職場内障害者授産施設 -はじめに

 「健常者も障害者も、両方ヘンだ!」(ローリー)

a0196876_6551416.jpg


( 2013年5月17日放送NHK『バリバラ ここがヘンだよ! 健常者 第2弾』 )


この広い世の中には確かに、
“ヘンな”障害者はいます。

でも、健常者のほうにだって、
“ヘン”だと思う人もいます。

番組の最後のほうにあった、ローリーさんの

「健常者も障害者も、両方ヘンだ!」

の言葉には、私も思わずうなずいていました。


テレビにある話はまだ大したことではないです。

実は、障害者雇用、つまり障害者の就労現場(会社)でも

「健常者と障害者の、このヘンなカンケイはやっぱり、
おかしいな」

と、思うことが日常的にあるのです。

皆さんは

「職場内障害者授産施設」

という言葉を、聞いたことがあるでしょうか。

その実態は“異常”で、障害者と健常者の
“ヘン”なカンケイを物語っていると思います。

障害者と健常者との間に「溝ができる」とも
言いますよね。


ここに紹介する事例には、障害者、
健常者の双方が登場します。

その個人を非難するという目的ではなく、
職場での障害者と健常者との関係について、
是非もっと詳しく知ってもらい、
そして考えてみて欲しい、
という気持ちから書き上げてみました。

私は正直

「障害者と健常者の、このカンケイはヘンだな」

と、ずっと思ってきました。
しかも、これは特別な出来事ではなく、
障害者のいる職場では、
日常茶飯事のことなのです。

ですからその思いが溜まって、
ついに爆発してしまいました。


今までずっと、こうしたことを書こうか書くまいか、
本当に迷っていました。
本来ならば、こういったものをインターネット上に
公開することは、望ましくはないとは思います。

でも、このまま我慢、放置するだけでは、
障害者の就労後問題が改善していくとは
思えません。

それならば、もう隠しておかずに、
いっそ議論の的になるようにしたほうが
よいのではないだろうか、
とも考えるようになりました。

そういう、苦渋の選択を経ての投稿となりました。

このブログは、あまり多くの方には
読まれていませんが、
関心を持っている方には根強く読んで
くださっていると思います。

ただし、今回は私を含めた聴覚障害者だけではなく、
他の障害を持つ人も登場します。

もしかしたら私自身、他の障害者の障害について、
理解できていないのかもしれません。

でも、そういう問題も含めて、こういう見方があるのだが・・・
という提言をしてみることにしました。


このシリーズを読んで

「障害者が“ヘン”だ」

「健常者のほうが“ヘン”だ」

「障害者も健常者も、どっちも“ヘン”だと思う」

と、読者により感じ方は様々だと思います。

ただ、私が公開するに至った意図は、
そうした判定を読者に委ねることより、
なぜこういうことなっていったのか、
障害者、健常者それぞれにある背景を、
推察してみていただきたいと思ったからです。


思い出してみて下さい。
当ブログで述べた、次の言葉を。


「従来から,福祉,教育,労働など各分野の支援関係者の間で
聴覚障害者の職場定着上の問題が語られるとき,
本人の問題行動ばかりがあげつらわれるきらいがあったように
感じます。
つまり,職場定着がうまくいかなかった原因を具体的に検証することなく,
安易に聴覚障害者側に責めを負わせて,表面化している問題行動を矯正し,
職場に適応させようとする傾向が,我々支援関係者の間では強かったのでは
ないかということです」


( 『聴覚障害者の勤務態度・姿勢に関する企業からの指摘』
〔2012-09-25 18:30〕
より。 )
[PR]
by bunbun6610 | 2013-09-01 18:30 | 就労後の聴覚障害者問題B

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610