蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

課長に騙される怒り

朝から大学病院に行った。
医師はM氏(消化器)。
胃カメラの検査を明日にやる。
結果は来週木曜になる。
■月●日以降の最高血圧が170前後を連日記録し、
いつものようには下がらない。
いつもは高低の波ができるのだが。
心配はコレステロール原因による動脈硬化症。
ストレス原因でも、高血圧になる、とのこと。

午後2時過ぎから出勤した。
S課長と、2度目の話し合いをした(M係長同席で)。
Oさんは加わらなかった。
S課長が話し、M係長はほとんど、
その説明を聞いているだけだった。

私の希望を聞きたいということらしかったが、
私はこれまでのことは個人の希望として言っているんじゃなく、
人権だと思っている。

「会社としてこうする、だからあなたはもっと仕事を頑張って」

と言う。
仕事を頑張っていないのは皆同じ状況なのに…?

それなのになぜ、人権をそんな交換条件みたいにするのか、
怒りを覚えた。
仕事をもっと頑張ってもらいたい、ということ――これはどうも皆に
もっと評価される人になって欲しい、ということらしい。
まるっきり意味が理解できなかった。

それと、やはりこのままでは良くないとわかったのか

「職場環境の改善もできる限りするからと、
意見などを聞かせて欲しい」

と言われ、自分も幾つか話した。
Oさんが同席していなかったので、
職場環境が本当に変わるかどうかはわからない。

(そもそも、Oさんのリーダーシップさえしっかりしていれば、
こんなことにはなっていない)

当事者が話し合いの場にいなくて、何が変わるんだ?
といった感じである。
私の仕事の範囲が狭いことについては、S課長は

「あなたは、まだ入ったばかり。
だからあの辺の仕事を任せている。
メイト社員だから、社員よりも任せる仕事の範囲は狭い。
実績を積み、ステップを踏んでいくことは可能」

と話していた。でもこれはデタラメだとわかる。
実際に、私とほぼ同時期に入社した●●●社員は何人もいる。
なのにどうして私だけ、数を数える仕事ばかりを一日中やらされるのかと
聞いているのに、S課長はこのように誤魔化した返事をしているからだ。
怒りに震えながらも、我慢した。
S課長が説明し終えた後、私は「わかりました」と言った。
そうしたらS課長は

「何が分かったの?」

と探りを入れてきたので
気持ちを読まれたらヤバいと思い、とっさに

「皆も同じようにやってきたからですね」

と返事をした。
すると課長はニッコリと笑った。
でも、私が気づいたのは、実は

「S課長は、デタラメな理由をつけて、言いくるめているな」

ということだった。
当然だろう。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-11-06 18:30 | 就労後の聴覚障害者問題Z1