『袴田事件 再審決定・釈放 鑑定進歩、希望つなぐ』

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140329-00000109-san-soci


袴田事件 再審決定・釈放
 鑑定進歩、希望つなぐ


産経新聞 3月29日(土)7時55分配信

 ■死の恐怖46年間「心たとえようもなく冷たく」

 「死刑執行という未知のものに対するはてしない恐怖が、
私の心をたとえようもなく冷たくする時がある」

 元プロボクサーの袴田巌(はかまだ・いわお)さん(78)が昭和48年、
獄中から兄に宛てた手紙には死刑に対する言いようのない恐怖が
つづられていた。

 「死刑囚にならないと分からない恐怖がある」。

こう語るのは、昭和29年の島田事件の死刑囚として35年間にわたり
独房で過ごし、再審で無罪を勝ち取った赤堀政夫さん(84)だ。

 収監されていた仙台市の宮城刑務所仙台拘置支所。ある朝、
約10人の刑務官の足音が自分の独房の前で止まった。
絞首台への導き。

「どうして自分が…」。

腰が砕け頭が真っ白になった。扉が開き、両腕を引っ張られ、
房から出されようとしたときだった。
別の刑務官が鋭い声で

「違う、隣だ」。

隣の房の死刑囚が連れて行かれた。


 「殺されるくらいなら自分から死のう」

と何度も思った。
でも、あきらめなかった。

面会や手紙で

「あなたはやっていない」

と言い続けてくれた支援者の顔を思い出したからだ。

「巌君にとっても支援者の存在は大きかったはず」。

赤堀さんは袴田さんが1審で死刑判決を受けてからの46年間
を察した。


 ◆はけないズボン

 事件が起きた41年6月30日未明は、ビートルズが初来日した
翌日だった。
世の中が沸く中、袴田さんの苦難は始まった。

 1審判決後、希望の光が差したことがあった。
控訴審の東京高裁法廷で46年、犯人のものとされる「5点の衣類」
のうちズボンの装着実験が実施され、袴田さんには小さく、はけない
ことが判明したのだ。
だが、控訴審判決は

「ズボンはみそに漬けられて縮んだ」

と認定、1審判決は覆らなかった。

 55年に死刑判決が確定すると、弁護団が結成され、袴田さんと
二人三脚の闘いが始まる。
逃走経路の裏木戸の出入りは不可能、衣類を発見場所のみそタンク
に隠せない、刃体と傷が不一致…。
第1次再審請求審で独自に鑑定や実験を重ね、次々と手を打っていった。

 1次請求棄却に対する即時抗告審では、衣類に付着した血液の
DNA型鑑定を求めた。
平成12年に出た結果は「鑑定不能」。
村崎修弁護士(61)は

「最高の証拠になると期待していただけに落胆した」

と振り返る。

 2次請求審では技術の進歩に期待し、再度の鑑定実施を要請。
24年4月、袴田さんのものと「不一致」の結果が出た。
村崎弁護士は「再審の道が開かれたと思った。
10年越しの鑑定結果にとても勇気づけられた」と語った。


 ◆弁護側の武器に

 再審開始の重要な根拠となったのが、この鑑定結果だった。
ここ数年で飛躍的に向上した鑑定精度は時に「真犯人」の痕跡
を浮かび上がらせてきた。
弁護側にとって強力な武器となる可能性を持つ。

 平成元年にDNA型鑑定が導入された当時、同型の人の割合
は「200人に1人」と精度が低かった。
15年に各都道府県警が導入したSTR型検査法はDNA型の
配列を複数箇所で比較するもので、「1100万人に1人」に。
現在主流とされる改良版のSTR型は「4兆7千億人に1人」まで
上がった。

 鑑定結果が司法手続きの中で重要な位置を占めつつある
のは確かだ。
ただ、今回は袴田さんと一致するDNA型が検出されなかった
のに対し、検察側は「試料の劣化」などを理由に鑑定方法の
信用性自体を争った。

