ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

生活保護の支給基準、地裁が言及 「状況、個別に考慮」

http://www.asahi.com/articles/OSK201310310028.html

生活保護の支給基準、地裁が言及
 「状況、個別に考慮」


2013年11月1日01時16分 朝日新聞デジタル

就労することが可能との理由で生活保護の支給を認めなかった
のは違法だとして、大阪府岸和田市の男性(40)が同市を相手
取り、保護申請の却下処分の取り消しなどを求めた訴訟の判決
が31日、大阪地裁であった。

田中健治裁判長は「申請者の状況を個別に考慮すべきだ」とし、
年齢や健康状態、学歴、生活困窮度合いなど行政側の判断の
基準を示したうえで、処分を取り消した。

原告側によると、生活保護をめぐって司法が支給の具体的な
基準に言及したのは異例という。

 判決などによると、男性は2008年に夫婦で同市に転居。
求職活動をしたが就職先が見つからず、同年6~12月に計
5回生活保護を申請したが却下された。

 田中裁判長はまず、行政が厚生労働省の局長通達に基づき
稼働(働く)能力の有無によって支給の可否を判断している点
に言及。

能力の有無だけではなく、その程度についても考慮する必要
がある


と指摘した。
また、

「生活を維持するため働こうと努力していれば、一般的に見れば
さらに努力する余地があったとしても、働く意思はあると認める
べきだ」

との判断の枠組みを示した。

 そのうえで、

男性の最終学歴が中学卒業で、特殊な技能や資格がない

▽ハローワークなどで求職活動し、最低限必要な努力を
していた

▽岸和田市周辺での有効求人倍率が0・5を下回っていた

――と認定。
男性には高度な稼働能力はなく、

「働く意思はあったが働く場がなく、保護が必要だった」

と結論づけた。

 男性は国家賠償法に基づき、市に100万円の賠償も請求。
これについては

「求職活動をしたかを判断する際、漫然と調査をした」

として、本来なら受給できるはずだった生活保護費と慰謝料
計68万円の支払いを命じた。

 岸和田市は

「判決内容を精査し、関係機関とも協議した上で対応を検討する」

とのコメントを出した。(太田航)



======================================



http://www.asahi.com/articles/OSK201311010001.html?ref=yahoo


月収3千円「何度も自殺考えた」
 生活保護めぐる訴訟


2013年11月1日09時05分 朝日新聞デジタル


【後藤泰良】
若くて健康。
真摯(しんし)に求職活動すれば仕事に就けるはず。

その論で生活保護費の支給を認めなかった大阪府岸和田市の
判断は誤りだと司法が断じた。
31日の大阪地裁判決。
市の保護申請の却下処分取り消しを求め勝訴した原告の男性(40)は、
求職に奔走しつつパンの耳をかじり命をつないだ日々を

「地獄でした」

と振り返った。

閉廷後、法廷を出た男性は目に涙を浮かべ、岸和田市の非を認めた
判決に

「ほっとしました」

と語った。

 中学を卒業してすぐ働いた。
レストランの調理場やリフォーム会社の営業、テレビや携帯電話を
組み立てる工場の派遣社員。

「健康でやる気もある。
仕事がないとは考えもしなかった」。

だが2008年2月、大阪都心部に近い街から夫婦で義母の住む
岸和田市に転居してから状況が変わった。

 「面接までたどり着いても、僕より若く学歴のある人が採用される」。

転居後、生活保護を受ける1年余りで

「400件以上電話し、40~50回の面接を受けた」。

仕事は選ばず当たりまくった。
 右肩下がりの時代を迎えた21世紀、日本の失業率は跳ね上がった。
国勢調査によると、00年の4・7%から10年には6・4%へ。
特に最終学歴が中学卒業者の労働環境は厳しく、失業中の男性と同じ
働き盛りの30代後半(35~39歳)も8・0%から13・3%に悪化。
同年代の高卒7・2%、大卒3・5%に比べ中卒の高失業率が際だつ。

 男性がようやく見つけた仕事は、釣り具の部品を作る内職だった。
収入は月3千円ほど。
妻(48)も仕事を探したが、ひざが悪くなかなか見つからない。
生活保護の受給申請は却下され続け、10円のパンの耳と100円
ショップで買った小麦粉、安売りのキャベツを焼いて食べる日々が
続いた。

 本やCDなど売れる物はすべて売った。
一張羅のスーツも売り、就職面接は普段着で行った。
散髪も行けず、風呂も入れず、履歴書を買う金も履歴書の写真を
撮る金もなく、1通を使い回した。
 09年7月、6回目の保護申請でようやく保護費の支給が認められた。
今は生活保護を受けながら、夫婦で新聞配達をして生計を立てている。

 「何度も自殺を考えた。
生きるか死ぬかの生活に陥った人が救われる世の中になってほしい

[PR]
by bunbun6610 | 2013-11-01 19:00 | 生活保護を考える