『障害者求人の特異性「オーバースペック?」』


===========================



炎のジョブコーチ
『障害者求人の特異性「オーバースペック?」』



以前、身体障害のある方の支援をしていた時の話です。
その方はある専門分野でのスキルをもっていました。
履歴書や職務経歴書でその経験とスキルをアピールし、
専門スキルが活かされるであろう業種の障害者求人に
集中的に応募しました。
高いスキルで要員としても十分、その上に会社の障害者
雇用にカウントされる…、企業としては喉から手が出るよう
な求職者と信じていました。



しかし、応募の企業はことごとく不採用。
どうして・・・それは「オーバースペック」だったからです。

あまりすごい人だと使いきれない、補助的な業務を想定
している、それほどの条件(報酬)を考えていないなど、
場合によっては障害者雇用の求人ではあまりスキルが
高いと「オーバースペック」と言われてしまいます。

どうも、すごくできるよりそこそこでないと逆に難しいよう
でした。
そこで、一層のこと一般求人に応募し面接の時点で
障害者手帳を所持していることを伝える戦略に切り替え
ました。
すると、またたく間に採用が決まりました。



また、スキルの高い方で逆に低く見せる場合の方が有効
な場合も少なくありません。(変ですよね)

この件を通して障害者雇用の特殊性が感じられました。



===========================




障害者の働く能力に「スペック」という言葉を
使っているのが嫌いなのですけれど、
一体誰が言い出したのでしょう。

これって、確かに“ヘン”ですよね。
でも私も確かに、今までの会社面接で
オーバースペックに見られたような経験が
あります。


諺に

「能ある鷹は爪を隠す」

能ある鷹は爪を隠すとは、才能や実力のある者は、
軽々しくそれを見せつけるようなことはしないというたとえ。


というのがあります。

似ていますけど、障害者雇用の面接テクニックの場合はやはり、
意味が違います。
隠すのは同じですけども・・・。

昔、ある企業の人材募集の広告に

「能ある鷹は爪を出せ」

と書いてあったのです。
だから本来、自分の一番の武器を面接官に
PRすることは、喜ばしいことであるはずです。

だから企業の障害者雇用は“ヘン”なのです。

この場合は要するに

「自分の能力をわざと低く見せる」

というよりも

「企業の求めている人材ニーズを読み取り、
それに合わせればいい」

のではないだろうか、と思います。


「ジョブコーチの炎」さんは首を傾げていますが、
私は数多くの会社面接を受けてきた障害者なので、
企業の本音がわかる気がします。

能力が高い障害者だと、雇用した後で、
いろいろと要求される可能性があるから、
だと思われます。

例えば、単純労働で安い給料、昇給、賞与もなし
という障害者雇用の条件で、有能すぎる障害者を
雇用すれば、障害者のほうは

「もっといろいろな仕事がしたい」

「自分はもっと能力があるし、働きたいから
給料を上げて欲しい」

などと要求してくる可能性だってあります。

あるいは、そういう仕事がもらえなかったり、
バリバリ働いたにもかかわらず、
それに見合う昇進や昇給がなければ、
さっさと転職先の会社を探して、
決まり次第、辞めていってしまうでしょう。

会社に30日前に通告すれば、
法律上は辞められます。

そのようにして短期で辞められては
障害者雇用助成金も満額もらえなくなって
困るから、なのかもしれません。

私だって

「やめないでほしい」

と言われながらも、より条件のいい会社を探して、
渡り歩いてきたのですから。


我慢して働き続け

「もう5年も過ぎているのだから、
そろそろ仕事の幅を広げて欲しい」


と会社に要求したこともありました。
しかし、結局はうやむやにされたまま、
入社以来からの単純労働を続けるだけに
終わりました。

もう

「障害者雇用には、可能性はいらないのではないか」

と思えました。
やる気はあっても、持て余していましたし。
これは、どの障害者だって同じような状況
だったと思う。

「職場内障害者授産施設」という言葉を
聞いたことがあると思います。

近いうちに、その実態について書いた
記事を公開するので、それを読んだら、
働いている障害者の実情もわかると思います。

そして企業が

「オーバースペックの障害者はいらない」

と考えている理由もわかると思います。



あるいは、辞めるとまではいかなくとも、
障害者から「差別」だと主張される可能性だって
あるのです。

だから、必要な仕事をこなす能力がある障害者
ならそれでいい、と思っている会社が多いのでは
ないでしょうか。

実際、障害者雇用の仕事は簡単な仕事ばかりなので、
向上心が強い障害者には向いているとはいえません。


会社が最も警戒するのは、障害者から「差別」などで
裁判を起こされるようなケースです。
会社は裁判を非常に嫌がるので、面接の時点から
その心配はないかどうか、かなり警戒しています。

裁判を起こせるのは、それなりに能力のある
障害者だと思いますから、そのような障害者だと
逆に警戒すると思います。


結局は

「会社の差別に、文句を言わない障害者かどうか」

を面接段階でチェックしているのだと思われます。
[PR]

by bunbun6610 | 2013-08-16 18:30 | 就労前の聴覚障害者問題A
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line