 東京電力女性社員殺害事件の再審請求審を担当した
元東京高裁部総括判事の門野博法政大学法科大学院教授
(69)は

「証拠物の保管方法や、どのような鑑定方法を選ぶかなど、
多くの課題があることを明らかにした」

とみる。

 「国家機関が無実の個人を陥れ、45年以上にわたり身体を
拘束し続けたことになり、刑事司法の理念からは到底耐え難い」。

証拠捏造(ねつぞう)の疑いにまで踏み込んだ今回の決定は、
自らを含めた関係者を戒めるような言葉で締めくくられている。

 谷垣禎一法相(69)は28日の会見で

「相当な環境の激変になると思う。
うまく乗り越えていただきたい」

と袴田さんをおもんぱかる発言をしたが、検察側は期限の31日
までに即時抗告する方針だ。


================================


http://bylines.news.yahoo.co.jp/egawashoko/20140329-00034017/

「刑事司法の理念からは耐え難い不正義」
――袴田事件で再審開始&釈放を命じた
決定を読む


江川 紹子 | ジャーナリスト
2014年3月29日 0時17分

画期的な決定だった。再審開始や死刑の執行停止だけでなく、
拘置の執行を停止し、有罪判決の決め手となった証拠が

「捜査機関によってねつ造された疑いのある」

ことも明記されていた。
これによって、死刑囚が再審開始決定を受けてすぐに釈放
されるという、戦後初めての急展開となった。


DNA鑑定の威力
本文は68ページ。
再審請求審の決定書としては、さほど長くはない。
裁判所の判断の説明はDNA鑑定から始まる。
この決定書を読んで、改めてDNA鑑定が裁判所に与える影響
は強い、と感じた。
足利事件や東電OL事件も新たなDNA鑑定によって再審開始
が決まったが、今回もDNA鑑定が再審開始の大きな根拠となった。

事件発生から時間が経過していることや保管状況などから、
検察側は試料の劣化や捜査員らのDNAが付着する
コンタミネーションの影響を強調したが、裁判所は

(1)血液に由来するDNAは試料中に長い年月残存する。
乾燥した場合はより残存しやすく、凝固した血液であれば、
DNAは常温であっても安定的に保たれる。

(2)一方、唾液や皮膚片等に由来するDNAは、数ヶ月も経過
しないうちに検出されなくなる――などとして、退けた。


証拠開示の力
ただ、この決定はDNA鑑定だけに支えられているわけではない。
DNAに関しては、弁護側と検察側の鑑定人で見解が異なる点
もあった。
それでも裁判所が弁護側鑑定を受け入れたのは、新たに開示
された証拠類を見て、冤罪との心証を強くしたからだろう。

特に、殺害時に着ていたとされるズボンのサイズについての
新証拠は衝撃的だった。

原審控訴審で実験してみたところ、ズボンはきつすぎて袴田さん
ははくことができなかった。
ズボンのタグに書かれた「B」という表示は、肥満体サイズを示す
と受け止められ、はけなかったのは、味噌付けにされた後に
乾燥されて生地が縮んだためとか、袴田さんが運動不足で太った
だめだとか、そんな理屈をつけて、済ませてしまった。

実際は、「B」は色を示す記号であり、ズボンは細身サイズだった
ことが、新たに開示された証拠で分かった。
ズボンは、縮んだわけではなく、最初から袴田さんには小さすぎて、
これを着て犯行に及ぶなどありえない話だったのだ。

弁護側や裁判所にとっては、「新証拠」「新事実」だったが、こうした
証拠は衣類が「発見」されてまもなく作られていた。
警察や検察にとっては、とっくに知っている事実だった。
にも関わらず、その事実を隠し、裁判所の誤った判断を導いたのだ。


重大証拠のねつ造疑惑
このズボンを含む血染めの衣類5点は、公判段階に入ってから
味噌樽の中から「発見」された。
生地の色合いや血痕の色は、1年以上味噌に漬かっていたにして
は不自然だった。
有罪判決の最大の根拠となったこの衣類については、以前から
捜査機関によるねつ造ではないかという疑惑が指摘されていた。

今回の再審請求審を担当した裁判官たちも、その疑いを強くもった
ようだ。
決定書は、こう書いている。

〈ねつ造されたと考えるのが最も合理的であり、現実的には他に
考えようがない。
そして、このような証拠をねつ造する必要と能力を有するのは、
おそらく捜査機関(警察)をおいて外にないと思われる。〉

