ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

聴覚障害者を活かせる職場環境づくり

社会福祉法人 光道園(福井県鯖江市)の障害者雇用事例です。
聴覚障害者3人に対する職場リポートが載っています。
(平成20年度 障害者雇用職場改善好事例 「優秀賞」)

 http://www.jeed.or.jp/activity/education/download/h20_kaizen_jirei_02.pdf


「朝礼等ではOHCを使用してい
るので理解がしやすいです。
専門用語も出てきますが、
苦労しながら手話通訳してくださるので
感謝しています。」


「以前は普通の企業に勤めていましたが、
私の発音がきれいなこともあり聴覚障害へ
の理解が少なく、苦労したことも度々でした。」


「これまでは研修などに参加しても手話通訳
が付かないため、口話だけで内容を理解しなければ
ならずに苦労することも多かったのですが、
今は手話通訳や要約筆記をしていただけて
いるので、その場で理解が進み、勉強が
はかどるようになりました。」




自分も活かされる配慮のある環境だと、
やる気が沸いてくるでしょうね。

民間企業ではまだまだ、
聴覚障害者を

「身体能力だけは健常者並みに優秀な、
単純労働マシン」

としか思っていないところが多いと思います。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-08-10 18:30 | 就労後の聴覚障害者問題B