<ハローワーク>紹介先は「詐欺会社」 行政の情報共有なく

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131231-00000014-mai-soci


<ハローワーク>紹介先は「詐欺会社」
 行政の情報共有なく


毎日新聞 12月31日(火)12時50分配信

 うそをついて健康食品を販売したなどとして、元社員4人が
特定商取引法違反(不実の告知)罪で有罪判決を受けた
東京都中野区にあった健康食品販売会社「日本健康促進
協会(日健)」の求人を、ハローワークが出していたことが
分かった。

求人が出ていた時期には同社に関する苦情が消費生活
センターに寄せられていたが、センターを所管する消費者庁、
ハローワークを所管する厚生労働省は情報を共有していな
かった。

事件ではハローワークの紹介で入社した女性が有罪判決を
受けており、専門家は

「行政の情報共有とチェック体制の強化が必要」

と指摘している。

【吉川雄策】



【「使い捨て型」と「選別型」】大学3年生の就活解禁
 「ブラック企業」を見抜く方法


 日健の元社員4人は昨年5~7月ごろ、山口、福岡、
大分など6県の62~87歳の男女7人に電話し、健康
食品の売買契約をしていないのに

「以前契約してますよね」

などとうそを言って商品を買わせようとしたとして今年
6月に逮捕された。

 山口地裁は今年10月、4人のうち26~35歳の男性
被告3人に懲役1年~1年6月の実刑判決を、女性被告
(60)に懲役1年2月、執行猶予3年を言い渡し、確定した。

 東京労働局によると、日健の求人は昨年3~6月に
計4回出されていた。
有罪判決を受けたこの女性は昨年3月末、東京都文京区
のハローワーク飯田橋で日健の求人を見つけたという。
すぐに紹介手続きが取られ、4月から本格的な勤務についた。

 国民生活センターによると、女性が日健の求人を見つけた
昨年3月には

「注文していない商品が送り付けられた」

などの日健に関する苦情が各地の消費生活センターに
寄せられており、今年6月までに196件に達したという。
だが苦情の情報はハローワークに伝達されなかった。

 「ハローワーク飯田橋」は

「法令に基づいて適切に対応した。
求人を紹介した時点では問題はなかったと思っている」

と話し、厚生労働省、消費者庁は

「情報共有は現実的に難しい」

としている。

 女性は

「このままだときちんとした職探しをしても知らない間に
違法行為に組み込まれる人が出て消費者被害も増える」


と訴えている。

 龍谷大法学部の脇田滋教授(労働法)の話 法令違反
の仕事を公的機関が紹介することはあってはならない。

ハローワークの社会的責任は大きい。
省庁間の情報共有が進まなければ、今後も振り込め詐欺を
する会社などが入り込む余地がある。
情報共有と職業安定所によるチェック体制を整えるべきだ。

 ◇有罪判決…「自分の判断力のなさ 悔しい」

 有罪判決を受けた女性(60)が「日健」に就職したのは
さまざまな事情があった。

 大卒後、外資系会社に入社しキャリアを積んだが、
14年前、家族の介護のために退職せざるを得なかった。

その後、不動産会社に就職したものの、2008年のリーマン
・ショックでアルバイト採用にされたという。
生活のため化粧品の電話勧誘などをしながら仕事を探して
いた時、ハローワークで日健の求人を見つけたという。
他にも10人ほどがハローワークの求人を見て日健に入社
した。

 入社後、しばらくして職場の雰囲気が変わり、電話勧誘員
たちにマニュアルを渡され、勧誘の際、本来存在していない
売買契約が成立しているようにうそをつくことを強要された
という。
女性は責任者の男性(26)に

「問題があるやり方だ」

と抗議したが聞き入れられなかったという。

 女性は山口地裁での判決公判で

「こういう会社と知らずに入ったが、最後は自分の判断力のなさ。
情けない」

と涙を流した。
毎日新聞の取材に対し

「被害者の皆さんには申し訳ない。
でも、ハローワークの紹介がなければ犯罪に関わることはなかった」

と悔しそうに話した。


最終更新:12月31日(火)16時27分



====================================




これでは、安心してハローワークで仕事を探せない。

行政側は、国民から税金をもらって運営している
立場だというのに、どうしてこんなに監視が甘いのだろうか。

来年4月には消費税が増税する。
しっかりやってもらいたいものだ。

障害者の皆さんは、基本的にはハローワークの障害者雇用枠でしか、
就職する方法がありませんよね。

でも、そのハローワークで公開している求人票には、
ブラック企業もよくありますよ。

働いてみたけれども

「どうもおかしい」

と思ったら、すぐに辞めても違法ではないので、
それで構いません。

ただ再就職した場合、引っかかってしまったら、
失業給付や生活保護が終わってしまうのですから、
やはり事前防止が望ましいということは、言うまでも
ありません。

ハローワークは、企業に失業者を詰め込み、
雇用率を上げることしか考えていない
からでしょう。
これは、障害者雇用でも同じです。

その体質がこの事件を招いた二次要因であり、問題なのです。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-12-31 20:08 | ブラック企業と障害者雇用

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610