『みんなが手話で話した島』(ノーラ・E・グロース/著) 3/3

『みんなが手話で話した島』
(ノーラ・エレン・グロース/著 佐野正信/訳)
(1991年11月11日/初版発行 築地書館株式会社/発行所)

【著者】
ノーラ・エレン・グロース=1952年生まれ。文化医療人類学者。

【訳者】
佐野正信=1959年静岡県生まれ。8歳のとき、ストマイにより失聴。
翻訳家。杉並区聴覚障害者協会理事。


「ハンディキャップが文化によって生み出されるものである以上、
われわれはみな、それに対して責任を負っている
――著者のこの指摘には大きな意味がある。
・・・読む者に感動と勇気を与える書」
(『ヴィレッジ・ヴォイス』)


「申し分のない論証と真に迫った描写・・・聴覚障害者の立場に
たつ説得力のある調査報告」
(『サイエンティフィック・アメリカン』)


「差別はいつでもどこにでも存在していた
・・・この仮説の正当性に疑問をさしはさむ」
(『クォリティティヴ・ソシオロジー』)




http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN4-8067-2220-0.html

http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/book/2220n.html

http://www.thesalon.jp/themagazine/culture/post.html

http://idea-labo-beta.blogspot.jp/2012/08/blog-post.html

http://blog.livedoor.jp/aonoharuka/archives/1660360.html


=====================================


歴史的にみた聴覚障害
ヴィンヤード島の社会で見られた聴覚障害に対する態度は、
同じ時期に本土で見られた偏見や誤情報とはきわだった対照
をなしていた。
アメリカのろう者は、今でもろう者という社会の構成員に対する
差別の遺産と闘い続けているが、島のろう者が経験したことは、
そういうアメリカのろう者が経験していることと比べても、かなり
ちがったものなのである。

詳細に立ち入る気はないが、聴覚障害に対する現在(いま)の
私たちの態度をはっきりさせるために、以下でろう者の歴史を
ざっと振り返ってみることにしよう。

1890年、ジレットは次のように書き、読む者を力づけた。

『かつて、ろう者がけだもの同然と見なされ、白痴として分類され、
それ相応に扱われた時代があった。
ありがたいことに、そうした時代は過去のものとなり、現在では、
ろう者は社会的に人なみの扱いを受けるのがふつうになっている』

とはいえジレットは、次のようにいいそえるのを忘れなかった。

社会には、ろう者について実質的に何ひとつ知ろうとしない
という態度が数限りなく存在するが、そうした態度の根絶は、
ほとんど不可能と思われる
』〔※1〕

たしかにこの『実質的に何ひとつ知ろうとしない』という態度は、
なかなか改めがたいものであったと思われる。
『つんぼなど、しょせん半人前の人間ではないか』
――南北戦争の将軍ベンジャミン・F・バトラーが発したこの
無思慮な言葉など、その典型的な一例といえよう。〔※2〕

実際、聴覚障害に対する大方の態度は、ときには中世さながら
であったようである。
教育を受けた後でも、ろう者には成人市民としての権利や義務
が認められない場合が少なくなかった。〔※3〕
教育を受ける機会は、奪われはしないまでも、制限されるのが
ふつうだった。
19世紀におけるアメリカの一般的なろう者観は、国勢調査の
分類方式にもはっきりとあらわれている。
この中で『ろう者』は、きわめて侮辱的な、広い意味での『欠陥人』
として分類されていたのである(合衆国連邦政府国勢調査)〔※4〕。
今日でさえ集団としてのろう者は、大きな健聴社会から隔離された
ままである。
これはろう者自身がそれを選択したためでもあるが、また同時に、
健聴者の側に偏見と無知が残っているためでもある。
健聴者はろう者を『肉体的、社会的、言語的に異常な者』〔※5〕
と見なすことが少なくない。
こうした態度は、何世紀にもわたる誤情報と誤解に根ざしたもの
なのである。


