耳鳴りの原因は脳だった 関連部位明らかに 和歌山医大

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130803/wlf13080308210004-n1.htm


耳鳴りの原因は脳だった
 関連部位明らかに 和歌山医大


2013.8.3 08:21 (1/2ページ)[自殺問題]

 300人に1人が悩まされているという「耳鳴り」について、
和歌山県立医科大の研究グループは、原因となる脳の関連部位が
明らかになったと発表した。

同医科大は「発症メカニズムの解明に迫る研究成果」としており、
治療法の開発が期待される。

 耳鳴りは、実際には音がしていないのに何かが聞こえるように
感じる現象で、ひどくなると精神を病んだり、自殺に追い込まれ
たりする深刻なケースもあるという。
根本的な原因は不明で治療法が確立されていないため、複数の病院を
渡り歩く患者も少なくない。
 同医大は平成23年5月、耳鼻咽喉科や神経精神科、生理学、
解剖学などの医師による共同研究グループを立ち上げ、重度の
耳鳴りに悩む患者24人に対してMRI検査を実施。
重症患者ほど脳の特定部位のネットワークに異常があり、耳鳴り
の音は聴覚とは関係なく脳で作り出されていることを突き止めた。

 また耳鳴りの強さは、脳の中心部に位置する「尾状核」や
記憶などに関わる「海馬」といった部位が関連し、耳鳴りの
不快感は前頭葉の一部が関わっていることなども判明。

耳鳴りと不快感を分けて治療することで、耳鳴りは治せなく
ても不快感を取り除ける可能性があるという。

 同医科大は、抗てんかん薬の使用や電気刺激療法など治療の
道筋が見つかったとしており、今後、耳鳴りと関連する脳の
部位をさらに絞り込み、詳しいメカニズムの解明などを進める。

 上山敬司准教授(解剖学)は

「脳のネットワークが、どのように異常を来しているのか
などについて調べていきたい」

と話した。



=====================================




この記事を読まれた難聴や中途失聴の読者には、

「やっぱりそうだったんだ」

と思われた方も多いかな、と思う。
症状は人それぞれだとは思いますが、私の場合は、
頭の中で常に強力なノイズ音がする感じです。

先天性聴覚障害者の場合は、このしつこい音も、
もう友だちのように付き合っていくしかない、
と諦めています。

でも、健聴者から聴覚障害者になった人の場合は、
そう簡単には割り切れないと思う。

「どうしても治したい」

という執念から悩んでしまい、苦しむのだと思う。

自殺する人もいるとは、悲しい。


耳鳴りの原因が脳にあり、感音性難聴の原因は
聴覚の神経にある、というのならば、
それぞれの治療をしなければ聴覚障害は解決しない、
ということになる。

また、幾ら優れた補聴器があっても、耳鳴りの
ひどい人には限界があるだろう。
人工内耳でも、同じなのではないだろうか。
[PR]
by bunbun6610 | 2014-02-18 18:30 | 聴覚障害

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610