。
 私は、今後、自らの発言について十分に注意をしていかなくては
ならないと肝に銘じている。
 そして、私のライフワークである少子化問題にさらに一層の努力
を続けていきたいと思う。
 総務委員会における不規則発言により、日頃からご指導、ご支援
をいただいている皆様や今回の発言でご不快な思いをなさった方々
に対して、多大なるご心配やご迷惑をおかけしたことを、心から
お詫び申し上げます。

        衆議院議員  大西英男



===================================




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140705-00000097-san-pol


大西衆院議員を厳重注意
 セクハラやじ 石破氏、
処分はせず


産経新聞 7月5日(土)7時55分配信

 日本維新の会の上西小百合衆院議員に国会でセクハラやじを
飛ばしたとして自民党の大西英男衆院議員が謝罪したことを
受けて、同党の石破茂幹事長は4日、大西氏を電話で厳重注意
した。
処分は行わない方針だが、都議会に続く所属議員のセクハラ発言
発覚とあって、党のイメージダウンは避けられそうにない。

 石破氏は党本部で記者団に

「党を預かる者として大変申し訳ない」

と自らも陳謝した上で、大西氏から報告があった際に厳重注意
したことを明らかにした。
処分については

「自ら名乗り出て謝罪した。
『議員を辞めるべきだ』ということではない」

と述べた。

 しかし、東京都議会で問題になったセクハラやじ発言が
永田町にも飛び火したことで、自民党執行部は、13日投開票
の滋賀県知事選にも影響しかねないと神経をとがらせている。
週明けにも石破氏の名前で全国会議員と都道府県連に対し、
発言への注意を促す文書を送る方針だ。

 一方の維新は4日、松野頼久国会議員団幹事長名で

「自民党のおごりや体質を物語るものだ」

と批判する談話を発表した。

ただ、松井一郎幹事長(大阪府知事)は大阪市内で記者団に

「上西氏も『レベルの低いやじがなくなればそれでいい』と
言っており、尊重したい」

と述べ、今後追及しない考えを明らかにした。



===================================



http://mainichi.jp/select/news/20140709k0000m040029000c.html


都議会ヤジ:自民の吉原議運委員長が
各会派に再調査要請へ


毎日新聞 2014年07月08日 18時58分
(最終更新 07月08日 19時19分)


 東京都議会の女性蔑視ヤジ(6月18日)問題で、都議会議会
運営委員会の吉原修委員長(自民)が各会派に再調査を要請
することが分かった。
正副委員長による8日の会合で確認した。

発言を認めた鈴木章浩議員=自民党会派を離脱=以外のヤジ
について都議会は6月25日、「再発防止に努める」とする決議案
を可決する一方、鈴木議員以外の特定を見送り、批判が相次い
でいた。

 鈴木議員はみんなの党会派の塩村文夏(あやか)議員に

「早く結婚した方がいいんじゃないか」

と発言したことを認め謝罪した。
しかし、

「自分が産んでから」

など他のヤジもあったとされる。

【竹内良和】


===================================




最近のヤジ問題などで、さらに内閣府支持率が低下したことで、
やっと再調査要請に動くとは、本当に鈍いものだ。


===================================



http://www.excite.co.jp/News/politics_g/20140709/Kyodo_BR_MN2014070901001413.html



国会でセクハラやじ横行、
鮮明に 衆参の女性議員に
アンケート


共同通信 2014年7月9日 17時40分
(2014年7月9日 17時42分 更新)

東京都議会や国会のセクハラやじ問題を受け、共同通信が9日
までに衆参の全女性国会議員78人にアンケートした結果、
12人が

「女は黙ってろ」

と言われたり、

「離婚しただろう」

「早くやめろ」

などのやゆや暴言を受けたり聞いたりしたことを認めた。

セクハラに限らず、国会で品位に欠ける女性蔑視やじが横行
している実態が鮮明になった。

 アンケートには26人が回答。このうち、日本維新の会の
上西小百合衆院議員(31)=比例近畿=を含む3人は、
セクハラやじや暴言を受けたとし、9議員は容姿や身体的
特徴に触れるなどの不適切なやじを聞いたことがあるとした。



===================================

[PR]
by bunbun6610 | 2014-07-04 23:51 | 人権、差別