NHKスペシャル『魂の旋律 ~音を失った作曲家~(佐村河内 守)』

NHKスペシャル『魂の旋律 ~音を失った作曲家~』
佐村河内 守

2013年3月31日(日)
NHK総合 午後9時00分~9時49分放送

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0331/



再放送予定の情報

http://www.nhk.or.jp/special/



「“現代のベートーベン”と呼ばれる日本人がいる。
佐村河内守(サムラゴウチ マモル)、49歳。

14年前に原因不明の病で両耳の聴力を失いながら、
クラシック作品の中で最も困難とされる交響曲を書き上げた。
現存作曲家の交響曲が演奏される事がほとんどない中、
彼の「交響曲第一番“HIROSHIMA”」は、
広島、東京、京都、大阪など5回も演奏されただけでなく、
一昨年発売されたCDは、音楽チャートでTOP10入りを
果たしJ-POPと上位を競うなど、“偉業”とも言える
空前のヒットを記録した。

そんな彼が、今取り組んでいるのは、東日本大震災の
被災者へ向けたピアノ曲「レクイエム」。
彼の曲に勇気づけられたと、多くの被災者から声が届いた
ことを受け、“鎮魂”の思いを強く願うようになったのだ。

しかし、震災を体験した訳でもない自分に、納得できる
鎮魂曲が作れるのか…。
被災地を訪ね、被災した人たちとの交流を深めるなど、
佐村河内の格闘の日々が続いている。

番組では、音のない世界の住人、佐村河内がいかにして
レクイエムを完成させるのか。
3月上旬に予定されている宮城での演奏会に向けた
制作現場に密着。
さらに、彼の交響曲に救いを見いだした被災者たちの
取材も加え、“命を削り、音を紡ぐ”作曲家・佐村河内守
の実像に迫る。」



==========================




当ブログ

『『交響曲第1番HIROSHIMA』
(佐村河内守) 中途失聴者の作曲家』
〔2012-12-31 18:30〕


では、私はうっかり

「聴こえなくなっても、作曲ができる、というのはわかりますね。
なぜ健聴者はそれを「奇跡」と書くのかが、理解できません」

と書いてしまいました。

でも、このテレビを観て、私にもやっと、耳の聞こえなくなった
人が交響曲を完成させる難しさが、理解できました。

ギター1本で作曲し歌う、シンガー&ソングライター
とは違うんだ…。


同時に、NHKの映像による聴覚障害
(「耳鳴り」と交響曲づくりの障害について)
の説明もすごくわかりやすいものだな、
と思いました。


「身を削って」

とか

「命を削って」

とか言うけど、被災地とその人々への『レクイエム』を
つくる過程でも、確かにそういう姿がカメラに
映っていました。

私は、こう思う。
その耳鳴りのなかで交響曲の作曲をするというのは、
ものすごく集中力が必要な作業であり、
楽しいとかという気持ちで音楽をつくるのとは
違うのではないだろうか、と。

耳鳴りがすると頭の中で常に邪魔されているから、
音のイメージをつくっていても、
聴者が聞いて満足するような曲を完成させるのは
難しいのではないだろうか、と思いました。

完成した自分の曲を聞くこともできないというのに、
彼は果たして自分のつくりだした芸術を味わえるの
だろうか。

曲がどのように仕上がったのかを見るためには、
聴衆の反応を見るしかないのではないだろうか。

だがそれでは、芸術といえるのだろうか。

なぜ彼は、それでも音楽を続けるのだろうか。


それでも、音楽家としては致命的と言われるような
障害を持っても、氏が“音楽求道”(作曲活動)を
やめなかったのは、並ならぬ執念だと思いました。

健常者は、よくそんな障害克服に成功した障害者
を賛美する。


映画『だいじょうぶ3組』ではないけれども、
それ風にいう、つまり普通に考えたら

「耳が聞こえなくなったら、フツー、音楽家の仕事
は諦めて、民間企業の障害者雇用枠で就職し、
働くしかないだろ」

で妥協するのが、多くの障害者の現実なのでは
ないだろうか。


しかし、佐村河内氏の場合は違った。

まさしく、奇跡だと思う。


一体、何が氏をそこまでさせたのだろうか。

聴覚障害者になってしまったからといって、
そこで彼が音楽を捨ててしまったら、
ただの聴覚障害者で生涯を終えてしまっていたに
違いない。

しかし、この困難をどうやって乗り越えたのか、
まだよくわからない。

そういった謎もまだ多いことから、
この人物への興味は、視聴者でもまだとても広くて
深いのではないか、と思う。
日本中の聴覚障害者も当然、大勢の人が観て、
そう思ったのかもしれません。

というのも実は、当ブログへの3月31日の、
佐村河内氏の関連記事へのアクセス数も、
突出して多かった(67.62%)のです。


なお、インターネットで調べてみると、
氏の著書には『交響曲第一番』(※)がある。

それによれば、盲目の少女との接点があり、
それが彼の運命を動かしたのではないか、
と思うが…。


(※)
http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC%E4%B8%80%E7%95%AA-%E4%BD%90%E6%9D%91%E6%B2%B3%E5%86%85-%E5%AE%88/dp/4062139359



a0196876_2283854.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2013-04-02 18:00 | 難聴・中途失聴


ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン編)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
就労後の聴覚障害者問題C
就労後の聴覚障害者問題D
就労後の聴覚障害者問題E
就労後の聴覚障害者問題F
就労後の聴覚障害者問題G
就労後の聴覚障害者問題H
就労後の聴覚障害者問題M
就労後の聴覚障害者問題R
就労後の聴覚障害者問題Z1
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

フォロー中のブログ

おばば奇譚
ボーダーコリー モリーが行く!
但馬・写真日和
九州ロマンチック街道
東京雑派  TOKYO ...
大目に見てよ
Photo Galler...
おっちゃんの気まぐれ絵日記
松浦貴広のねんきんブログ
qoo's life
poiyoの野鳥を探しに

検索

タグ

(190)
(93)
(51)
(45)
(40)
(31)
(21)
(13)
(7)
(5)
(4)
(1)
(1)

ブログパーツ