ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

日本の障害者の本音は?

『車椅子で夜明けのコーヒー  障害者の性』
(小山内 美智子/著 1995年4月26日/第1刷 ネスコ/発行 文藝春秋/発売)



「デンマークから来たデンマーク筋ジストロフィー協会の会長
エヴァルド・クロ氏は、日本全土をまわり講演をした。
彼は歯切れのいい口調で、

『デンマークの福祉と日本の福祉とのあいだには三十年
開きがある』

といっていた。
驚いたというより腹が立った。
なぜこんなにも開きが起こったのか、だれの責任なのかを考えた。
政治家、行政、教育、障害児の親、そして私たちの責任だろう。」


「人間、皆いくつもの顔を使いわけて生きているのだ。
しかし障害の重い人たちは、いつもいい子で子どものように
ふるまうことを要求されている
。」



====================================



今年も日本テレビ『24時間テレビ』がありますね。
あれに出てくる障害者って、重い障害を持つ人たちが
多いようですが、彼らの本心はいったい、
どうなのでしょうね。


下の情報は、ある健常者の意見ですが、
わかる部分もあります。

24時間テレビ… 障がい者に対する一般的なとらえ方は変わるか?
[PR]
by bunbun6610 | 2013-08-14 20:11 | バリア&バリアフリー