決定書では、この推認のプロセスはかなり省略されている。
事件の経過を知らずに決定書だけを読むと、唐突感を覚えるかも
しれない。

しかし、新たに出てきた証拠に加えて、証拠開示に至るやりとりなど、
再審請求審を通じて見聞したすべてのことから、裁判官たちは
「ねつ造」をもはや確信したのだろう。
決定書の最後の20ページほどの中に十数カ所も「ねつ造」という
表現が出てくる。
ねつ造疑惑を「想像の産物」と切って捨てる検察側に対し、

「あり得ないなどとしてその可能性を否定することは許されない」

と厳しい批判を加えている。


裁判官の義憤
これ以外にも、自白調書のほとんどが任意性を否定されたり、
ほかにもねつ造が疑われる証拠があるなど、決定書は不当・違法
な捜査を問題にしている。

そのような捜査の結果、ねつ造の可能性が高い証拠によって誤った
裁判が行われ、重大な人権侵害が発生した。
それが見えてきたことで、裁判官の正義感に火がついたに違いない。

私は、これほどまでに、裁判官が義憤がこもった書面を読んだこと
がない。
その怒りのほどは、たとえば次のような記述からうかがえる。

〈国家機関が無実の個人を陥れ、45年以上にわたり身体を拘束し
続けたことになり、刑事司法の理念からは到底耐え難いことと
いわなければならない〉

〈拘置をこれ以上継続することは、耐え難いほど正義に反する状況
にあると言わざるを得ない。
一刻も早く袴田の身柄を解放すべきである〉

不正義に対する強い憤りがびんびんと伝わってくる。


検察は自ら策定した「検察の理念」を熟読せよ
疑惑を向けられているのは警察だけではあるまい。
検察にも、証拠隠しを続けてきたうえ、ねつ造の隠蔽に加担したの
ではないかとの疑念が生じている。


このような批判や疑惑に、検察は誠実に対応しなければならない
異議申し立てをするなどして、これ以上確定判決の死守に汲々としたり、
メンツにこだわったり、先輩たちをかばい立てるのではなく、今なお
隠している全証拠を開示し、真相解明に協力する。
これが、「公益の代表者」として検察がなすべきことだろう。
証拠改ざんの不祥事が発覚後、検察は改革の一貫として、倫理規定
「検察の理念」を自ら策定した。
その中に、次の一文がある。

〈権限行使の在り方が、独善に陥ることなく、真に国民の利益にかなう
ものとなっているかを常に内省しつつ行動する、謙虚な姿勢を保つべき
である〉

本件に関わる検察官は、改めて熟読してもらいたい。
司法はこの事件を検証し、反省し、学ぶべきだ。

また今回の決定は、裁判所の書面としてはこれまた珍しく、原審裁判所
に対する批判めいた記述がある。
それは、5点の衣類の発見経過に関してだ。

事件発生は1966年6月30日。
その頃のタンク内の味噌は深さ30センチほどにまで減少していた。
7月4日に警察の捜査員がタンク内を覗いたが衣類は発見できなかった。
同月20日に従業員が味噌の仕込みを行うのにタンク内に入ったが、
この時も発見されなかった。
ところが、翌年の8月31日になって「発見」されるのだ。

決定書は、これを不自然ではないと評価して一審の有罪認定を維持した
控訴審判決について、こう書いている。

〈まったくあり得ない訳ではないという意味でなら理解できるが、通常の
用語としては、やはり不自然と判断するのが相当である〉

そして、この経緯がいかに不自然であるか、理由を具体的に述べている。
この不自然さを見れば、裁判所は5点の衣類の扱いに、もっと慎重である
べきだったのではないか。

そうすれば、袴田氏は遅くとも控訴審の段階で無罪となっていたのでは
ないか。
司法が、1人の人間の人生を奪ってしまったのでは…という裁判官たちの
忸怩たる思いが、

「刑事司法の理念からは到底耐え難い」

という表現になったのだろう。

再審の手続とは別に、この事件では警察、検察、裁判所のどこにどのよう
な問題があったのかを検証し、反省し、そこから教訓を学んでいかなければ
ならない。
それを現在行われている法制審議会特別部会の議論にも生かしてもらいたい。
少なくとも、裁判が始まる前の早い段階から全面的に証拠開示を行う制度は、
絶対に必要だろう。

