「汚染水対策が優先課題」=東電申請に厳しい声―柏崎原発の安全審査・規制委

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131002-00000067-jij-soci


「汚染水対策が優先課題」=東電申請に厳しい声
 ―柏崎原発の安全審査・規制委


時事通信 10月2日(水)12時32分配信

原子力規制委員会は2日の定例会合で、東京電力が
柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働に向けた
安全審査を申請したことについて、事務局の原子力
規制庁から報告を受けた。

田中俊一委員長は

「法令に基づいて受理するが、福島第1原発の汚染水
問題が喫緊の課題であることをまず認識してもらう必要
がある」

と指摘。

「汚染水問題が万が一にもおろそかになってはならない」

と厳しい姿勢で臨む方針を示した。

 中村佳代子委員も

「事故の後始末を見る限り、東電が放射性物質に対する
ノウハウや知識を持っているとは思えない。
そういった会社が放射性物質を取り扱う原発について
申請を出すことに、驚きの念を感じざるを得ない」

と批判。

更田豊志委員も

「あれはあれ、これはこれと言うわけにはいかない。
東電は十分な汚染水対策を行い、リスクを抑える活動が
優先されるべきだ」

と述べた。


==================================



全くその通りだと思う。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-10-02 21:34 | 原発問題
<< 『みんなが手話で話した島』(ノ... 健聴者も手話を使っていた島 -... >>