ハローワークからの転職アドバイス

大学病院で8:30から、胃カメラによる検査をした。
調べた結果、医師は「何ともない」という。
でも胃が鈍く、時々、針に刺されているような、チクチクと痛む。
おかしいなぁ。
やはり、精神性、神経性の胃痛かも。

10時過ぎから出社できた。
午後の14:10頃から、1月にハローワーク●●のM氏と
もう一度面談をした。
2度目の面談も、M氏の希望だという。

M氏はこの日、■月入社したばかりの障害者と、
状況を聞く面談をしていた。
障害者雇用の実態をよくわかっていて、
それがポロッと漏れたかな?

と思えるのは、その障害者も毎日、
1日中同じ仕事をやらされている、
それが単純労働なのだと。
他の障害者にしても、皆同じらしい。

それが特にこの会社の場合は、
障害者には当たり前になっているらしい。

さらに、嫌になって自分から辞めてしまう、
あるいは勤労意欲が下がったりして
契約更新を打ち切られる前に、
転職した方がいいんじゃないか、
と考えているらしい。

M氏は、

「我慢でも、あなたの場合はあと■年以上はあるよ。
それまで我慢できるか?
もし出来そうもないなら、ハローワークの面接会に出て、
もっと自分の希望に近い会社を探すのも良い方法だよ」

という考えのようだった。
それも選択肢に考えておいた方がいい、というアドバイスだった。

しかし、こういう助言をするのは、
ハローワークにも障害者のことを考える、
ということは別の本音があるんじゃないだろうか?
つまりは、

「失業給付を避けたい」

という国のメリットを考えてのことじゃないかと…。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-11-15 18:30 | Z1.クレジットカード会社
<< めぐみさん母「本当に悔しい」=... 職場内障害者授産施設 (13)... >>