「聴覚障害にかかわる文献記録の中で、判明している最古のものは、
先天性のろう者の権利を制限したバビロニアの法典である。
次いで古いのが、紀元前6世紀以降に書かれた旧約聖書のレビ記
である。
同書でモーセは、信者に向かって、ろう者を呪うことをいさめているが
〔レビ記19章14節〕、これはおそらく、当時そのようなことをする者が
あとをたたなかったためであろう。
それから400年後に、タルムード〔ユダヤ教の口伝律法(ミシユナ)
とその注解(ゲマラ)の集大成〕の編者たちが押しつけた法律は、
他の市民に認められた法的な権利や義務の多くを先天性のろう者
には制限し、その身分を子供や知恵遅れの人なみにしてしまうもの
だった。〔※6〕

ヒポクラテスと大プリニウスは、聴覚障害の心理的な側面、とくに
意思疎通のはかりにくさにある程度の関心を払った。
とはいえもっと広い影響力をもったのは、アリストテレスとその同時代人
のろう者観である。
アリストテレスは、発話は思考と教育の主たる伝達手段であるから、
耳がきこえない者は学習が不可能となり、いかなる種類の教授も
無益に終わると考えた。
アリストテレスのこの考え方は、ローマの学者に受け継がれ、やがて
古代ローマ世界の常識となる。〔※7〕

ルクレチアは、こんな詩をつくっている。

『ろうに教えん術(すべ)もなし
思いも知恵もおよばざる』〔※8〕

紀元6世紀、聴覚障害についての常識はユスティニアヌス法典
〔ローマ法大全〕に継承された。
同法典では、先天性のろう者と言語習得後に失聴した者とが
厳然と区別され、前者の法的権利は厳しく制限されていた。〔※9〕
やがてこの法典は、中世の数多くの法体系の規範となる。
かくして言語と知能とを結び付けたアリストテレスの説は、
さらに中世へと継承される。
作者が聖職者であるとないとを問わず、中世の著作に実質的
な変化が見られないのは、このためである。
たとえば聖アウグスティヌスは次のように書いている。

『生まれながら耳がきこえぬことにより、信仰の道に入るのは
不可能となる。
何となれば、生まれついてのろう者は、言葉をきくことも身に
つけることもできぬからである』〔※10〕

ろう者にものを教えることができないと思われていたので、
イギリスのヨーク大主教ベヴァリーのジョンが、ろうの青年に
それと識別できる声を出させるのに成功したとき、ビート
〔7世紀から8世紀にかけての、イギリスの聖職者・歴史家
・神学者〕はこれこそ奇跡であるとほめたたえた(他の者もこれに
同意したにちがいない。
というのは、この手の奇跡を重ねることで、ベヴァリーのジョンは
大主教の地位にのぼりつめたからである)。
こうした先天性のろう者は、結婚や政治にかかわる発言や
遺産の相続を認められない場合が多かった。
ヨーロッパの多くの地方でおこなわれていた遺産の長子相続も、
ろう者の長男に対しては、まったく認められていなかったのである。
〔※11〕」


「18世紀はろう教育の発展期であり、1760年代に、パリ、
ライプツィヒ、エディンバラでろう学校が設立されるにおよんで、
その絶頂期を迎えることになる。
とはいえ長きにわたってつちかわれた偏見は、たやすく消え去る
ものではなかった。
たとえば国立ろうあ学校の前身にあたる学校の設立者であり、
ろう教育の指導者でもあるド・レペ神父は、

『立派な聖職者たちが、ふとした折に、神学上の理由から
公然とろう教育を非難する』

こともあったと書いている。〔※17〕
フランスの哲学者コンディヤクは、ろう者には記憶力がないの
だから、当然、判断力もないのだと、ずっと主張し続けていた。」


18世紀から19世紀にかけて、ヴィンヤード島の住民は、
こうしたもろもろの影響をいっさい受けなかった。
学術論文や大衆雑誌は、ろう者にできることとできないことを
めぐって喧々囂々(けんけんごうごう)たる議論を繰り広げて
いたが、かりに島民の中にこのことを知る者がいたとしても、
それがヴィンヤード島や知り合いのろう者と関係があるなどと
考える者は、たぶん一人もいなかったであろう。

