聴覚情報処理障害と聴覚障害

『「聞こえるけど、分からない」 APDってなに?』


買い物客で賑わうスーパーマーケットで、
お母さんが

「ねえ、牛乳を1本取ってきて」

といいました。

すると、お母さんのそばにいたN君は

「えっ? なに?」

と聞き返しました。
そこで、お母さんはもう一度

「牛乳を取ってきて」

と言いました。
N君は

「なに? 何を取ってくるの?」

とまた聞き返しました。

「牛乳」

ともう一度言うと、N君は一瞬考えるような
様子を見せた後

「ああ、牛乳だね」

と売り場の方へ走っていきました。
そんな様子を見たお母さんは、
N君の耳(聞こえ)が悪くなっているのでは
ないかと心配になり、N君を連れて耳鼻科に
行きました。
 耳鼻科のお医者さんは

「心配いりませんよ。
聴力は正常でよく聞こえています。
中耳炎などの心配もありません。
鼓膜もきれいです。」

 そういわれて安心したお母さんはほっと
しました。

そういわれれば、家の中での会話では
聞き返すことがあまりありません。
きっと、スーパーの中がざわついていたことと
N君が何かに気を取られていたことが原因だろう。
そう思うことにしました。

 N君は小学校の1年生です。
今日は初めての家庭訪問でした。
担任の先生がやってきて、家庭での様子を
一通り尋ねた後、こう言いました。

「私は、難聴学級で担任をしていた経験があるので
気になるだけかもしれませんが、N君、
授業中お話が十分聞こえていないような感じが
するんです。
こちらからの言葉かけに対して聞き返しが少し
多いような・・・。
耳の方の病気に罹られたことはありませんか?」

 梅雨明け間近のお休みの日、N君はお父さんと
郊外の川へ魚釣りに行きました。
川の流れがザワザワと聞こえる堤防でお弁当を
食べている時、川向こうの林から蝉の鳴く声が
聞こえてきました。

「N、蝉の声が聞こえるね。
あの声が聞こえると梅雨が明けてもうすぐ夏休み
だよ。」

とお父さんはN君に話しかけました。
すると・・・

「蝉の声? ・・・聞こえないよ。
お父さん、川の音と間違えてるんじゃない?」

お父さんには川の水音に混じって蝉の声がはっきり
聞こえるのでした。



・「聴力が少し悪くてよく聞き取れないから分からない」
というのとは違います。


・「聞いていなかった、聞き逃したから分からない」
というのとは違います。


・「聞きおぼえのない音や言葉だったから分からない」
というのとも違います。


聴力には問題なく、知的な面でも問題はないのに、
よく聞き間違えたり分からなかったりする子どもたちが
います。
聞いた音を頭の中で分析し、理解するところに弱さを
もった子どもたちです。
そのような障碍を「聴覚情報処理障害」と
呼んでいます。
英語では「Auditory Processing Disorders」
といい、頭文字をとって「APD」です。

APDに関する研究は少なくあまり見かけません。
成人における脳障害ではいくつかの症例があるようです。
発達過程で生じる子どものAPDについては分からない
ことが多く、研究も療育実践もこれからです。

LDだとかADHD、あるいはPDD等ではないかといわれて
いる子どもたちの中にAPDの子どもたちがいるのかも
しれなせん。

また、

「よく聞き間違える子、学習があまり進まない子」

というだけで、何の支援も始められていない子もいること
でしょう。
そこで、私も微力ながらこのHPを通して、APDのことを
知ってもらい、一緒に療育実践に取り組めたらと
考えています。



====================================




「聴覚障害者」というと、聴覚障害者団体などでは、
ろう者(ろうあ者)、難聴者、中途失聴者の3つに大別して
説明するケースが多いと思います。
ただし、身体障害者手帳を見ると、「聴覚障害」とは、
この3者とも大抵は

「感音性難聴による聴力レベル右○○dB、左○○dB」

というふうな記載になっている場合が多いようです。

しかし「聴覚情報処理障害」の場合は、聴力は正常だが
聞き分けるのが難しい、という、周囲の健聴者には理解
しづらい障害だ。
この障害の場合は特に「聴覚のディスレクシア」とでも
いえようか。(※1)


