ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

<ヘイトスピーチ>差別か表現の自由か 街宣訴訟7日判決

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20131005/Mainichi_20131005k0000e040170000c.html


<ヘイトスピーチ>差別か表現の自由か
 街宣訴訟7日判決


毎日新聞社2013年10月5日 07時43分 (2013年10月5日 08時01分 更新)


2009年12月に京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)の校門前で
街頭宣伝をした「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の元メンバー
らを相手取り、学校を運営する京都朝鮮学園(京都市右京区)が、
学校の半径200メートル以内での街宣禁止と計3000万円の損害
賠償を求めた民事裁判の判決が7日、京都地裁(橋詰均裁判長)で
言い渡される。
街宣活動がヘイトスピーチ(憎悪表現)にあたるかの法的判断を問う初の
訴訟で、判決が注目される。【松井豊、栗田亨、曽根田和久】


 裁判で、在特会側は

「朝鮮学校を日本からたたき出せ」

「何が子どもじゃ、スパイの子どもやんけ」

「キムチくさい」

などという拡声機を使った街宣について

「表現の自由」の範囲内で、「保護される論評」と主張した。

 一方、朝鮮学校側は、子どもたちはおびえ、民族教育事業が妨害されて
いるとして、民族的出自を理由にした差別街宣を「ヘイトスピーチ」と判断
した上で賠償するよう求めている。

 原告側弁護士は

「自ら変えられない民族的出自に対する差別発言を、欧州を中心に
多くの国が犯罪としている『ヘイトスピーチ』と裁判所が判断すれば、
日本国内でもヘイトスピーチ禁止法創設議論が勢いづく可能性がある」

と指摘する。

 また、原告の朝鮮学校側は在特会の街宣によって、国際人権規約など
に基づいて保障されている民族教育権が侵害されたと主張しており、
これが認められれば、朝鮮学校を高校無償化の対象外とする政府の
対応の正当性が問われることになる。

 この街宣を巡っては、在特会メンバーら4人が威力業務妨害と侮辱罪
などで起訴され、京都地裁で11年4月に有罪判決を受け、その後、
全員の有罪が確定している。

    ◇

 故中沢啓治さんが自らの体験を基に描いた漫画「はだしのゲン」の閲覧
制限で注目された松江市教委事務室に昨年5月1日、今回の裁判の被告
の一人で元在特会幹部の西村斉氏(44)の姿があった。

学校図書館からの撤去を求めた当時松江市在住の男性の申し入れに
同行した西村氏は、旧日本軍の行為を描く場面などについて

「子どもへの精神的テロだ」

などと抗議した。

「学校の図書については指導しない」

とする職員と、西村氏らの間で押し問答が35分ほど続き、その映像が
インターネットで流された。

 対応した市教委幹部は

「面談には非常に圧力を感じた。
職員を非難する電話が2週間ほど鳴りやまず、業務に支障が出た。
ほとんどは県外からだった」

と振り返った。

市教委は昨年12月、独自に検討して閲覧制限を始めたが、批判が
集中して今年8月に制限を撤回。
その後、西村氏らは再度の申し入れを市教委に行った。

 在特会に代表されるヘイトスピーチデモや街宣を実施する団体は、
今も教育現場をターゲットにしている。

先月8日には、東京・新大久保で東京韓国学校をターゲットにデモを
実施。
関西でも、韓国への修学旅行を計画する滋賀県内の高校に対し、
7月ごろからインターネット上で「韓国行き阻止」を掲げる書き込みが
始まり、同校にはネットを見た外部からの問い合わせが続く。
9月には、学校近くで在特会幹部が

「反日の国に子どもたちを行かせてよいのか」

などと街宣。
同校は、急きょ保護者説明会を開き、修学旅行は安全が確保されて
いることなどを説明したという。

 【ことば】ヘイトスピーチ(憎悪表現)

 人種や国籍、性別など特定の属性を有する集団をおとしめたり、
差別や暴力行為をあおったりする言動を指す。
ネオナチ運動に対処するため1960年にドイツで制定された
民衆扇動罪や、

「人種差別の扇動に対しては法律で処罰すべきだ」

と宣言した国連の人種差別撤廃条約(69年発効、日本は95年に加入)
を背景に、各国が規制に乗り出しているが、日本に規制はない。



=====================================



在特会が行ったヘイトスピーチを

「表現の自由」の範囲内で、「保護される論評」と主張」

している、というが、これはおかしいと思う。
「表現の自由」にしても、この事例はひどい濫用だ。
これが許されるのならば、障害者も被害を受けかねない。
在特会は負けるだろう。

