ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

聞こえなくてもわかる - コンビニで①

バーバル・コミュニケーション(※)に依存しがちな健聴者だって、
実はノン・バーバル・コミュニケーション(※)を無意識に出していたり、
あるいは感情的になったときに出しているときがある。

(※)
『誰でもできる 難聴者、中途失聴者とのコミュニケーション方法』
〔2014-03-27 19:00〕



以前に、職場でろう者と話をしたとき

「健聴者は注意を言うとき、怒ってくれたほうが、
よくわかるよね」

と言ったら、ろう者も深くうなずいていた。
聞こえない者には、音声の言葉だけで言っても、
通じないのが当たり前なのだ。


ある日、コンビニで、冷たいうどんとアメリカンドッグを
買うことにした。
レジ担当の人がマスクをしていた。
そのまま、私の順番が来て、レジ員は私に何か話しかけてきた。

「これはヤバイ状況・・・」

と思いつつ、「え?」と言ってみた。
忙しいレジ員はイラッとした表情になり、うどんに右手を、
ホットドッグに左手をかざすように待ち構えていた。
瞬時に相手の態度を観察した私は、
これはもう

「袋を分けますか?」

という意味だとわかった。

私が

「一緒でいいです」

と言うと、すぐに通じた。
これも、ノンバーバル・コミュニケーションの活用例だろう。

怒らせる気はないのだが、何も知らない健聴者には
すまないものだ。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-04-06 19:00 | コミュニケーション能力