今日、アメリカのろう者が直面している問題の多くは、18世紀
から19世紀にかけての、聴覚障害とろう者に関する偏見に
根ざしている。

保障された権利と機会を比べても、健聴者ろう者のあいだには、
依然として大きなひらきがある。〔※25〕
失業や不完全就業の蔓延(まんえん)によって、ろう者は知識や
才能をじゅうぶんに活かせないでいる。
教育施設や教育法の改善は遅々として進まないし、教育の
現場においても口話か手話かの論争が再燃し、ろう者やその
家族を巻き込んでいる。

健聴者の世界とろう者の世界のあいだには大きな壁が立ち
はだかっているが、近年、この壁を突き破ろうとする試みが
いくつかなされている。
中でもとくに力が入れられているのは、ろう児を公立の不通校
に入れて健聴児と交流させる、メインストリーミング〔日本では
統合教育、あるいはインテグレーションということが多い〕と
呼ばれる試みである。
ろう者といっしょに活動している人間やろう問題に取り組んで
いる専門家は、この試みにこぞって熱いまなざしを向けている。
とはいえメインストリーミングの対象となるのは、子供だけである。
成人で構成されたろう社会の場合、ヨーロッパでもアメリカでも、
その大部分は、それぞれが独立した共同体として存在し続けて
いるのである。

こうした社会的言語的隔離には、健聴文化とは多くの点で異なる。
下位ろう文化(デフ・サブカルチャー)を生み出す効果があることも
忘れてはならない。(★著者注解)
多くのろう者は、手話を使ったり、ろう学校の同窓であったり、
ろう者同士で結婚したり、ろう関係の団体に入ったりすることで、
ろう者としての結束が強まると考えているのである。
ろう者の権利拡大運動の高まりによって、ろう者が日常的に
出くわさなければならない誤情報や偏見も、多少はその数が
減りつつある。
『ろう者』や聴覚障害について知っているつもりになっていることの
多くは、歴史上の誤りに根ざしており、たしかな根拠をもつものでは
ないのだ――このことを社会が認識すれば、わたしたちはより完全
な平等に向けて、新たなる一歩を踏み出すことができるだろう。



(★著者注解)――近年、下位ろう文化について多くの研究がなされて
いるが、この下位ろう文化は、必ずしも一枚岩(いちまいいわ)の存在
とはいいがたい。
重度の聴覚障害をもつろう者だからといって、すべてがすべて、
自分をその構成員と見なしているわけではない。
あるいはまた、健聴者の中には、ろう者と結婚したり、家族に
ろう者がいたり、ろう者に関心をもったりしたせいで、下位ろう文化に
どっぷりと身をひたしている者もいる。
結局、下位ろう文化は、異分子で構成されていると見た方があたって
いるだろう。
実際、大きな集団では、聴力損失の程度、教育や職業、人種的
・民族的・宗教的・性的好みなどのちがいによる明確な結び付きが
見られるのである。――著者注解。」


あの人たちにハンディキャップはなかった
「障害者を社会の主流(メインストリーム)に組み込むことの長所と
短所について、医療、法律、社会福祉の専門家が白熱の議論を
たたかわせている今日、ヴィンヤード島で見られた情況、つまり
250年以上にわたり、ろう者が全体の中の一部となって、あたう
限り共同体にとけ込むことを促され、また求められもしたという
情況は、ますますその重みを増しているといってよい。
ヴィンヤード島におけるこうした聴覚障害に対する態度が、いつ
いかなる形で始まったのかを特定するのは、今となっては不可能
である。
きこえないほかは五体満足な人間を共同体が数多く受け容れようと
したのは、そうした人間の残された能力を無駄なく活かそうとしたから
ではないか――こう考えるのは、一応、筋が通っている。
だが人間というものは、そういつも理屈通りに行動するわけではない。
ここでも右のような理由はあてはまらないと思われる。
実際には多くの社会が、たいした理由もなく障害者から目をそむけ、
かれらに烙印(ステイグマ)を押しているのである。
アメリカの社会など、その典型といってよい。

ヴィンヤード島において、そしておそらくもっと早い時期にはケント州の
ウィールド地方において、こうした聴覚障害に対する態度は、たぶん
歴史上のさまざまな要因が、これまでに類例のない仕方で結び付いた
結果、形づくられていったのであろう。
もとよりこれは、ろう者を取りまく健聴者が、計算ずくでそうしたのでは
なかったと思われる。
まわりの健聴者たちは、ろう者の集まりを、それと識別できる独立した
集団としてさえ見ていなかったのである。