自分たちのやっていることは棚に上げて、
『はだしのゲン』を「子どもへの精神的テロだ」というのも、
誰が見てもおかしい。
そう言っているほうが、おかしいのだ。

自民党参議院議員の片山さつき氏らも、在日朝鮮・韓国人
の特権を終わらせようとかっていう活動をしているらしいが、
当選した背景には、こういうヘンな人たちの支持者が多い
のかもしれない。



==================================



【10月8日追記】



http://mainichi.jp/area/news/20131008ddp041040028000c.html

朝鮮学校授業妨害:街宣損賠訴訟
 ヘイトスピーチ「違法」判決
 「安心して学べる」
 保護者ら評価の声


毎日新聞 2013年10月08日 西部朝刊

京都の朝鮮学校前で「在日特権を許さない市民の会(在特会)」
が行った街宣活動について、7日の京都地裁判決は

人種差別に当たる

と明確に認定した。

東京や大阪で在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチ(憎悪表現)
が繰り返される中、朝鮮学校関係者から

「これで安心して学べる」

と評価の声が上がった。

 法廷には原告の支援者や朝鮮学校の保護者らが詰めかけ、
傍聴席は満席に。
裁判長が主文を読み上げた後、法廷の外で支援者らが笑顔で
握手を交わした。

 原告側は判決後、京都弁護士会館(京都市)で記者会見を
開いた。
京都朝鮮学園の孫智正(ソンチジョン)理事長(56)は

「朝鮮学校に通う子供に向けられたヘイトスピーチの悪質性を認めた。
日本社会に広がるヘイトスピーチ的な言動を抑止する点でも有効だ」

と語った。

 当時5年の長女が通学していた保護者会長(当時)の女性(45)は

「判決を聞き、涙が止まらない。
事件は朝鮮人として生きる私たちの日常を踏みにじった

と目を潤ませた。
女性はその後に開かれた報告集会でもあいさつに立ち、

「日本社会の中で私たちが胸を張って生きていける土壌があるのだと
感じて胸が熱くなった。
互いに手を取り合って未来ある子供たちを育てていきたい」

と話し、保護者ら約10人が立ち上がり、支援者らに「ありがとうございます」
と頭を下げた。

 一方、在特会の八木康洋副会長は判決後、硬い表情で

「我々の行為が正当と認められず非常に残念。
控訴するかどうかは判決文を精査して考えたい」

と悔しさをにじませた。【松井豊、岡崎英遠、花澤茂人、寺岡俊】

 ◇街宣中止は当然−−新大久保
 在特会がデモを繰り返す東京の新大久保。

「朝鮮人をたたき殺せ、という汚い言葉に嫌悪感を抱いていた。
街宣中止命令は当然です」。

40年以上も生花店を営む篠崎カツ子さん(71)はデモを思い出し、
顔をしかめた。

 韓国アイドルのファンで新大久保を訪れた東京都在住のアパレル
店勤務の女性(25)は

「このままでは海外で日本の印象が悪くなると心配だった」

と判決を歓迎。

「それでもなくならなければ法律で規制するしかない」

 一方、地元商店街の日本人店主(46)は

「新大久保に新しく参入する韓国人経営者の店はマナーが悪いことも
多く、領土問題で在特会の主張に納得できる部分もある」

と話す。
それでも

「冷静な言葉で訴えるべきで、差別はいけないというのは大前提だ」。




=====================================


【10月21日追記】


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131021-00000033-jij-soci


在特会側が控訴
 =ヘイトスピーチ訴訟


時事通信 10月21日(月)11時11分配信


朝鮮学校周辺でのヘイトスピーチ(憎悪表現)をめぐる訴訟で、
「在日特権を許さない市民の会(在特会)」は21日までに、
街宣活動の禁止と約1200万円の損害賠償を命じた京都地裁
判決を不服として大阪高裁に控訴した。
控訴は19日付。

 京都地裁は7日の判決で「街宣は人種差別に該当し違法」と
認定し、京都市内の京都朝鮮初級学校の半径200メートル以内
の街宣禁止と1226万円の支払いを命じた。

[PR]
by bunbun6610 | 2013-10-05 09:43 | 人権、差別