<てんかん>福岡労働局が高卒就職で開示要請 雇用側懸念で

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140429-00000009-mai-soci


<てんかん>福岡労働局が高卒就職で
開示要請  雇用側懸念で


毎日新聞 4月29日(火)10時44分配信


◇厚労省が是正指導 2012年

 厚生労働省の地方機関・福岡労働局が2012年7月、翌春に高校
卒業予定の就職希望者に

「てんかんの生徒は主治医の意見書をハローワークに提出」

するよう、福岡県を通じて各高校に文書で依頼していたことが分かった。
雇用における差別的な取り扱いを禁じた職業安定法などに触れる疑い
があり、厚労省は福岡労働局を指導した上で、同年10月に全国の
労働局に再発防止を通知した。

 てんかんを巡っては11年4月、栃木県鹿沼市で、てんかんの持病を
隠して運転免許を不正取得した男がクレーン車を運転中に発作を起こし、
はねられた小学生6人が死亡した(男は懲役7年が確定)。

12年4月には京都市東山区の祇園で軽ワゴン車が暴走し、観光客ら
7人と運転していた男性が死亡、京都府警は男性が持病のてんかん
発作で事故を起こしたとして容疑者死亡で書類送検した。

福岡労働局によると、事故を受け求人側企業から

「生徒の面接時にてんかんの有無を確認していいか」

などの質問が多数寄せられたという。

 このため福岡労働局は同年7月17日、てんかんを含め企業から
質問や要望の多い項目について回答をとりまとめた文書を職業
安定課長名で作成して県と県教委に通知し、各高校長への周知を
依頼。

「持病がある生徒、障害を持つ生徒を一律に選考から排除すること
はあってはならない」

とする一方、

「てんかんの生徒については保護者の同意のもと、精神障害者保健
福祉手帳所持の有無にかかわらず、主治医の意見書をハローワーク
に提出し、早期の職業相談を」

などと求めた。


==============================



〔関連記事〕

当ブログ

『元運転手らに賠償命令=母親も責任、
1億2500万円―クレーン車事故・宇都宮地裁』
〔2013-04-24 22:09〕





『テーマ「てんかん」 “てんかん”を知っていますか』
〔2013年11月15日(金)9:00放送〕


Eテレ『バリバラ』でも、てんかんの当事者が就労困難の
悩み(問題点)を告白していた。
障害者も求職活動をするハローワーク(公共機関)までも

「ここは働くことのできる健康な人が来るところです」

と言い、追い返された、という。
信じられない話が、今でもあるというのだ。

聴覚障害者も、よく紹介を渋られるケースがあるので、
同じような思いをしているが。(※)


(※)詳細は

『聴覚障害者にできない仕事』
〔2012-05-02 11:56〕


参照。




==============================


【追記】(5月5日)

おかしいと思う。

下の記事で述べているように、ハローワークは障害を隠して
会社の採用面接に臨む方法(クローズ)と、障害を打ち明けて
面接に臨む方法(オープン)がある、とアドバイスしている
のである。
それも「ただし、自己責任でやって下さい」と言う。


『難聴者の会社面接対策(3) 「オープン」と「クローズ」』
〔2011-07-07 20:55〕



つまり、障害者にはクローズで臨む権利もあったわけだ。

もちろん、それでは後で問題が発覚し、その障害者雇用は
決して長続きしないが。

そもそも、ハローワークのやっていることが、矛盾していない
だろうか。



さらに、ハローワークの職員だけ見ることが出来る、
コンピュータ情報が存在する。
採用側はこれを自由に書くことが出来るし、職員はこれを
見て、相談で対応している。
障害の種類によっては応募が不可になる場合があるが、
それはこうした事情からである。


『ハローワーク求人票の「裏情報」に思うこと』
〔2012-05-03 09:59〕




民間の障害者就職斡旋会社も、例えば下のような事例がある。
障害者雇用なのに、「面接では、なるべく障害を隠せ」とでも
言わんばかりのアドバイスが出てきたことには、驚いた。
障害者雇用枠での就職活動でも、正論を言っても何もならない。

結局、みんな就職のためならば、やらざるをえず、
というより、やるべきなのだろう。


『難聴者の会社面接対策(2) サーナの面接アドバイス』
〔2011-07-06 20:37〕



ついでに、当ブログで一番有名な記事

『身体障害者手帳のない聴覚障害者(難聴者)は、
どうやって就職するのか?』
〔2013-01-16 18:00〕


これもですよね。
障害者手帳がなければダメならば、
難聴をごまかして、就職試験に臨むしかない。


あのクレーン事故は、そうした社会の矛盾が生み出した
事件なのだと思う。

さあ、重大な責任者たる厚生労働省さんよ、
この問題を一体、どうするのかね?
[PR]
by bunbun6610 | 2014-05-03 01:08 | 障害者問題・差別

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610