ヴィンヤード島で見られた聴覚障害に対する適応には、二つの要因が
不可欠であったように思われる。
第一の要因は、聴覚障害をもたらす遺伝的性質が、個人や隔離された
家族によってではなく、入植者の一群によって伝えられたということである。
このため、またその遺伝的性質が(劣性であったので)一見、住民の
中に無差別に発生するように思われたため、聴覚障害はどの家族に
あらわれてもおかしくないものと見なされることになった。
実際ある時点では、島の家族の大半に聴覚障害が発生していたほど
なのである。
聴覚障害がこれほど頻繁にあらわれていなければ、先天性のろう者が
受け容れられるということもなかったかもしれない。

もう一つの同じくらい重要な要因は、この共同体が、遺伝的性質とともに
大西洋のかなたからもってきたと思われる手話を使っていたことである。
聴覚障害を受け容れ、ろう者を気遣いと好意とで迎えるだけでは、ろう者
はじゅうぶん日常生活にとけ込むことができない。

ヴィンヤード島で最初のろう者がたやすく人びとの中に入っていけたのは、
かなり洗練された手話体系がすでに存在していたからなのだろう。
おそらくこの手話をさかのぼっていけば、ケント州のウィールド地方に
たどりつけるはずである。
ヴィンヤード島の聴覚障害にどのような遺伝的由来があるにせよ、
入植者の来島で、もとからあったパターンが固定されることになった
(そしてどうやら、強化されることになったようである)。
世代をへるにしたがい、ろう者の数はふえていったが、それと歩調を
合わせるように、手話の使用半径も広がっていった。
そうして、いつしかケント出身でない家族でさえ、手話を使うようになって
いた。

ジェーン・R・ハンクスとL・M・ハンクス・ジュニア〔※1〕 の提示した
社会モデルを使って、次のような仮説がたてられなくもない。
ヴィンヤード島でろう者が成功したのは、この島から小規模で、技術が
複雑に発達しない社会であったのが、一因なのではないか。
そのような社会なら、ろう者でもたいていの仕事はこなせるだろうから。
二人はその共著の非西洋社会の障害者について概説したこ箇所で、
集団の協調が競争に優先し、構成員一人ひとりの生産性がほぼ同一で
あるような小規模で比較的平等な社会の方が、障害をもつ人間にとっては、
社会参加が容易で、物理的な保護も受けやすいのではないかと述べている。
二人によれば、そのような社会では成功をランク付けする基準がほとんど
作られないので、障害者も受け容れやすくなるのだという。
こうした考え方は、小規模な社会における障害について研究する場合なら、
興味深く有益であるかもしれないが、ことヴィンヤード島に限っては、
あてはまならいように思われる。

島のくらしは島外のようにあわただしく進展しなかったし、今もって進展して
いないが、いかに想像力をたくましくしても、この社会が競争より協調を
重んじる平等な社会だったとは、とうていいえそうにないのである。
たしかにいつでも援助や支援の手は差しのべられたが、きこえるきこえないに
かかわりなく、島民はまず、自活や扶養の責を担っていた。
請求書や借金や税金の支払いをしたり、農産物や魚を売ったり、公職に
立候補したり、政治活動に参加したり、馬の売買(ホース・トレーディング)
の駆け引きで知恵をしぼったりすることで、島民たちは、現代の競争社会
のただなかに投げ込まれていた。
一部のろう者は金持ちになった。
大部分のろう者は、かつかつのくらしだった。
残りの少数のろう者は家計が苦しかった。
こうした情況は、かれらの健聴の家族と何ら異なるところがなかったのである。



