ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

ワールドカップ・グループリーグ戦「まだ、あと2試合ある」

(サッカー男子)ワールドカップともなると、
世界中の国から、頂点を目指して集まってくる。

「結果が全て」

「優勝以外はみんな同じ」

とか言われる、この世界だから、一流選手といえども、
汚いプレーが、かなり多い。

ブラジル対クロアチア戦の疑惑PK判定なんか、
ワールドカップで見ても、面白くないのだが、
それでも「勝てば何でもいい」というのは、
世界の常識なのだろうか。
まるで“男の恥さらしの世界祭典”でもやっているようだ。
「スポーツマン・シップ」っていう言葉が、
無意味な世界なのだろう。


日本の初戦敗北には、正直、ガッカリした。
試合途中で

「何で変化をつけないのか」

と思った。

「選手を責めてもしようがない。
監督の責任だ」

と思った。
でも、終わったことはもう、しようがない。

アンバサダーのカズさんの言うとおりで

「まだ、あと2試合ある」。

こんなときは、ソチ五輪の浅田真央選手を思い出したら
どうだろう。
あれはすごかった。

なでしこジャパンのアジアカップ決勝戦もすごかったけど、
やっぱり、浅田選手ほど鮮やかな復活劇はなかった。


「自分たちのサッカーができなかったのが、悔しい」

というのならば、それこそ、今度は試合中から結果を
気にする(こだわりすぎる)より、とにかくまずは、
終わるまで思い切ってやってほしい。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-06-18 20:54 | 雑談