蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

病欠と外部相談

胃の不快感を感じるので、会社を休むことにした。
13:00~ 簡易裁判所に行き、訴訟の起こし方について相談した。
15:00頃~ 労働組合に行き、相談した。
中央書記長S氏が対応してくれた。
内容は、

(1)今日は概略を聞いただけで、まだ詳細まではわからないので、
  メールで送られる文書を読んでから、組合として何が出来るかを
  考えてみます。

(2)コンプライアンスには、行かないほうがいい。

(3)裁判も、人間関係や、あなたの評価が下がったりして、全体的に良くない。
  また、次の雇用契約を更新しないこともあり得る。

といったことを聞かされた。
やはり話し合いによる、円満解決がいいと考えている。
しかし、話し合いは曖昧摸湖になりやすい欠点がある。
スッキリした解決にはならないような気がする。

気がつくといつのまにか、仕事中に皆が呼ばれていて、
Oさんが話をしていたときがあった。
でも自分だけ呼ばれないのは、自分には関係ないからだと思っていた。
(■月▲日の話し合いで決めたルール上でも、そういうことになる)

でもよく考えてみると、それはおかしい。
皆が聞くべきことなのだから、本当は皆が呼ばれているのだと気がついた。

それに、Oさんは最初の頃は(20■■年■月~▲月頃まで)、
そんな時でも皆に説明を終えた後、私と個人対応で

「このようなミスが発生してしまいましたので、今後気をつけて下さい」

とホワイトボードに書いて伝えていた。
今はそういうコミュニケーションを全くしていない。

しかし、皆には今も説明をしているのだから、
これはおかしい状況だと言えそうだ。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-10-29 18:30 | 就労後の聴覚障害者問題Z1