「次のような事例はさらに重要である。
たとえばアメリカの社会全体のように、障害者の側だけに適応の負担
のすべてを押しつけてしまうのではなく、一つの社会が、まがりなりにも
障害者に適応できたという事実は、障害をもつ者の権利と義務について、
重要な問題を提起する。
ヴィンヤード島の経験は、ハンディキャップという概念が、気まぐれな
社会的区分であることをはっきりと示している。
その概念が普遍的なものではなく、単なる定義の問題であるとすれば、
おそらくそれは再定義され得るし、現在使われている『ハンディキャップ』
という用語で要約されている文化的先入観の多くも、取り除かれ得る
のである。
ヴィンヤード島から引き出すことのできる最も重要な教訓は、共同体が
障害者を受け容れる努力をおしまなければ、障害者はその共同体有益
な一般構成員になり得るということであろう。
万人に適応するために、社会は多少なりとも、自発的に変わっていかなければ
ならないのである。


障害への文化適応は広く理解されなければならない。
その際、相手が異文化に属しているということをしっかり頭に入れておく
必要がある。
学者たちは異文化を研究しているというのに、自文化の価値観を実地
調査の場にもち込み、調査の途上で出くわす障害者を仔細に観察しようと
しない場合が多かった。
多少の例外はあるものの〔※2〕、逸脱や障害者に関する研究は、
そのほとんどが西ヨーロッパと北アメリカを主な対象としている。
それらの大半は制度化された型通りの情況、たとえば特定の国家政策
とのからみから障害者の集団を取り上げたものであった。」


「私はヴィンヤード島の事例は、けっして類例のないものだとは思わない。
聴覚障害は世界中の共同体で存在してきたのだから、いろいろな対処法
が考え出されてきたはずである。
さまざまなタイプの共同体からさらに多くの情報を集めてみないと、はっきり
したパターンを提示できそうもないが、少なくともヴィンヤード島の経験によって、
健聴者の世界がいつでも同じように聴覚障害に対応するわけではないことが
明らかにされたのではないか。



「今日ではヴィンヤード島のろう者のことを思い出せる者はごくわずかである、
手話で話せる者となると、それに輪をかけて少なくなる。
それでも中には、二、三の手話を今でも使っている者がいる。
80代後半のある男性は次のようにいう。

『おかしなことに、ここらに昔から住んでいる家族は、今でも昔のくせが
抜けません。
話をしていると、つい手が動いてしまうんです。
もちろん相手には通じてないんですが』

また別の人は次のようにいう。

ここらには、今でも身振りで話す者がいます。
身振りを使うのは、せいぜいあの男くらいだろうと思っていると、
これがけっこう別の男も使ってたりするんです。
つんぼがこの島に残してくれたものは、けっして少なくないと思います。


とはいえ島のろう者と、初期の島内生活のさまざまな面についての記憶は、
大部分の島民の頭から急速に薄れつつある。
私が調査を始めたのは1979年のことだが、当時、大半のインフォーマント
は高齢者で、これまで何十年ものあいだ、島のろう者についてたいして考えた
こともない人たちばかりであった。
それからわずか6年しか経過していないのであるが、本書で語られた事実や
エピソードの多くをもう一度集めなおせといわれても、それはできない相談と
いわねばならない。
この調査を始めて2年とたたないうちに、インフォーマントの半分以上がこの
世を去ってしまったからである。
こうした高齢の島民たちは、島のろう者が残した遺産について語ってくれた
わけだが、かれらの話には注意深く考察するだけの値打ちがある。
だれ一人聴覚障害をハンディキャップと受け取らなかったという意味で、
ろう者にハンディキャップは存在しなかったのだ――これこそ、島のろう者に
ついていえるもっとも心に残る事実であろう。

この点について、ある女性はこんなふうに語っている。

あの人たちのことで、特別どうのこうのと考えたことはありません。
ほかの人とまったく同じでしたから。
でもそうだとしたら、この島ほどくらしやすいところも、ちょっとなかったんじゃ
ないでしょうか


まったくその通りだと思う。」

[PR]
by bunbun6610 | 2013-10-05 19:00 | 手話


ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

フォロー中のブログ

おばば奇譚
ボーダーコリー モリーが行く!
但馬・写真日和
九州ロマンチック街道
東京雑派  TOKYO ...
大目に見てよ
Photo Galler...
おっちゃんの気まぐれ絵日記
松浦貴広のねんきんブログ
qoo's life
poiyoの野鳥を探しに

検索

タグ

(410)
(195)
(97)
(56)
(53)
(52)
(40)
(31)
(13)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(1)

ブログパーツ