蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

「障害者雇用」という“重荷”にした責任

副題;『障害者も、任された仕事は責任を持ってやれ』


6月■日

梅雨の季節。

今日も雨だが、雨嫌いのAさんも珍しく出勤してきた。

私はAグループ、AさんはBグループのサポート業務をしている。
Bグループには朝から仕事が入っていた。
それは、Aさんがいつも嫌がっている仕事だった。
Aさんはまだその仕事に取り掛からず、坐っているだけだった。
Bグループの管理者・E上司も、それを大目に見ていた。


私のほうは、とりあえず、朝の雑用も終わり、
Aグループの管理者・D上司から

「今日の予定は?」

と聞かれたところだった。

「予定がまだ入っていません」

と答えると、D上司はBグループへ行って相談し、
そしてAさんがやるはずだった仕事を、
私に任せることにした。
それでAさんは結局、今日もやることがなくなって、
私の仕事が増えた。

初めのうちは

「なぜ、こうなったのか?」

と不思議に思ったが、よく考えてみると、理由はある。


まず、Aさんは依頼を受けた仕事をすぐにしなかった、
ということ。

そして、いつものことであるが、Aさんは仕事が終わっても
会社に戻らず、そのまま直帰する。
だからAさんに任せていたら、その書類の仕事が、
その日のうちに終わらなくなってしまう、
ということもあるだろう。

そして、最も大きな理由と考えられるのが、顧客の個人情報
を速やかに会社に戻せない、という点だろう。
もし、個人情報を紛失したら、会社としての大問題になる。
この心配をなくすには、やはりAさんより私に任せたほうが
いいに決まっている。

これを読む人への警鐘(けいしょう)として言えることは

「障害者雇用の環境に甘えていると、他の人にどんどん
仕事を取られていってしまうよ」

ということだ。
そんな障害者は、障害者雇用の中ではたくさんいる。


サッカーだって、ボールが来ないからといって、
何もしないでいたら、メンバーから外されて当たり前だ。

仕事も、自分で取りに行くか、仕事が来るように何か
しなくてはならない。
それは、障害のあるなしとは、関係がないのだ。


仕事は途中、土砂降りの雨の中を歩いて、大変だった。
歩道には、川のように雨水が流れていて、
3分も歩いたら靴の中までびしょ濡れになってしまった。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-06-07 09:44 | 就労後の聴覚障害者問題E