蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

ジェネリックの疑問点

http://www.excite.co.jp/News/politics_g/20131113/Mainichi_20131114k0000m010085000c.html


<ジェネリック>新薬の半額に
 厚労省案


毎日新聞社 2013年11月13日 21時12分
(2013年11月13日 22時23分 更新)


厚生労働省は13日、後発医薬品の公定価格(薬価)について、
新薬(先発医薬品)の50%台に抑える案を厚労相の諮問機関、
中央社会保険医療協議会(中医協)に示した。

現在、後発薬の薬価は新薬の70%に設定されており、大幅な
減額となる。
後発薬の普及による医療費抑制が狙い。
決定されれば来年4月以降に保険適用される後発薬が対象となる。

新薬の特許が切れてから、初めて発売される後発薬の薬価は
新薬の70%。

厚労省はこれを見直し、新薬の50%か、または55%に引き下げる
とした。
50%は、同省の調査で患者が「安くなれば後発薬を使用したい」
と答えた引き下げ幅の平均値。
今後、後発薬メーカーなどから意見を聞き、中医協で新たな引き
下げ幅を決める。

また厚労省は、後発薬の普及率(現在40%程度)が政府目標の
「5年間で60%」まで増えない場合などに、既に後発薬が出ている
新薬の薬価を、今の特例的な減額に加えてさらに引き下げる
ことを検討している。【佐藤丈一】


【ことば】後発医薬品(ジェネリック医薬品)

新薬の特許が切れた後、別メーカーが新薬と同じ成分で製造する薬。
効能も新薬と同等とされるが、研究・開発費を抑えられるため、
初めて発売される後発薬でも公定価格は新薬の70%に設定される。
既に複数メーカーが後発薬を出している場合は、最安製品の価格
に合わせる。
政府は2018年3月までに普及率(数量ベース)を60%以上にする
計画だ。


======================================




以前に薬剤師さんの方から

「ジェネリック(後発薬)は新薬(先発医薬品)と
同じ効果がある薬で、しかも新薬と比べて価格が
安いので、薬局で薬を買うときは

「“ジェネリック”に代えて下さい」

と伝えて。
そのほうが、薬代を減らすことができます」

というアドバイスを受けたことがあります。

会社の健康保険組合からも、ジェネリックの情報を親切に
調べてくれて、本人に知らせてくれるようになりました。
つまり、ジェネリックを推奨しているようです。

薬代も財政を圧迫しているので、それを改善するための
手段だと思います。

しかし、実際に薬局で頼んでみたら

「ジェネリックに変更するには、医師の許可が必要」

だという。

処方箋を見ると

「ジェネリックに変更してもよい薬と、そうできない薬」

とに分けた印がついています。

なぜ主治医による許可制になっているのか、医師に聞いてみました。
すると

「医学専門誌によれば、ジェネリックには先発薬と同じ
効果であるはずの薬でも、成分中の添加物が異なるなどして、
安全性が確認できていないものがあるから」

だという。
ジェネリックが安い理由は、研究費カットだけではないのだろうか?

そして

「そうしたジェネリックにも、なかには同じ効果のジェネリックでも
20社ぐらい存在する場合もある」

のだという。
それで、医師もジェネリックには

「それらが本当に信頼できるものでない限り、
やすやすと許可はできない」

らしい。

こういう点は、マスコミでも報じられないような気がしますが、
どうなのだろうか。
確かな情報がないと、患者側は医師に従うだけしかない。

ジェネリックの普及には、こんな障壁がある。

それから、もしかしたら、今度できる『特定秘密保護法』で
安全性が十分に確認できていない、安価なジェネリックを
国民に押し付ける、なんてことも、ありえるのだろうか。

どうも、心配に思います。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-12-09 18:00 | 社会