自由の身となった袴田さんは、姉の秀子さんと共にホテルに宿泊。
翌日の弁護団と秀子さんの記者会見によれば、釈放直後に比べて、
袴田さんの自発的な発語が増えてきた、とのこと。
長期の身柄拘束と死刑執行の恐怖によって病んだ心には、「自由」と「安心」
という薬がなにより効くのだろう。

とりあえずの「自由」は得た。
再審が実際に開かれ、「安心」を手にするまでに、あとどれだけの時間が
必要なのだろうか…。
(3月28日付東京新聞に掲載された拙稿に大幅加筆しました)



================================



http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20140329-00000021-nnn-soci

袴田巌さん しばらく入院へ

日本テレビ系(NNN) 3月29日(土)15時6分配信

 事件から48年ぶりに静岡地方裁判所が再審の決定をし、東京拘置所から
釈放された袴田巌さんが、都内の病院にしばらく入院することになった。

 袴田巌さんは1966年、静岡県の旧清水市でみそ製造会社の専務一家
4人が殺害され、放火された事件で逮捕され、死刑が確定していたが、
27日に静岡地裁が再審開始の決定をした。

 これを受け釈放された袴田さんは28日、都内の病院で検査を受けた。
姉の秀子さんによると、検査の結果、袴田さんは拘禁症と認知症の疑いが
あるとの診断で、しばらく入院の必要があるという。
なお、静岡県内で病院が見つかれば、静岡に戻る予定。



================================



http://kotobank.jp/word/%E6%8B%98%E7%A6%81%E5%8F%8D%E5%BF%9C

こうきんはんのう【拘禁反応 Haftreaktion[ドイツ]】


日常とは異なった拘禁という人為的に作られた状況で生活をするように
なったために生じた精神‐身体的反応。
このうち,重い精神病様の症状を示すものを拘禁精神病という。
拘禁状況としては刑務所,拘置所などが代表的なものであるが,病院の
集中治療室なども一種の拘禁状況との見方もある。
病因としては,拘禁に伴う自由や権利の剝奪(はくだつ),未決囚では
判決への心配,死刑囚では執行への恐れなど状況的な因子とその人の
性格傾向とが関連し,否認,願望充足,身体化などの自我防衛機制が
働いている。



================================




http://mainichi.jp/select/news/20140327k0000e040162000c.html


袴田事件:「やっていません」に涙出る
…1審死刑の裁判官


毎日新聞 2014年03月27日 10時20分
(最終更新 03月27日 19時26分)


 静岡市(旧静岡県清水市)で1966年、みそ製造会社の専務一家4人
を殺害したとして強盗殺人罪などで死刑が確定した元プロボクサー、
袴田巌死刑囚(78)側の第2次再審請求。
静岡地裁(村山浩昭裁判長)は27日、再審を開始し、死刑執行を停止
する決定を出した。
 1審・静岡地裁で死刑の判決文を書いた元裁判官、熊本典道(のりみち)
さん(76)は

「公判で袴田さんが『やっていません』と言った姿が忘れられない。
思い出すと涙が出る」

と、今でも悔やみ続けている。
 真っすぐに裁判長を見据えて受け答えする袴田死刑囚の様子や、任意性
に乏しい供述調書などを通じ、「有罪認定は難しい」と思っていた。
だが、結審後に判決文を検討する中で、結果的に先輩判事に押し切られた、
と振り返る。
 半年後、耐えられず退官し、弁護士に転じた。合議の秘密を破り、第1次
再審請求中の2007年、「無罪の心証があった」と告白したが、請求棄却が
確定した。
先月末には古巣の静岡地裁を訪ね、再審開始を求める上申書を提出。
「自分は他の裁判官を説得できなかった。
償いをしたい」と訴えた。

【荒木涼子】



================================

[PR]

by bunbun6610 | 2014-03-29 21:46 | 人権、差別
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line