蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

つけそば 『周』  -中華そば、つけそば

つけそば 『周』


 東京都板橋区板橋2-63-4
 「グローリア初穂板橋」マンション 1階



ここでラーメン屋をやるとは思えないような、
静かな場所にあります。

マンションの一階にはいろんなテナントが
入居していますが、このラーメン屋さんは
なかでも一番見つけづらいテナントです。

探す目印は、袖看板ぐらいです。


店内には専用の製麺室が見え、
製麺機があります。
ご主人は、スープだけでなく、
麺もご自分で作っているのでしょうか。
だとすれば、すごいこだわりようです。
ラーメンづくりのすべてを知っている人
かもしれまんせん。


まずは、中華そばを注文することにしました。
調理作業を見ていると、ラーメン・スープを
つくるときに、時間がかかっても正確に計って
作っているのですよね。
まるでパティシェのような感覚の持ち主ですが、
テレビでもそういうラーメンづくりの職人さんを
見たことがあるのを思い出しました。


a0196876_2132167.jpg



『中華そば』 (並=250g) 680円 
麺はストレートタイプの太麺、
スープは煮干スープのような味で、
濁りがあります。
これは美味かったです。
a0196876_21325056.jpg



中華そばが美味しかったので、
今度はつけそばを食べてみようと思って、
再訪してみました。

ここのつけ麺を見て、変わっていると思った点は、
麺の脇にレモンカルチェが添えられていること。

お客さんのなかには、このレモンがつけ麺には
合わないと思い込んでいる人もいるらしく、
レモンを絞らずに食する人もいます。

しかし、私はレモンが好きなので、
麺の上に回しかけて食べました。
麺が太くて、もっちりとした食感です。
これは予想以上に美味しかったです。

レモンが茹でた麺の臭みを無くすだけでなく、
つけめんスープ独特の香りと濃厚な味が、
レモンの酸味によって、
ほのかにさわやかなイメージになり、
食べやすくなるのです。

この職人は、こういうことを計算に入れて、
このシンプルに見えるラーメンを作り上げて
いるのですね。
それを一人でやっているのですから、
驚きました。


『つけそば』 (並=300g) 680円
a0196876_21382244.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2013-08-24 18:30 | 食べ物(ラーメン編)