(※1)当ブログ

『ディスレクシアと感音性難聴障害の共通点』
〔2012-01-09 21:21〕



参照。



このような障害を持つ子供は将来、必ず困るだろう。
特に、就職試験での面接でだ。(※2)
もしも、身体障害者手帳を持っていなかったら、面接官に

「人の話をちゃんと聞いていないヤツ」

だとか

「自称聴覚障害者」

だとか思われるに違いない。


(※2)当ブログ

『身体障害者手帳のない聴覚障害者(難聴者)は、どうやって就職するのか?』
〔2013-01-16 18:00〕


参照。




人間には同じ大きさの音が聞こえても、聞き分けられる人と、
聞き分けられない人がいる、ということだ。

聞き分けられないのは、人間社会で生きていくうえでは、
致命的なのである。
それが感音性難聴障害や聴覚情報処理障害の人である。


聴力が正常なら、これも聴覚障害者等としての身体障害者認定は
無理なのだろうか。
難聴とは異なる障害だというのなら、聴覚障害には「難聴」や
「聴覚情報処理障害」の人がいる、ということになるのだろうか?

「難聴」には聴力レベルにより「ろう者」「難聴者」などが
いるが、「中途失聴者」という区別は存在しない。
「中途失聴者」は障害のレベルや種類ではないからだ。

私が今までに知った経験では、難聴には、①感音性難聴、
②伝音性難聴、③混合性難聴(①と②の合成)、④過敏性難聴、
などがあるという。
難聴障害といっても、いろいろな症状があるのだ。
健常者社会が提供する克服方法としては補聴器ぐらいしかないが、
その効果も、人によってさまざまである。

過敏性難聴と診断された人の場合は、聴力レベルが70dB
(聴覚障害者認定基準値)を下回る場合でも、身体障害者手帳
6級の交付を受けている例がある。
この人は「補聴器が(自分の聴覚障害には)合わない」と言う。

この人の場合、あちこちの病院を回ったあげく、最終的に大きな
大学病院で、この障害がまれにあることを知り、診断してもらった
そうだ。
小さな耳鼻科医院では難しそうだ。
あちこちの病院に探しに行く前に、まず役所の福祉課に行って、
身体障害者認定医のいる病院を調べるとよいだろう。
そのリストを写し取って、なるべく信頼できそうな病院に行った
ほうがよい。
中にはダメな病院も本当にあるから、決して、一つだけで
諦めたりしないように。
私もそうだが、同障者の話でも、
あちこちの病院をタライ回しにされて苦労した経験を
持っている人は少なくなかったからである。

「老人性難聴」という言葉もあるが、これも結局は①とか②とかが
原因の難聴であって、いろいろ言われているそうだ。
難聴の原因は、正確にはまだわかっていないらしい。


ところで、聴覚障害の身体障害者認定を受けるには、検査がある。
聴力レベルを調べる「標準純音聴力検査」と、言葉を聞き
分ける力を調べる「語音明瞭度検査」です。

身体障害者認定医であっても、小さな耳鼻科医院だと、
聴力検査だけしかやらないところもあった。
県が指定したリハビリセンターでさえ、昔は、今とは違った
検査方法で、今思えば、明らかに正確なデータが得られる
検査方法ではない、と思えるものでした。
しかし、最近の他のところでは、ちゃんと語音明瞭度検査も
やっているはずです。

この結果によって、等級など判定が分かれるらしい。
昔、ケースワーカーだと思いますが、その人から、
6級か4級になるかの判定基準が

「語音明瞭度が50%を超えるか、超えていないか」

だと聞いたことがある。
例えば、同じ聴力レベル(dB)であっても、語音明瞭度検査が
49%だったら6級になり、51%だったら4級になる、
ということらしい。
聴力だけで等級は決まらないらしい。



<難聴の種類と聴力>

http://home.s00.itscom.net/large/ELEC/hear/index.html



<身体障害者手帳 『聴覚障害』>

http://handicap.somalisoa.com/%E8%BA%AB%E4%BD%93%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E3%81%AE%E7%A8%AE%E9%A1%9E/%E8%81%B4%E8%A6%9A%E9%9A%9C%E5%AE%B3.html



<難聴>

身体障害者手帳(聴覚障害2、3、4、6級)申請 聴力検査

http://www.pref.saitama.lg.jp/site/shintaikousei/shintaitechou.html
[PR]
by bunbun6610 | 2014-01-27 18:30 | 聴覚障害
<< 『(就労支援)売り手市場が問題... 聴覚障害者の視点で観た障害者の... >>