蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

ハローワーク障害者担当としての、あるべき姿勢とは

実は、あるスーパーで、両耳に補聴器を装用した女性が、
レジ係の仕事を任されて、本当に一人でこなしているのを
見かけました。
この人は、重度聴覚障害者なんじゃないだろうか。

ハローワークなんかだと

「お客さんに話しかけられても困るから」

などと言われ、断られたりする場合がほとんどなのだ。

だから、これには非常に驚いた。

障害者雇用の良い前例になれば、と思い、
この話を思い切って紹介してみた。

何と言えばよいのか難しいが、聴覚障害者の応募者
であっても、あまりリスクばかりをオーバーに考えて
しまわない責任者だったら、雇ってくれる場合もあると
思う。

それを、ハローワークの担当者が最初から一方的に、
先入観で決めつけているほうが問題かな、と思った。

実際には、過去に企業に問い合わせた段階で、
多くの場合、やはり断られていたケースが多かった、
といった前例があるからかもしれないが・・・。

それが、ハローワーク担当者にも、現在の先入観を
形成させてしてしまっていたのかもしれない。

しかし、ハローワーク障害者担当者こそ、やはり本当は、
障害者の「やりたい!」という気持ちを尊重し、
もっと支援していってほしいものだ。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-02-19 18:30 | 就労前の聴覚障害者問題A